11/16(土) 東京予想

スポンサーリンク

f:id:gulch:20190930132041j:plain

11/16(土) 東京予想
【 目次 】

《 今週の記事 》

《 東京予想 》

■東京1R 2歳未勝利(9:55~) ダ1400m

【本命】
◎①アストロブレイク

前走のレース[2歳新馬:東京ダ1600m]
12.6 – 11.0 – 11.8 – 12.5 – 12.7 – 12.4 – 11.9 – 12.1
いいスタートを切り、内から逃げたダノンファラオを見ながら番手で追走
直線は脚力勝負となり、3番手にいたデュードヴァンが3F36.2の最速上がりで交わし2.1/2馬身差の快勝
本馬は最後まで懸命に粘るが、上位2頭の相手が悪く0.5秒差の3着
まだ馬体は緩く、仕上がり途上のなかで4着馬相手に4馬身差
2着ダノンファラオは次戦で勝ち上がり、上位2頭が強かったなかで0.5秒差の走りに評価

サウスヴィグラス産駒の距離短縮は狙い
前走は早く仕掛け分、最後は脚が甘くなってしまった内容
距離短縮してスピードが生かせられれば
1度レースを使って馬体は引き締まり、追いきりでは重賞馬エメラルファイトに併入
先行して最後までしっかりと粘り上積み十分
前走同様に前目で運ぶことが理想で、距離短縮して速い流れに乗ることができれば勝ち負けに期待

■東京2R 2歳未勝利(10:20~) 芝2000m

【本命】
◎⑧サトノフラッグ

前走のレース[2歳新馬:東京芝2000m]
スタート直後に接触し、位置が下がって後方で追走
道中は中団まで徐々に位置を上げ、4コーナーから早めの追い出し
直線に入って後方まで下がってしまうが、残り100mからようやく脚を伸ばして1.5秒差の6着
エンジンが掛かるまで遅くなったがラストの末脚は評価

今回の評価ポイントは調教

11/06(水) 良 マーフィー
67.2-52.0-38.5-12.5[南W]馬也③
外ハーツイストワール強めを5Fで0秒4追走1F併せで併入
11/13(水) 良 助手
52.6-38.5-25.3-12.5[坂路]馬也
外ダノングロワール馬也と併せで0秒2先着

1度レースを使って動きがガラッと変わり、2週連続で南W・坂路とも軽快な動き
1週前追いきりは鞍上のマーフィー騎手が跨がって感触を掴んでいます
初戦向けの厩舎ではないので、上積みのある2戦目に期待したい
キレる脚はないので前目の位置取りが理想
前走はスタート直後の接触の影響でポジションが厳しくなり、ズブさを見せたのでマーフィー騎手に上手く乗ってほしい

■東京3R 2歳未勝利(10:50~) ダ1300m

【本命】
◎⑬バーンパッション

前走のレース[2歳新馬:新潟ダ1200m]
5番手の先団で追走
直線外から被されて進路が開かずに馬体を寄せて外に出し、追い出していい脚で追い込むが0.7秒差届かず3着
芝でのスピードの持続力がないためダートに挑戦
追走中の砂被りは問題なく走り、最後はスムーズを欠いたがダートの走りは評価

最終追いきりで

11/13(水) 良 助手
67.8-52.6-39.5-12.7[南W]馬也⑧
内シアーライン馬也に5Fで0秒8先行1F併せで併入

3勝クラス(シアーライン)相手に併入し、中2週ですがしっかりと乗り込んで上積み十分
芝部分よりもダートの方がスピードに乗れてたので、東京ダ1300mのダートスタートで改めて見直したい
先行力はあるのである程度前目につけ、脚を溜めて直線はスムーズなレース運びに期待

■東京5R 2歳新馬(12:10~) 芝1600m

【本命】
◎⑤ルーツドール

父:ジャスタウェイ
母:リュヌドール
母父:Green Tune

半兄フィエールマン[8戦4勝:菊花賞天皇賞(春)]
半姉ルヴォワール[8戦3勝]
半兄ラストヌードル[4戦1勝]

体質の弱さがネックの一族ですが、デビューした3頭は新馬で勝ち上がり
中長距離での活躍が目立ち、今年の天皇賞(春)は兄のフィエールマンがGⅠ2勝目
GⅠに導いたルメール騎手とのコンビで本馬も初戦から期待

ノーザンFしがらきから9月に栗東に入厩
馬体重は500㎏を超える大型馬で約1ヶ月半乗り込み量は多く、しっかりと負荷をかけて仕上がり十分
最終追いきりはルメール騎手が跨がって感触を掴んでいます
京都を目標に調整してきましたが、ルメール騎手のスケジュールを見ながら東京に変更
陣営が力を入れている馬なので初戦から大いに期待

ガルチへの応援クリック是非お願いします♪

競馬ランキング

タイトルとURLをコピーしました