2/23(日) 次走注目馬(東京のみ)

スポンサーリンク
次走注目馬

2/23(日) 次走注目馬(東京のみ)

■東京1R 3歳未勝利(10:05~) ダ1400m

◆プリマジア[1着:1人:差し]

【レース内容】
スタートは出たが行き脚がつかずに中団で追走
道中は馬群のなかで砂かぶりは問題なく、折り合って脚を溜めてレースを運び
4コーナーでうまく外に出し、直線は外から3F35.6の最速上がりで最後はハナ差交わしての勝利

【ラップタイム】
12.7 – 11.4 – 12.1 – 12.7 – 12.4 – 11.9 – 12.3

【今回のポイント】
・勝ち時計1:25.5優秀
・3F35.6の最速上がり
・初ダートで前が残る展開のなか差しきり

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・距離延長
前が残る展開で、中団から最速上がりで交わしての勝利
母オートキュイジーヌの産駒の勝利は全てダートで、本馬のダート適性は高く
砂かぶりは問題なく馬群で折り合って脚を溜め、直線の末脚が非常に優秀
ダートで変わり身を見せて、昇級戦でも十分通用するレベル
全兄ウインランブルが中距離ダートで2勝
半兄リヴェルディはマイル~長距離で活躍してOP入り
距離は伸びた方が良さそうな血統なので、次走は「ダ1400~1800m」でチェック

◆ヨシオドライブ[4着:3人:先行]

【レース内容】
外枠からスタートを決めて好位まで上げて追走
道中は外を回してロスが多く
直線は最後まで脚を伸ばすが、前が止まらず1.1秒差の4着

【ラップタイム】
12.7 – 11.4 – 12.1 – 12.7 – 12.4 – 11.9 – 12.3

【今回のポイント】
・外4を回してロスが多く、脚が溜まらないなかで4着

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・東京コース
前走(東京ダ1300m)を使って反動が出て、立て直したと厩舎側のコメント
しかし中1週で軽めに整える程度の調整で、疲れは取りきれてないと見ます
いい脚が使えるので東京コースは合っており、次開催の東京までしっかり立て直して仕上げてほしい
今回は外ロスが多く振り回されててたので、次走は「内枠」の「東京ダ1300~1400m」でチェック

◆グーガルドリームズ[6着:7人:追込]

【レース内容】
スタート直後にゲートに接触
その後、外の馬が内に入って進路をカットし、内に寄れて接触してリズムが崩れて後方まで下がっての追走
道中は後方で落ち着かせて脚を溜めてレースを運び
4コーナー大外を回し、直線は3F36.5の末脚で脚を伸ばし1.4秒差の6着

【ラップタイム】
12.7 – 11.4 – 12.1 – 12.7 – 12.4 – 11.9 – 12.3

【今回のポイント】
・後方から経験できたのは収穫
・前が残る展開で大外から脚を伸ばすが、展開が向かずに6着の内容

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・ダ1400~1600m
序盤に不利を受けて後方まで下がり、展開不向きのなかで1.1秒差まで詰めての6着は評価
不利を受けて道中の流れに乗れませんでしたが、距離短縮はプラスと見ます
控えるレースを経験しましたが相変わらず砂かぶりは嫌がり、次走は砂を被らないポジション取りが理想
今後も「テンション」と「砂かぶり」は課題
そして馬体重は余裕があるので絞れてることが理想
引き続き「中京ダ1400m」か「東京ダ1400~1600m」でチェック

■東京2R 3歳新馬(10:35~) ダ1400m

◆ミティル[1着:1人:逃げ]

【レース内容】
二の脚が速く最内からハナに立ち
道中は番手にいた馬に絡まれながら、平行ラップでペースを刻み
直線に入って手綱を持ったまま後続を離し、ノーステッキで最後は流すのみで6馬身差の圧勝

【ラップタイム】
12.8 – 11.6 – 12.0 – 12.3 – 12.3 – 12.3 – 13.0

【今回のポイント】
・ノーステッキで6馬身圧勝

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・距離延長も視野
二の脚が速くハナに立ち、最後は緩めながら流して6馬身圧勝のパフォーマンス
父ヴェラザノはウッド・メモリアルS(米GⅠ)、ハスケル招待S(米GⅠ)を制し
現役時代は中距離ダートで活躍した米国血統
血統的に距離延長は問題ないので、次走は「東京ダ1400~1600m」もしくは「阪神ダ1400m」か「京都ダ1400m」で昇級しても期待

■東京3R 3歳未勝利(11:05~) ダ1600m

該当馬なし

■東京4R 3歳未勝利(11:35~) 芝2400m

該当馬なし

■今週の記事

■先週の記事

タイトルとURLをコピーしました