11/17(日) 2歳回顧(東京のみ)

スポンサーリンク

f:id:gulch:20190804230949j:plain

11/17(日) 2歳回顧
【 目次 】

《 先週の記事 》

《 日曜日のレース回顧 》

■東京1R 2歳未勝利(9:55~) 芝1400m

【次走注目馬】
◆タイキラッシュ[2着:1番人気:追込]
大きく出遅れて後方からの追走
早めにポジションを上げて直線は勝ち馬が外に徐行して接触し、不利を受けながらも最後まで踏ん張りクビ差の2着
出遅れて早めに位置を上げて大外を回した分、最後は脚が甘くなって惜しい内容

前走同様に直線は内にモタれながらも上がり2位の末脚
課題は直線の走りと当日のテンション
そして3ヶ月半の休養明けの前走が+14㎏の太めの仕上がりで、今回は+4㎏のプラス体重での出走
次走は馬体重が絞れてことが理想
妙味は無くなりそうですが、未勝利は勝ち上がれる能力はあるので引き続き期待

マイネルチューダ[3着:4番人気:先行]
好スタートから一旦はハナに立ったが、外からハナに行く馬を見ながら番手で追走
4コーナーで早めに先頭に立ち、押しきりを図るが最後まで粘れず0.3秒差の3着
12.2 – 10.8 – 11.3 – 12.0 – 11.8 – 11.6 – 12.1
先行争いでテンが速くなり、先行馬に厳しい展開のなかで0.3秒差の粘りに評価
直線で内にモタれていたところに鞍上の柴田大知騎手が右鞭連打…
矯正しながらの走りでしたが好走

前走[東京芝1600m]からシャドーロールを着用して集中力UP
レースを積み重ねてく毎に力をつけ、距離短縮していい方向に向いたことは収穫
次走は中山芝1200mか中京芝1400mの短距離で改めてチェックしたい

◆ネイジュ[7着:5番人気:差し]
出遅れましたが中団まで位置を上げて追走
直線は追い出しを我慢してたら外から被され、追い出しが遅くなりつつ最後は脚が甘くなり0.7秒差の7着
出遅れと道中で掛かってしまった分、最後は伸び悩んだ内容

4ヶ月の休養明けで大幅に成長
新馬戦ではポリトラック、ダートコースで軽めの仕上げ
今回は坂路、ウッドコースで入念に乗り込まれての調整

11/13(水) 良 助手
65.9-50.6-37.8-12.7[南W]馬也⑤
中ユニバーサルタイム一杯を5Fで0秒6追走1F併せで併入
外ホークスタントン強めを5Fで1秒2追走1F併せで0秒6先着

1週前追いきりでひと叩きして良化し、最終追いきりは5F65.9-12.7の好タイムをマーク
陣営としては「もう少し成長が欲しかった」とコメントしてましたが、夏を越えて成長してきてるのは間違いなし
最後の直線で伸び悩んだのは休み明けの影響もあると思います
叩いた次走の上積みは期待し、距離は芝1400mまでをメドにチェック

■東京2R 2歳未勝利(10:20~) 芝1800m

【メモ】
12.6 – 11.3 – 11.5 – 12.2 – 12.1 – 12.2 – 11.3 – 11.8 – 12.4
テンから速く道中もほぼ平均ラップで先行勢にキツい流れ
番手に控えた勝ち馬アテナノワールは直線ギリギリまで追い出しを待ち、残り300mから先頭に立って追い出して最後まで粘りクビ差の勝利
走破時計優秀[1:47.4]

ここで確認しておきたいのはアカノニジュウイチ組[新馬:東京芝1400m]
13.0 – 11.2 – 12.1 – 12.4 – 11.9 – 11.0 – 11.1
瞬発戦になって最後の2F[11.0-11.1]が非常に優秀な内容
アテナノワールは勝負どころで包まれ、直線は外に出すまで仕掛けが遅れながら1.0秒差

〈アカノニジュウイチ組〉
5着アテナノワール→1着[東京芝1800m]
7着ナイントゥファイブ→2着[京都芝1200m]
9着ボンボヤージ→1着[京都芝1200m]
13着ペイシャバイカ→4着[福島ダ1700m]
17着サマープラネット9着[東京芝1400m]

アカノニジュウイチ組の好走が目立ち
17着サマープラネットは4.0秒差の大差負けから次走0.8秒差の9着まで好走し、時計は4.1秒と大幅に短縮[1:26.7→ 1:22.6]
上位だけではなく、全体的にここのメンバー注目していきたい

【次走注目馬】
◆シャトン[2着:8番人気:先行]
4番手の内で追走
直線は内を突こうとしたが塞がれ、外に出して追い込むがクビ差届かず2着で時計優秀
キツいペースで流れて先行勢が厳しい展開のなかで2着は評価
直線で勝ち馬に内を塞がれて外に出したのロスの差

前走[東京芝1600m]は不良馬場が影響し、先団で運んでいたが最後は伸びを欠いて0.8秒差の7着
次走狙いたい条件は「良馬場」と「内枠
まだまだ調教の動きは平凡なので、そろそろ上積みのある動きに期待

◆パイネ[4着:2番人気:追込]
出遅れて後方から追走
4コーナーから外の馬に被されて接触し、 3F34.2の最速上がりで伸びるが届かずタイム差なしの4着で時計優秀
厳しい位置取りから直線はスムーズを欠き、最速上がりの末脚で僅差の内容に評価

今回も出遅れて後方からの追走になり、距離延長は歓迎だったが流れに乗ることが出来ず
課題は「ゲート
スタートを決めて流れに乗ることが出来れば勝ち負けの力はあります
次走までにしっかりゲート練習をしつつ、小柄な馬なので馬体重が減りすぎないように調整は期待したい
新馬戦のコメントでルメール騎手が「距離はおそらく2000m」と残しています
距離は芝1800~2000mで次走もチェック

◆ソヨギ[10着:7番人気:逃げ]
好スタートからハナに立ち
12.6 – 11.3 – 11.5 – 12.2 – 12.1 – 12.2 – 11.3 – 11.8 – 12.4
外目から煽られながら流れは速く、ラスト3Fから一気に加速して逃げ粘りを図るが、最後は脚色が甘くなって失速し0.8秒差の10着

距離が長く、ペースが速かったことが敗因
本馬の好走パターンは1つ

[前走:東京芝1600m]
12.5 – 11.6 – 12.1 – 12.5 – 12.5 – 11.6 – 11.1 – 12.1

[3走前:東京芝1600m]
12.4 – 11.9 – 12.5 – 12.7 – 12.7 – 11.2 – 10.9 – 11.4

スローペースで瞬発戦となり、最後まで脚を伸ばしてどちらも2着
前走は仕掛けのタイミングが早かった分、最後は交わされて3/4馬身差と勝てたレース内容
次走の狙いとしては「距離短縮」と「先行馬不在のスロー濃厚」でチェック

■東京3R 2歳未勝利(10:50~) 芝1600m

【次走注目馬】
該当馬なし

■東京4R 2歳未勝利(11:20~) ダ1600m

【次走注目馬】
◆セイユメアカリ[2着:8番人気:差し]
出負けしてから控えて中団で追走
直線は外から追い込むが、勝ち馬に突き放されて4馬身差の2着
勝ち馬の相手が悪く、最後まで脚を伸ばして前にいた馬をしっかりと交わせた内容に評価

前走の新馬戦[東京ダ1600m]のウーゴ組を確認
12.4 – 11.2 – 12.2 – 13.0 – 12.8 – 12.2 – 11.4 – 11.7
不良馬場で脚抜きがよく、時計の出る馬場でしたがらラスト2F[11.4-11.7]が優秀で、勝ち馬の走破時計が非常に優秀[1:36.9]

〈ウーゴ組〉
2着ゲンパチマイティー→1着[東京ダ1600m]
6着ヒートライトニング→4着[東京ダ1400m]
7着ラストラフ→3着[京都ダ1800m]
8着セイユメアカリ→2着[東京ダ1600m]

3、4着馬はまだ出走してないので次走注目
本馬は好位でレースを運び、最後の脚力勝負で伸びを欠いて1.5秒差の8着
今回は勝ち馬の相手が悪かったが、ウーゴ組で8着に粘った実力は本物
今後ともウーゴ組には注目

1番心配なのは厩舎力
中3週開きましたが本数少なく、時計は平凡で上積みが薄いなかで好走
次走は上積みがあることに期待したい
そして「良馬場」でチェック

◆カッチョカバロ[4着:6番人気:先行]
スタートを決めて3番手で追走
道中は外から勝ち馬に煽られ、3コーナーでは2番手までポジションを上げ
直線に入って早めに仕掛けた分、最後は伸びを欠いて0.9秒差の4着

2走前[新馬戦:中山ダ1200m]では
出遅れて中団で追走し、最内枠から二の脚を使って前に行こうとしたが、泥水を嫌いつつダ1200mは忙しくて前に進まず1.3秒差の11着
最内枠+距離+馬場が敗因で度外視
前走[東京ダ1600m]は距離延長し、スタートを決めて番手で運んだが直線で失速し1.2秒差の3着
距離が長いと言うよりも、直線の急坂が失速した要素と考えています
大型馬ではありますが、少し非力な部分があるかもしれない
新馬戦の調教で坂路時計は好時計でしたが、ここ2戦は時計が出ていません
次走は平坦のコース距離短縮(ダ1400m)が理想
スピードのある馬なのでダ1400mで特徴を生かした走りも期待したい
牧調教師なら裏開催は走らせないので、もしかしたら次走は中山ダ1200mに出てくるかも…
そのときは消して条件が整うまで待機

■東京5R 2歳新馬(12:10~) 芝2000m

【次走注目馬】
該当馬なし

■東京6R 2歳新馬(12:40~) ダ1400m

【次走注目馬】
ティートラップ[1着:3番人気:先行]
好スタートでしたが控えて番手で追走し、道中は逃げた人気馬をマーク
直線は逃げた人気馬と一騎討ちを制して2馬身差の勝利
12.7 – 11.5 – 12.5 – 13.0 – 12.4 – 11.9 – 12.5
勝ち時計(1:26.5)は優秀で、最後の直線でラスト3F36.7の末脚は評価
昇級しても十分期待できる内容

◆スノートレイン[2着:1番人気:逃げ]
行き脚をつけてハナを主張
直線最後まで粘りを見せるが、勝ち馬に突き放されて2馬身差の2着
3着馬に6馬身離した好内容のレースで時計優秀(1:26.8)
勝った相手が悪く、3F37.1で最後まで脚を伸ばしてる本馬も優秀
すぐに勝ち上がれるレベル
仕上がりが途上だったので、次走の上積みに期待

ガルチへの応援クリック是非お願いします♪

競馬ランキング

タイトルとURLをコピーしました