2/23(日) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

2/23(日) 東京予想

東京1R 3歳未勝利(10:05~) ダ1400m

【本命】
◎⑯ムーンダイアローグ

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳新馬:東京ダ1400m 】
出遅れて中団で追走
道中は砂かぶりを気にして流れに乗れず
直線は内から3F37.2の最速上がりで脚を伸ばしますが、前が残る展開で交わせず0.4秒差の4着

【 ラップタイム 】
12.7 – 11.6 – 12.2 – 12.8 – 12.6 – 12.4 – 12.9

【 前走のポイント 】
・前が残る展開で、直線内から最速上がり脚を伸ばし0.4秒差の内容

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

中2週で東京開催最終週に合わせての仕上げ
1週前追いきりの3頭併せで遅れはしましたが、ウッドコースで終い重視の調整で最後まで踏ん張り1F11.9の動き
前走は良化途上の仕上げでしたが、ひと叩きして動きは良化
軽快さが増して仕上がり十分

前走は内で追走して砂かぶりを経験し、流れに乗れずでしたが徐々に砂かぶりに慣れての追走
最後は前が残る展開になりながらも、最後まで脚を伸ばして0.4秒差の内容
能力は高く、控えて砂かぶりを経験できたことは収穫で、大外枠ですが砂を被らない位置が取れるのはプラス
今回の相手レベルはかなり高いですが
カッチョカバロ、グーガルドリームズ、ショウナンアサヤケ、ダイシンウィット
逃げそうな同型が多く、前が速くなることを想定しています
バテにくいタイプなので、スタートを決めて好位でのレース運びが理想
前走以上の走りに期待

東京2R 3歳新馬(10:35~) ダ1400m

【本命】
◎①ミティル

ガルチ
ガルチ
ガルチの狙い!!!

父:Verrazano
母:Blue Bird Lady
母父:Congrats

父ヴェラザノはウッド・メモリアルS(米GⅠ)、ハスケル招待S(米GⅠ)を制し
現役時代は中距離ダートで活躍した米国血統
産駒が日本で走るのは4頭のみですが、フォートワズワースが阪神ダ1400mのダート替わりで勝利
ダート血統なので初戦の東京ダ1400mから期待

ウッドコースを中心に乗り込み
1週前追いきりは2勝クラスの古馬(サニーレイ)相手に、0.5秒追走する形から最後まで脚を伸ばし0.5秒先着
ひと叩きして良化し、残り2週間も併せ馬で同じ相手に先着
テンから速い流れで、最後までしっかりと動き仕上がり良好

インティ、ロードレガリス、グリム
武豊(騎手)×野中(調教師)」のダートラインはかなり熱く
武豊(騎手)×野中(調教師)×カナヤマホールディングス」はグリムと同じライン
初戦から武豊騎手を確保して好走に期待

東京3R 3歳未勝利(11:05~) ダ1600m

【本命】
◎③リンガスウォリアー

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳未勝利:東京ダ1600m 】
スタート直後に内に寄れて接触し、流れに乗れず後方から追走
道中は折り合いに専念しながら脚を溜めて、大外を回して4コーナーで気合いを入れながら進出
直線は矯正しながら真っ直ぐに走らせて脚を伸ばし0.5秒差の5着

【 ラップタイム 】
12.5 – 11.0 – 11.8 – 12.5 – 13.2 – 12.9 – 12.7 – 12.9

【 前走のポイント 】
・前が残る展開で、後方から差を詰めて0.5秒差の内容

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

前走は約3ヶ月の休養明けで馬体重が+10㎏と成長分
良化途上での出走からひと叩きし、2頭併せで遅れはしましたが前走以上に動きは良化

前走はスタート直後に寄れて接触し、控えて折り合い重視で追走
前が残るなかで最後はキツくなりながらも0.5秒差の内容
今回こそはスタートを決めて出たなりポジションを確保してほしい
レースを使った上積みも見込めるので、前走以上の好走に期待

東京4R 3歳未勝利(11:35~) 芝2400m

【本命】
◎⑯プモリテソーロ

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳未勝利:中山芝2200m 】
好スタートから控えて好位のインで追走
道中はスローペースでしっかりと内で折り合ってレースを運び
中盤で外からマクられてペースアップ
内で包まれて動けずにポジションが下がり
4コーナー外を回し、直線は大外から脚を伸ばして0.9秒差の5着

【 ラップタイム 】
12.7 – 11.5 – 13.2 – 13.6 – 13.3 – 12.8 – 11.7 – 12.1 – 12.0 – 11.9 – 12.0

【 前走のポイント 】
・スローペースでインで折り合えたこと
・内枠が仇となりましたが、前が残る展開で3F35.8の上がり2位の末脚で差を詰めた内容

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

2走前の東京芝2000mでは、直線で手応えよく早めに先頭に立ちましたが
自らブレーキをかけてやめてしまい1.4秒差の8着
そこから矯正しながらの調整で改善され
前走の中山芝2200mは勝負どころでスムーズを欠いて0.9秒差の5着
力は出しきれませんでしたが、直線で差を詰めれた内容は評価
精神面に不安のある馬でしたが、前走は道中インで折り合えたことは収穫
精神面の不安も解消されて成長が見られます
とにかくスムーズにレースを運ぶことが理想で、広い東京コースは歓迎で距離延長は問題なし
引き続き状態はいいので好走に期待

東京5R 3歳1勝クラス(12:25~) 芝1600m

【本命】
◎⑥エンジェルサークル

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]菜の花賞:中山芝1600m 】
五分スタートから控えて後方で追走
道中は折り合い重視で脚を溜めながらレースを運び
4コーナーでインにから進出し、直線は内から追い込みますが伸びを欠いて0.8秒差の5着

【 ラップタイム 】
12.5 – 11.3 – 12.2 – 12.4 – 12.2 – 12.0 – 11.9 – 12.3

【 前走のポイント 】
・道悪不得意

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

中間は軽めに調整をし、最終追いきりは気合いを入れてひと叩きをし
大差追走から反応に応えて脚を伸ばし、1勝クラスの古馬(リアルモンテ)相手に0.4秒先着
仕上がりはいいので馬体重の「増減なし」か「プラス体重」が理想

前走は初の右回りの中山芝1600mでしたが、4コーナーのコーナリングが上手く運べず
道悪の影響で持ち味の脚を使えずに伸びを欠いた内容
2走前のサウジアラビアRCは馬体重-6㎏とガレてしまい、厳しい状態のなかで3F33.7の脚を使って1.2秒差の5着
自己条件戦なら十分に通用するレベル
持ち味は末脚なので、キレる脚を生かせる東京コースに戻って「良馬場」で期待

東京6R 4歳以上1勝クラス(12:55~) ダ2100m

【本命】
◎①トランスポーター

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]4歳以上1勝クラス:東京ダ2100m 】
行き脚をつけて番手で追走
道中は外を回しながら逃げ馬を見てレースを運び
直線は最後まで大きな跳びで脚を伸ばすが届かず0.2秒差の3着

【 ラップタイム 】
7.5 – 11.6 – 13.4 – 13.4 – 12.9 – 13.1 – 12.8 – 12.7 – 12.1 – 12.1 – 13.2

【 前走のポイント 】
・4ヶ月半の休養明けで最後まで踏ん張り0.2秒差の内容

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

2走前の中山ダ2400mは昇級初戦
出遅れて先行できず、不良馬場で道悪の馬場が合わずに2.7秒差の8着
前走は4ヶ月半の休養明けで十分に仕上がり
番手から最後まで脚を伸ばして0.2秒差の3着に好走
高速馬場は不向きで時計の掛かる馬場は得意
引き続き同じ舞台で「良馬場」の想定
叩き2戦目の上積みはあるので、好走条件が揃ってる今回は期待

1番注目したいのは調教内容
2週連続でフェブラリーSに出走するデルマルーヴルと併せて併入
最終追いきりは外から併せ、最後まで手応え抜群で並びボリトラックで好タイム
格上相手にヒケを取らない走りで仕上がりは抜群
叩き2戦目の上積みに大いに期待

東京9R ヒヤシンスS(14:25~) ダ1600m

【本命】
◎⑥メイショウテンスイ

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]全日本2歳優駿(JpnⅠ):川崎ダ1600m 】
行き脚をつけて好位で追走
向正面から追い通しで行きっぷりが悪く
直線は最後まで踏ん張り0.5秒差の4着

【 ラップタイム 】
12.2 – 11.1 – 12.3 – 13.3 – 12.3 – 12.9 – 14.2 – 13.6

【 前走のポイント 】
・使い詰めで厳しい状態のなか、2歳GⅠで0.5秒差の内容

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

前走の全日本2歳優駿は1番人気
使い詰めでレースを使った影響で行きっぷりが悪く、向正面では追い通しで最後まで脚を伸ばして0.5秒差の4着
本来の力を発揮することができずに敗れましたが、「距離は大丈夫でした」と武豊騎手のコメント
ダ1600mの距離は問題なし

前走終了後に放牧して立て直し
ヒヤシンスSを目標に仕上げ、2週連続で坂路で追いきり
最終追いきりは最後まで手応えのある動きで併せ馬に先着
ひと叩きして気配は良化し仕上がり良好

今回は新馬戦➡️オキザリス賞を2連勝してる東京コースは歓迎
メンバーは揃ってますが、万全の態勢である本馬なら互角なレースは十分にできるはず
引き続き武豊騎手とのコンビも魅力で好走に期待

【対抗】
◎③カフェファラオ

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

世代最強と呼び名が高いカフェファラオが出陣
13.2 – 12.2 – 13.3 – 13.2 – 12.8 – 12.7 – 12.8 – 12.3 – 12.2
初戦の新馬戦の加速ラップが優秀で、3F37.3の脚で楽々と突き抜けて後続に1.6秒差の大圧勝
冬毛が伸びて毛ヅヤはひと息とのこですが、地力だけでも十分通用できそうな器
2戦目でどれだけ走れるか大いに期待

東京11R フェブラリーS(15:40~) ダ1600m

【本命】
◎③ワイドファラオ

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]根岸S:東京ダ1400m 】
いいスタートを切ったが先行争いが激しく、控えて4番手の好位で追走
道中は砂を被らせない外からレースを運び
いい形で運んで手応え十分で直線に向かうが、最後は伸びを欠いて0.5秒差の5着

【 ラップタイム 】
12.5 – 10.9 – 11.6 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 11.9

【 前走のポイント 】
・斤量58㎏が最後響きながら0.5秒差の内容

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

2走前のチャンピオンズC(中京ダ1800m)は距離が長く
前走の根岸Sは初の東京ダ1400mでしたが、速い流れにしっかりと乗り
直線は斤量の影響で伸びを欠いたが0.5秒差の5着
休み明け初戦としては健闘

目標はフェブラリーSに仕上げ、2週連続で坂路・ウッドコースを叩き
最終追いきりは長めに乗り込み、テンから意欲的に飛ばして最後まで脚を伸ばし好タイム
叩いた上積みも見込めて万全な態勢

フェブラリーSと同舞台である、昨年のユニコーンSが非常に優秀
12.3 – 10.5 – 11.1 – 11.9 – 12.6 – 12.3 – 12.0 – 12.8
3頭で先行争いが激しくテンが速くなり、ハナに立ったが厳しい流れのなかで最後はハナ差凌いでの勝利
外から並ばれてから勝負根性が強く、脚抜きのいい馬場でしたが勝ち時計1:35.5は優秀
芝スタートが合っており、重賞を制した東京ダ1600mで前走より斤量減は好材料

展開的に本来ならインティが逃げ想定ですが、東海Sで控えるレースをしたのなら今回は行かず
外枠のケイティブレイブ×初GⅠ騎乗の長岡騎手が行きそうな気はします
内枠を引けたので相手を見ながら行けそうですが、個人的にはユニコーンSの再来(逃げ)に期待したい
逃げ馬が苦戦傾向のフェブラリーSですが、ユニコーンSのような走りができれば十分にチャンスはあります
内枠から福永騎手には果敢に攻めてほしい
得意の舞台での好走に期待

今週の記事

先週の記事

タイトルとURLをコピーしました