11/30(土) 中山予想

スポンサーリンク

f:id:gulch:20190904105313p:plain

11/30(土) 中山予想
【 目次 】

《 今週の記事 》

《 中山予想 》

■中山1R 2歳未勝利(9:50~) ダ1200m

【本命】
◎⑮ビーポーレン

前走のレース[2歳未勝利:福島芝1200m]
最内から4番手の好位で追走
道中はインでロスなく立ち回りましたが、直線は伸びを欠いて0.6秒差の7着
12.2 – 11.1 – 11.4 – 11.7 – 11.5 – 12.3
序盤からペースが速くて道中は脚が溜まらず、休み明けも影響しての内容

3ヶ月の休養明けの前走は負荷をかけず、軽めの調整のみで仕上がり途上
今回は最終追いきりで負荷をかけ

11/27(水) 良 助手
53.6-39.8-25.9-12.8[坂路]強め
外エナミルク一杯と併せで併入

反応にしっかりと応えて併せ馬に併入
動きは良化して最後まで軽快に動き上積み十分

本馬の持ち味はスピード
2走前[新潟芝1000m]はスタートを決めて好位で運び、外から追い込んで3/4馬身差の2着
直線競馬では不利とされる最内枠から一旦は好位で控えるが、最後まで持ち味のスピードを生かしての2着
芝でいいスピードを見せたが勝ちきれずにダートへ
母ヴァップの産駒2頭は中山ダ1200mで勝利を収めています
短距離ダートの適性が高い血統で、父アイルハヴアナザーも中山ダ1200mは優秀
開幕週初っぱなの中山ダ1200mは前有利の傾向で、特に逃げ馬が4年連続で馬券に絡んでいます
マイネルワルツ×菅原騎手が斤量を活かした騎乗をしてくるはずなので、ペースが速くなるのであれば好位追走が理想
ハナに拘ってほしいが展開次第
ダート替わりでの変わり身に期待したい

■中山2R 2歳未勝利(10:15~) 芝1800m

【本命】
◎⑤ジェロボーム

前走のレース[2歳未勝利:東京芝1800m]
五分スタートから行き脚をつけて番手まで押すが、控えて5番手の好位で追走
道中はインをロスなく運んで折り合い
直線は内から脚を伸ばして1.0秒差の3着
13.0 – 11.4 – 12.4 – 12.6 – 12.2 – 12.2 – 11.2 – 11.4 – 11.6
直線は瞬発勝負で走破時計・ラスト3F[11.2-11.4-11.6]が優秀
上位2頭の相手が悪く、本馬なりに最後まで脚を伸ばして3着

中間の動き(11/24)が抜群
併せ馬で重馬場のなか、1F12.0の抜群の動きで終い優秀

11/27(水) 良 助手
68.3-53.6-39.8-12.7[南W]馬也⑥
内エムオーグリッタ馬也に5Fで0秒4先行1F併せで併入

11/24(日) 重 助手
69.3-54.7-40.3-12.0[南W]馬也⑧
内ココリモアナ馬也に5Fで0秒5先行1F併せで併入

最終追いきりは3勝クラス(エムオーグリッタ)と併せ、古馬相手にひけを取らない走りで併入し上積み十分
新馬戦[東京芝1600m]は出遅れて直線は伸びを欠いて0.7秒差の7着
2戦連続で芝レースはキレ負けをし、今回はダートへの挑戦
アイルハヴアナザー産駒のダート、中距離、中山コースは優秀(特に中山ダ1800mは好成績)
馬体重490㎏の大型馬でパワーはあり、ダートでの変わり身に期待

■中山3R 2歳未勝利(10:45~) 芝2000m

【本命】
◎⑧ダノングロワール

前走のレース[2歳新馬:東京芝2000m]
スタートを決めて4番手の好位で追走
道中はインでロスなく立ち回り、直線は伸びを欠いて0.8秒差の4着

「まだ、おっとりしている」(国枝調教師)

「全体的におっとりしていて、1回使った方がピリッとするかなと思います。レース自体は問題ありませんでした」(戸崎騎手)

追いきりを見る限り、国枝調教師からはまだスイッチが入っていないとのことでした
実践でも終始おっとりしていた伸びを欠いたレース内容
国枝厩舎は初戦よりも叩きの好走の目立つ厩舎で、ハーツクライ産駒は叩き良化型
次走が試金石になるでしょう

今回1番評価しているのは調教内容
前走は乗り込まれていましたが全て軽めの調整

11/27(水) 良 マーフィー
65.2-50.0-37.0-12.5[南W]馬也②
中サトノワールド馬也を5Fで0秒6追走1F併せで併入
外ロジスカーレット強めを5Fで1秒追走1F併せで0秒4先着

11/20(水) 良 助手
68.2-53.1-39.0-12.4[南W]仕掛⑤
内サトノキングダム強めに5Fで0秒8先行1F併せで併入
中モーソンピーク仕掛に5Fで0秒4先行1F併せで併入

今回はひと叩きした効果もあり、1週前追いきり(11/20)で3頭併せの内から最後まで脚を伸ばし併入
終いの軽快さが増して動きが良化
更に最終追いきりでは鞍上のマーフィー騎手が稽古
5F65.2-12.5の好タイムを叩いて上積みは十分
ひと叩きしたことにより、馬がガラッと変わり身を見せた内容で鞍上も好感触
スタートは上手で、インでしっかり折り合えてたので好位で脚を溜められれば
ひと叩きしての変わり身に期待

■中山4R 2歳未勝利(11:15~) ダ1800m

【本命】
◎⑯ショウナンアサヤケ

前走のレース[2歳未勝利:東京ダ1600m]
スタートを決めて3番手で追走
道中は外目で砂を被らずに折り合いましたが、直線は伸びを欠いて1.6秒差の9着
12.3 – 11.3 – 12.1 – 12.2 – 12.8 – 12.8 – 12.7 – 12.6
2走前の敗因である砂を被らずに追走はできましたが、大外枠が仇となってポジションを取るをのに脚を使いつつロスをし
前半からペースが速く流れて脚を溜めれず、直線で伸びを欠いた内容
2戦目は展開不向きで力は発揮できず

新馬戦のウーゴ組が優秀

〈 ウーゴ組:東京ダ1600m:1:36.9 〉
2着 ゲンパチマイティー → 兵庫JG[GⅡ] 5着
5着 本馬
6着 ヒートライトニング → 4着 [東京ダ1400m]
7着 ラストラフ → 3着 [京都ダ1800m]
8着 セイユメアカリ → 2着 [東京ダ1600m]

12.4 – 11.2 – 12.2 – 13.0 – 12.8 – 12.2 – 11.4 – 11.7
スローペースでラスト3Fから瞬発戦
上位4頭がいい脚を使うなか、好位で追走して本馬は1.0秒差の5着
序盤で引っ掛かってしまった分、最後は伸びを欠きましたが時計1:37.9は脚抜きのいい馬場+新馬戦として優秀

中2週で引き続き状態は好調
今回16頭中9頭が初ダートと多く、砂被りや速い時計を経験してる本馬は一歩リード
あとは道中はスムーズに運んで脚を溜めることができれば
引き続きウーゴ組5着の本馬に期待したい

■中山6R 2歳新馬(12:35~) ダ1800m

【本命】
◎⑬シアトルテソーロ

父:Will Take Charge
母:Take Charge Lady
母父:デヒア

父ウィルテイクチャージはトラヴァーズS、クラークHを制した米GⅠ2勝馬
今年から産駒がJRAデビュー

・ヘルシャフト → 1着 [2戦目:京都ダ1400m]
・ペルルドール → 4着 [2戦目:京都ダ1800m]

「ダート馬。(馬体は)きれいな線をしているけど、外車タイプですね。操縦性もいい」(栗田調教師)

中距離適性の種牡馬で間違いなくダート血統
産駒の2頭とも初戦からいい走りをし、本馬にも期待したい

約1ヶ月間、順調に乗り込んだ調整

11/21(木) 良 マーフィー
81.3-65.5-51.6-39.0-13.2[南W]一杯⑦
外マイネルハニー馬也を6Fで0秒3追走3F併せで併入

1週間前追いきりで鞍上のマーフィー騎手が跨がり、重賞馬マイネルハニーと併せて併入
長めに乗り込み、6F81.3の力強い走りとスピードで好時計をマーク
了徳寺オーナー、栗田調教師が田辺騎手、大野騎手を選ばずにマーフィー騎手を確保
調教でもマーフィー騎手が跨がるほどの期待馬
仕上がりはいいので好走に期待

ガルチへの応援クリック是非お願いします♪

競馬ランキング

タイトルとURLをコピーしました