2/15(土) 小倉予想

スポンサーリンク
小倉予想

2/15(土) 小倉予想

小倉2R 3歳未勝利(10:20~) ダ1700m

【本命】
◎⑥タッシーアキヒート

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳未勝利:京都ダ1800m 】
最内枠を生かし、行き脚をつけてハナを主張
道中は番手にいた馬に外から煽られ、向正面で後続が押し寄せてペースアップ
早めに追い出しますが、4コーナーで手応えがなくなって失速し2.3秒差の5着

【 ラップタイム 】
12.4 – 10.9 – 11.7 – 12.5 – 12.5 – 12.8 – 13.0 – 12.4 – 12.2 – 12.6

【 前走のポイント 】
・逃げて目標にされて展開が厳しくなった内容

ガルチ
ガルチ
ガルチの狙い!!!

2走前の同舞台を評価
行き脚をつけて番手で追走し、向正面で後続につつかれてペースアップ
早めに追い出す形となってキツい展開のなか、最後まで粘りを見せて1.1/2馬身差の2着
好走経験のある同舞台に戻って狙いたい

テンの遅い馬ですが、行き脚をつけてスピードに乗ってから先行力のある馬
ベッロコルサがハナに立って、それを見ながら番手で控えるレースが理想
ここ2戦は後続につつかれて厳しい展開が続き
今回は前目でマイペースで運び、持ち味の粘りを見せて押しきりに期待

小倉3R 3歳未勝利(10:50~) 芝2000m

【本命】
◎⑩コンカルノー

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳未勝利:小倉芝2000m 】
好スタートから行き脚をつけてハナを主張
道中はほぼ平行ラップのキツいペースでレースを引っ張り
早めに追い出して逃げ粘りを図るが、残り200mを過ぎたところで交わされ0.4秒差の3着

【 ラップタイム 】
12.7 – 11.6 – 11.7 – 12.6 – 12.4 – 12.5 – 12.6 – 12.6 – 12.5 – 12.9

【 前走のポイント 】
・先行勢の厳しい流れで最後まで粘り0.4秒差
・チークピーシーズ着用

ガルチ
ガルチ
ガルチの狙い!!!

中2週で小倉滞在での調整
2週連続で鞍上の杉原騎手が乗り込み
最終追いきりは2頭併せで先行し、1勝クラスの古馬(ウインアイルビータ)相手に最後まで粘って併入
上積みは十分で粘り強化

前走はチークピーシーズを着用してハナを主張
平行ラップでかなり厳しいラップを刻み、最後まで粘りを見せて0.4秒差の3着
先行勢が潰れたなかで最後まで脚を使い、後続に7馬身差を離す内容
チークピーシーズ着用で集中して走れたことは収穫
内のベーリーオクルスが減量騎手起用でハナを狙いそうですが、ここは杉原騎手にはハナを狙いに攻めてほしい
ハナに立てば前走同様にしぶとく粘れそうなので、「逃げる展開のみ」に期待

小倉5R 3歳未勝利(12:10~) 芝1800m

【本命】
◎⑦アピテソーロ

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳未勝利:小倉芝1800m 】
スタートを決めて好位まで運びますが進路が狭くなって下がり、その直後に内の馬が寄れて接触して下がり中団で追走
道中は向正面でキックバックを嫌がってポジションが下がり
大外を回して3コーナー手前から一気に先団まで押し上げ
直線で最後はキツくなり0.9秒差の3着

【 ラップタイム 】
12.2 – 11.3 – 12.2 – 12.1 – 12.3 – 12.7 – 12.9 – 12.7 – 13.0

【 前走のポイント 】
・序盤+中盤でスムーズを欠きながらも、まくりに行って最後まで踏ん張り3着

ガルチ
ガルチ
ガルチの狙い!!!

中1週で間隔は狭いですが引き続き好調
前走はスムーズを欠きながらも、早めにまくりに行って0.9秒差の3着
時計の掛かる馬場+小回りの平坦コースは相性がよく好走
引き続き同舞台で条件に期待で道悪なら尚良
スムーズに運べ前走以上の走りは期待できるので、スタートを決めて好位でのレースに期待

小倉10R あすなろ賞(14:50~) 芝2000m

【本命】
◎①アイロンワークス

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳未勝利:小倉芝1800m 】
スタートを決めて好位で追走
道中はインで折り合ってレースを運び
向正面からペースは加速して手応えよく直線に向かい
進路を塞がれそうになりましたが、馬体をぶつけて進路を確保
残り200mから促すのみで加速して突き放し7馬身差の圧勝

【 ラップタイム 】
12.6 – 11.7 – 12.7 – 12.3 – 12.0 – 12.2 – 12.5 – 12.7 – 12.1

【 前走のポイント 】
・消耗戦になりながらラスト1F加速して優秀

ガルチ
ガルチ
ガルチの狙い!!!

前走は馬場に不安はありながらもいいところを走らせて追走
直線入り口で接触はありながらも促すのみで加速し、3F37.1の最速上がりの楽な手応えで7馬身の勝利
最後の加速ラップが優秀で、1頭だけ手応えの違う走りで強い内容
レースを使う毎に成長して今回は引き続き好調
強い勝ち方をした小倉コースで昇級初戦も期待し、良馬場で見直したい

今週の記事

タイトルとURLをコピーしました