2/15(土) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

2/15(土) 東京予想

東京1R 3歳未勝利(10:10~) ダ1400m

【本命】
◎⑤ナックジーニス

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]2歳新馬:東京ダ1600m 】
スタートは決まったが出脚がつかず、後方2番目まで下げて追走
道中はインでロスなく、脚を溜めてレースを運び
4コーナー大外を回し、直線で前にいた馬が寄れて進路の妨げとなり
残り150m付近まで外に出して追い出せずにロスをし、最後はようやく脚を伸ばして1.2秒差の7着

【 ラップタイム 】
12.8 – 11.7 – 12.4 – 12.4 – 12.8 – 12.3 – 12.5 – 12.5

【 前走のポイント 】
・大型馬で余裕のある仕上がり
・不良馬場で不向きの馬場のなか3F36.8の最速上がり

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

再仕上げとなった前走は馬体重520㎏の大型で余力はあり、息の使い方がいまひとつで仕上がり途上
行き脚がつかずに後方になり、直線は前にいた馬が寄れて進路の妨げとなり
勝負どころでしっかりと追えずに最後は差を詰めて1.2秒差の7着
跳びが大きい馬なので不向きの馬場のなか、3F36.8の最速上がりと魅力ある末脚は評価

一旦放牧に出して東京開催を目標に調整
約1ヶ月間入念に乗り込み、調教を積み重ねる毎に動きは良化
1週前追いきりの坂路は併せ馬に遅れはしましたが、叩いてしっかりと反応して成長が窺える内容
レースを使っての上積みは大きく仕上がり十分
前走は馬体は緩かったので、「マイナス体重」が理想で馬体が絞れていれば

今回は「良馬場」で狙いたい
跳びが大きい馬なので、良馬場であれば前走以上に終いの脚は使えるはず
距離短縮で追走に不安はありますが、ひと叩きしての変わり身に大いに期待しています
乗り替わった田中勝(騎手)×宗像(調教師)は好ライン
まずはスタートして行き脚がつくことを願い、脚を溜めての好走に期待

東京2R 3歳未勝利(10:40~) ダ2100m

【本命】
◎②タイタンブレイン

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳新馬:中山ダ1800m 】
スタート直後に隣の馬が寄れて接触し、行き脚をつけて好位で追走
序盤で内に入れて砂をかぶらせ、1コーナー手前で嫌がって外に避難し接触
ブレーキしてポジションが下がり、追っ付けて好位集団まで押し上げての追走
中盤は砂かぶりに慣れてレースを運び
4コーナーで外に斜行して接触
直線は大外に出して脚を伸ばし0.6秒差の4着

【 ラップタイム 】
12.8 – 12.0 – 13.0 – 13.4 – 13.1 – 13.3 – 13.6 – 13.1 – 13.8

【 前走のポイント 】
・インで砂をかぶるレースができたこと
・全体的にスムーズを欠いたレースですが、最後はしぶとく脚を伸ばして4着

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

初戦は終始スムーズを欠きながらも、最後までバテずに脚を伸ばして0.6秒差の4着
何度も接触しましたが、大型+強い精神力で問題なく追走
序盤は砂かぶりを嫌がりましたがその後は問題なく追走し、初戦から砂かぶりを経験できたのは収穫

初戦の調教の動きは良かったですが
ひと叩きして動きは良化し、前走以上に軽快な動きで上積み十分
馬体重538㎏の大型で緩さはあり、ひと叩きして引き締まることが理想

タフな馬なので先行して持ち味が生かすレースが理想
ダート長距離の得意な内田騎手に乗り替わりは魅力
距離延長は歓迎なので、今回こそはスムーズにレースを運ぶことに期待

東京3R 3歳未勝利(11:10~) ダ1600m

【本命】
◎⑧ブライトオーシャン

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳新馬:中山ダ1800m 】
最内枠を生かしてハナに立ち
道中は外にいる2頭に絡まれながらの走り
3コーナーで手前から早めに動かれてペースアップ
直線で早めに勝ち馬に交わさて伸びを欠き1.6秒差の3着

【 ラップタイム 】
12.8 – 12.1 – 12.8 – 13.8 – 13.4 – 12.7 – 12.9 – 12.9 – 12.9

【 前走のポイント 】
・道中は外から絡まれて集中力を欠き1.6秒差

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

中2週でウッドコースに乗り込み
初戦と比較して良化は薄いが、初戦の調教が動いてて仕上がり
引き続き軽快な動きで好調キープ

前走の初戦は最内枠を生かしてハナに立ちましたが、終始外から絡まれて集中力が続かず
勝負どころで早めに外から動かれてキツくなり1.6秒差の3着
精神面で幼い部分があり、道中絡まれて集中して走れなかったことが敗因
今回の相手を見るとハナに立ちそうな馬はいないので逃げ濃厚
いいスピードを持ってる馬なので、マイペースに集中して走ることができれば
初戦で絡まれていい経験はできてるので、2戦目の今回は大いに期待

東京4R 3歳1勝クラス(11:40~) ダ1600m

【本命】
◎⑪ダノンファスト

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳未勝利:中山ダ1800m 】
好スタートから好位で追走
道中は砂をかぶらせない外目でレースを運び
向正面で外からビバヴィットーリオがマクりに行ってペースは加速
ペースを乱さずに前を見ながら徐々に進出をし
4コーナーでは余力十分で先頭に並び、促す程度で直線は後続を突き放して2.3秒差の圧勝

【 ラップタイム 】
12.6 – 11.9 – 13.7 – 13.7 – 13.1 – 12.1 – 12.7 – 13.0 – 12.1

【 前走のポイント 】
・勝ち時計1:54.9、上がり3F37.5、ラスト1Fが非常に優秀
・末脚の持続力とギアチェンジの内容
・ダート適性の高さ(2走前の脚捌きが硬いと言うことでダートへ)

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

2走前の芝レースで脚捌きが硬いと言うこで、前走は初ダートで見事に大差勝ち
中山ダ1800mに出走して時計1:54.9、上がり3F37.5はかなり優秀
横山典騎手が芝でもやれるとコメントを残してましたが、引き続きダート路線を選択
そしてヒヤシンスSではなく、自己条件に回したローテーションは勝ちにきているはず
東京の長い直線で、ギアチェンジしてどこまで脚を伸ばすかが楽しみな1戦
断然人気になりますが勝ち上がりに期待

東京5R 3歳未勝利(12:30~) ダ1400m

【本命】
◎⑦ブンロート

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]2歳未勝利:東京芝1600m 】
好スタートから最内枠を生かしてハナに立ち
道中は外から絡まれる形でペース速く
直線は伸びを欠いて失速し1.9秒差の7着

【 ラップタイム 】
12.6 – 10.6 – 11.3 – 11.7 – 12.3 – 12.0 – 11.9 – 12.0

【 前走のポイント 】
・初の逃げる展開でしたが道中絡まれてペースは速く、先行勢に厳しい流れで失速した内容

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

レース後に放牧し、東京開催を目標に調整
約1ヶ月間坂路を中心に乗り込み、最終追いきりは鞍上の大野騎手が稽古
相手が楽な手応えでしたが、叩いてしっかり反応して最後まで脚を伸ばし併入
入念に乗り込まれて仕上がりは十分

前走は好スタートから初めてハナに立ちましたが、道中外からのマークが厳しくペースは速く流れ
脚が溜まらずに直線は失速して7着
今回は東京開催を目標に調整し、2戦連続で僅差の2着である東京芝1400m戻り

・新馬戦 [6/1 1:23.9(2着)]
12.7 – 11.3 – 12.7 – 12.9 – 11.7 – 11.0 – 11.6

・2歳未勝利 [6/15 1:24.3(2着)]
12.8 – 11.2 – 12.2 – 12.5 – 11.7 – 11.6 – 12.3

過去2戦の共通点は
道中控えて外で包まれずにレースを運ぶ
ここ2戦は好位のインで包まれたレース、逃げて絡まれたレースで脚が溜まらず
どちらも伸び伸びと走れずに着外の結果
外枠の方に有力馬が集まり、外から囲まれずにリズムよく運ぶ展開が理想
好走経験のある条件なので東京芝1400mで見直したい

東京8R 4歳以上1勝クラス(14:00~) ダ1400m

【本命】
◎⑪ホウオウモントレー

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]3歳以上1勝クラス:東京ダ1400m 】
出遅れて最後方から追走
道中は外を回しながら後方で脚を溜め
直線は大外から脚を伸ばすが届かず1.5秒差の12着

【 ラップタイム 】
12.5 – 10.7 – 11.6 – 12.2 – 12.1 – 11.8 – 12.2

【 前走のポイント 】
・不良馬場で良さが発揮できずに度外視

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

今回は2つの決め手で本命に
①調教の内容
前走後リフレッシュして東京開催を目標に調整
約1ヶ月間坂路、南Wで乗り込み、2週前追いきりで十分に仕上がり
鞍上の丸山騎手が跨がり、3頭併せで追走する形からキレ味抜群の脚で併入で好タイム
最終追いきりは単走で好タイムを叩き、休み前に動きは良化して仕上がり良好

②良馬場
本馬の走る条件は「良馬場
昇級してから前走(不良)、3走前(不良)、5走前(不良)、7走前(稍重)は全て脚抜きのいい馬場で1.0秒差以上離れての大敗
良馬場の東京ダ1400mは6着→4着→4着と馬券外ではありますが、全て0.8秒差以内にまで差を詰めて結果
今回は良馬場想定なので、コース・馬場ともに条件は整っています

発馬に課題がありますが、条件があえば最後はいい脚を使える馬
そして今回は初の東京ダ1400mで牝馬限定戦(阪神ダ1400mで1度経験)で、牝馬限定ならこのクラスなら十分に戦える力はあります
出遅れ想定なので展開が鍵になりますが、好条件が整ってる今回は期待したい

東京11R クイーンC(15:45~) 芝1600m

【本命】
◎⑨マジックキャッスル

ガルチ
ガルチ
前走のお復習

【 [前走]ファンタジーS(GⅢ):京都芝1400m 】
スタートは決まったが、控えて中団の後ろまで下げて追走
道中は接触する場面はありましたが、じっくり構えて脚を溜め
直線は外に出して追い込み、3F34.6の最速上がりで差を詰めましたが届かず1馬身差の2着

【 ラップタイム 】
12.0 – 10.7 – 11.0 – 11.9 – 11.7 – 11.5 – 11.9

【 前走のポイント 】
・初めて控える競馬をして最速上がり
・勝ち馬レシステンシアは次走の阪神JFをレコード勝ち

ガルチ
ガルチ
ガルチの考察!!!

前走は初の重賞に挑戦で直線は最速上がりの脚を使ったが、勝ち馬には届かず1馬身差の2着
勝ち馬レシステンシアは阪神JFで5馬身差のレコード勝利
その相手に0.2秒差まで詰めた内容

〈 ファンタジーS組:京都芝1400m 〉
1着 レシステンシア ➡️ 1着 [阪神JF(GⅠ)]
2着 本馬
4着 ヤマカツマーメイド ➡️ 5着 [阪神JF(GⅠ)]
5着 ヒルノマリブ ➡️ 1着 [紅梅S(L)]
6着 ケープコッド ➡️ 1着 [クリスマスローズS(OP)]
7着 ペコリーノロマーノ ➡️ 1着 [つわぶき賞(1勝)]
14着 レジェーロ ➡️ 1着 [かささぎ賞(1勝)]

ファンタジーSの活躍が目立ち、ハイレベルな重賞で2着好走に評価
直線でもたつきはありながらも、道中控えて揉まれながら脚を溜めれたことは大きな収穫
2走前のサフラン賞の勝ち馬マルターズディオサは次走阪神JFで2着
ここ2戦の勝ち馬のレベルは高く、メンバーは揃ってますが期待したい

ファンタジーSを目標に調整
入念にウッドコースで乗り込まれ、軽快な動きで併せ馬に大差で先着
追走して控える練習し、最後は抜群の末脚で好タイムで仕上がり良好

今回はすでに控える宣言
東京コースは歓迎で終いを生かせるレースに期待
成長が窺える調教内容で、キレ味抜群の末脚で差しきりに期待

今週の記事

タイトルとURLをコピーしました