2/8(土) 次走注目馬(東京のみ)

スポンサーリンク
次走注目馬

2/8(土) 次走注目馬(東京のみ)

■東京1R 3歳未勝利(10:10~) ダ1300m

◆ダイシンウィット[3着:2人:逃げ]

行き脚をつけてハナを主張
道中は後続を離し、マイペースで淡々とレースを運び
直線は最後まで脚を使って粘り0.3秒差の3着

【ラップタイム】
6.9 – 11.2 – 11.6 – 12.4 – 12.4 – 12.0 – 13.1

【今回のポイント】
・距離延長でハナに行ききってレースを運び、叩きあいで3着争いを凌いで0.3秒差の内容
・3週連続で意欲的に追い込み、まだ緩さのある馬体が絞れたこと

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・東京ダ1300m
ハナに立ったレースが2回とも2着
ブリンカー着用して行ききり、現状は逃げてペースを引っ張った方が持ち味が発揮しやすい

2/8 東京ダ1300m [1:19.9]
6.9 – 11.2 – 11.6 – 12.4 – 12.4 – 12.0 – 13.1

11/16 東京ダ1300m [1:20.1]
7.1 – 11.1 – 11.7 – 12.2 – 12.3 – 12.6 – 12.9

逃げないと厳しいですが、そこまで二の脚が速くないのでハナに立てるかが難しいところ
そして距離延長した方が行ききれるので、現状は「東京ダ1300m」がベストの条件
相手関係」を確認し、行ききれる相手であれば次走はチェック

・馬体重
大型馬で今回は意欲的に追い込んだ調整で、馬体重は-2㎏とようやく絞れましたが緩さのある仕上がり
時期的なものもって絞りにくく、次走は「マイナス体重」で馬体が絞れてることが理想
伸びしろのある馬なので成長に期待

■東京2R 3歳未勝利(10:40~) ダ1400m

◆レッチェバロック[1着:1人:逃げ]

好スタートから二の脚が速くハナに立ち
道中は後続を離して淡々とレースを引っ張り
直線は持ったままで後続を突き放し、2着馬に2.0秒離す大差勝ち

【ラップタイム】
12.7 – 11.8 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 12.1 – 12.6

【今回のポイント】
・ダ1400mで2着馬に2.0秒差の圧勝
・良馬場の新馬戦で勝ち時計1:25.1は優秀
※当日の3歳1勝クラスはの時計は1:26.0

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・短距離ダート
父Uncle Mo(アンクルモー)は2歳時にブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米GI)、シャンペンステークス(米GI)を制覇
産駒は父と同様に早い時期からの活躍が見込めます
ルメール騎手がレース後のコメントで
芝もこなせそうです
もしかしたら次走は芝に挑戦もあるかもしれませんが
いいスピードを持っている米国血統の馬なので、狙いたいのは「ダ1200~1400m
昇級戦でも十分通用する能力はあるので、引き続き短距離ダートでチェック

◆プレシャスガール[2着:2人:先行]

行き脚をつけて好位で追走
道中は外を回して折り合ってレースを運び
直線は内に刺さりながら走りでしたが、3F38.4の上がり2位の末脚で伸ばし2.0秒差の2着

【ラップタイム】
12.7 – 11.8 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 12.1 – 12.6

【今回のポイント】
・勝ち馬が大差勝ちで歯が立たないレースでしたが、3着馬には4馬身離して新馬戦としては時計優秀

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・京都ダ1400m or 阪神ダ1400m
今回は勝ち馬が強すぎて相手が悪く、この内容であれば本来は勝ってたレース
レースセンスは良かったので勝ち上がりは近いはず
津村騎手がレース後のコメントで
もう少しだけ距離が長いほうがいいのかも
とコメントをし、適性距離は1400~1600mで今後は狙い
中1週で東京の未勝利戦には出走は難しいとのことなので、週明けて様子を見て中1週で「京都ダ1400m(2/23:京都1R)
揉まれない「外枠」なら尚良
勝ち上がりに期待できる馬なので引き続きチェック

◆バルボア[3着:8人:先行]

大外枠から好スタートで番手で追走
道中は折り合ってましたが、3コーナーで外から動かれて早めに動き
内で包まれて進路を確保するため、4コーナーで外の馬に馬体を合わせて外に出し
直線は最後まで踏ん張り2.7秒差の3着

【ラップタイム】
12.7 – 11.8 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 12.1 – 12.6

【今回のポイント】
・上位2頭のレベルが高く、勝負どころで早めに仕掛けることになったが3着

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・上積み
乗り込み本数は少なく仕上がり途上
早めの仕掛けになったかもしれませんが、最後は追っての反応がいまひとつ
レースを使って動きが良化することに期待
いいスピードはあるので、持ち味を生かせるレース運びができれば
引き続き短距離ダートでチェック

◆ヤマタケヴォイス[5着:4人:先行]

スタートを決めて好位で追走
道中は抑えずに外から2番手までポジションを上げ
4コーナーで内にいた馬に抵抗されて厳しくなり、直線は伸びを欠いて3.2秒差の5着

【ラップタイム】
12.7 – 11.8 – 11.7 – 12.0 – 12.2 – 12.1 – 12.6

【今回のポイント】
・気のよすぎるところがあるので展開不利+4コーナーで不利を受けて5着

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・距離短縮
道中は外から抑えずに流して2番手まで上げ、4コーナーで抵抗されて走る気がなくなり失速
気のよすぎるところがあるので、速いペースでの展開が理想
母サトオメは格上挑戦の京都ダ1200mでJRA初勝利(4歳上500万下)
半姉リンノティアラは地方の短距離ダートで3勝
血統的にスピードを生かす競馬が強味が出るので、次走は「距離短縮」で狙い

■東京3R 3歳未勝利(11:10~) ダ1600m

該当馬なし

■東京5R 3歳未勝利(12:30~) 芝1800m

◆レッドペルーシュ[2着:11人:追込]

少し出負けして隣の馬と接触し、無理をせずに後方から追走
道中は脚を溜めながら折り合ってレースを運び
直線は上手く外に出して追い出し、3F33.7の最速上がりで脚を伸ばしてクビ差届かず2着

【ラップタイム】
13.1 – 11.7 – 12.7 – 12.2 – 11.8 – 13.1 – 11.8 – 11.6 – 11.3

【今回のポイント】
・ラスト3Fが加速ラップの展開で、最速上がりで脚を伸ばしてクビ差まで詰めた内容

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・東京開催
小柄な馬ですが跳びが大きく
前走の中山芝1800mは稍重でしたが最速上がりで脚を伸ばし
今回は良馬場で更にいい脚を使い、3F33.7の最速上がりでクビ差まで詰めて2着
2戦連続で最速上がりのいい脚を使える馬
広い東京コース向けの走りで、今回のような良馬場の瞬発戦になると持ち味が発揮しやすく
スタートは速くないので出たなりに脚を溜めれる位置で、芝1800mならゆったりとレースが運べれるので距離はベスト
引き続き「東京芝1800m」の「良馬場」でチェック

・馬体重
テンションを上げず+追いきりを重ねてきて飼葉の食いが落ちて今回は-2㎏での出走
厩舎が飼葉の食いを工夫しても減ってしまってるので、次走に向けて「馬体重を戻して」いい状態でレースを迎えることができれば
まだ良化途上で今回はいい脚を使ってるので、馬体重を戻して飼葉の食いが良くなり
しっかり稽古を積めればまだまだ成長はします
伸びしろのある馬なので引き続き期待

◆オウケンザパール[5着:14人:追込]

出遅れ+行き脚がつかずに離れた最後方から追走
道中は脚を溜めることに専念し、折り合いながら最後方で構え
4コーナーから外を回して進出しますが、直線入り口で内にいた馬が進路を確保するため馬体を寄せられ
大外から3F34.0の上がり3位の脚で伸びますが、残り100mで脚が止まり0.5秒差の5着

【ラップタイム】
13.1 – 11.7 – 12.7 – 12.2 – 11.8 – 13.1 – 11.8 – 11.6 – 11.3

【今回のポイント】
・7ヶ月休養明け+出遅れて離れた最後方からの位置取り
・残り100mで脚は止まったが、成長が大きく見えての5着健闘

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・東京開催
2戦連続で出遅れて行き脚がつかず、厳しい位置取りからのレース続き
直線はいい脚が使えたのは収穫で、現状はゆったりと運んで脚を溜めて直線で生かす競馬がベスト
もう少し前でポジションが取れるのが理想ですが、引き続き「東京1800m」でチェック
初戦は道悪で力は出しきれずだったので、「良馬場」で改めて期待

・上積み
昨年6月の福島から7ヶ月の休養明け
休み明けで乗り込みは少なく、軽めの調整で良化途上で好走
休み明けの分、最後は脚が止まったので叩き2戦目の良化に期待
叩きに強い国枝厩舎なので、次走は上積みがあるかをチェック

◆ガルナッチャ[6着:4人:差し]

出負けして中団で追走
道中はスローペースの馬群のなかで、折り合ってレースを運び
直線は進路が開かずに外に出したが、外から被されて追い出せず
更に外に出して残り200mを過ぎたところで追い出しますが、脚を余らせる形で0.5秒差の6着

【ラップタイム】
13.1 – 11.7 – 12.7 – 12.2 – 11.8 – 13.1 – 11.8 – 11.6 – 11.3

【今回のポイント】
・直線でスムーズを欠き、脚を余らせましたが0.5秒差の内容

ガルチ
ガルチ
次走のポイント!

・中山芝1800~2000m
今回は良馬場の東京開催でラスト3Fが加速ラップの瞬発戦
直線はスムーズを欠いて脚を余らせましたが、キレる脚はないので展開厳しいなかで0.5秒差
3戦連続勝負どころでスムーズを欠く内容
力は出しきれてませんが、上位争いまで食い込めてるので力は十分にあります
キレる脚はなく、長くいい脚が使えるのが特徴
次走は「中山芝1800~2000m」でチェックし、「道悪」なら大歓迎
能力はあってしっかり上積みはあるので、そろそろ勝負どころでスムーズにレースを運んでほしい

■東京6R 3歳未勝利(13:00~) 芝2400m

該当馬なし

■先週の記事

タイトルとURLをコピーしました