3/21(日) 中山予想

スポンサーリンク
中山予想

3/21(日) 中山予想


⬆️クリックのご協力お願いします⬆️


■オススメ予想〈★★★〉

↑中山のオススメ予想はこちらから↑


■推奨レース〈★★☆〉

◆中山1R 3歳未勝利 [10:10~] ダ1800m

【本命】

◎③クールマニワ

●2走前の内容[2歳未勝利:中山ダ1800m]
スタートを決めてから行き脚がついて番手で追走
道中はリズムよく運べてましたが、3角手前で大外から来られて一緒に動き
早くも先頭に立って直線に入り、最後まで粘りを見せますが後続に交わされ0.8秒差の5着

1000m通過1:04.8のHペース
押し出される形で早く動くことになり、先行勢が崩れる展開のなか5着の粘りに評価

考察
[前走] 3歳未勝利(中山ダ1800m)
ゲート内で立ち上がり、発馬機内で転倒して疾病(右後肢跛行)を発症したため競走除外

[3走前] 2歳新馬(東京ダ1600m)
好スタートでしたが芝部分でダッシュがつかず、ダートに入ってから行き脚がついて番手で追走
道中はいい形で運べてましたが、4角で外から来られて早く仕掛ける形となり
直線に入って最後まで踏ん張り0.6秒差の5着

〈 ビーカレイジャス組:東京ダ1600m 〉
1着 ビーカレイジャス [3歳1勝クラス:3着]
2着 タイセイスラッガー [3歳1勝クラス:1着]
4着 スズカビーチ [3歳未勝利:1着]
5着 本馬
6着 ボレロ [3歳未勝利:2着]

上位馬が昇級しても活躍が見えるHレベル戦
トモに緩さを残して良化途上のなか5着に健闘

発走調教再審査となって練習を積み重ねて合格
そのまま滞在して乗り込み、動きは平凡ですが鞍上の武士沢騎手が入念に乗り込んで仕上げてきています
ゲートは速くていいスピードを持ち、持久力はあるので小回りの中山ダ1800mは合っています
メンコ着用の効果にも期待し、スピードを生かした競馬で前走以上の走りに期待


◆中山4R 3歳1勝クラス [11:40~] ダ1200m

【本命】

◎⑭セルフメイド

●前走の内容[3歳1勝クラス:中山ダ1200m]
好スタートでしたが外の馬が譲らず、競った後に控えて番手で追走
3角から早くも追っ付ける形となって手応えが怪しく、直線はしぶとく脚を伸ばし0.7秒差の3着

600m通過33.9のHペース
休み明け+前半で逃げた馬と競った分、最後は粘りに影響しながらも3着に健闘
勝ち馬の相手が悪いなか、逃げた2着馬と3/4馬身差まで詰めた内容は評価

考察
昇級してからのオキザリス賞(東京ダ1400m)、カトレアS(東京ダ1600m)は距離が長く
父サウスヴィグラスを迎えた産駒なので本質的に短距離ダートの血統
前走は初のダ1200mでしたが速いペースに対応にして、休み明け+厳しい展開になりましたが3着に踏ん張って力を示しています

ひと息を入れてから坂路の動きが良化し、5F51.5-11.9の抜群の動きで成長が見えます
休み明けを叩いた上積みが見込めるので前走以上の仕上がり
前走のような積極的にスピードを生かした競馬が合っているので、脚抜きのいい馬場は味方になるはずです
メドの立つ走りはできているので引き続き中山ダ1200mで期待


■気になるレース〈★☆☆〉

◆中山3R 3歳未勝利 [11:10~] ダ1800m

【本命】

◎②モンサンレックス

●考察
[4走前] 2歳新馬(中山ダ1800m)
好スタートから先行しましたが大外枠がアダとなり、ポジションが取れずに控えて好位の後ろで追走
道中は砂被りは問題なく折り合いながら運び
3角は内でごちゃついて動けずに待たされ、4角で大外に出してから追い出しを始め
直線は内に刺さりながらも修正し、しぶとく脚を伸ばしましたが勝ち馬に突き放され7馬身差の2着
勝ち馬に圧勝されて相手が悪く、ひと叩きが足りずに緩さが残る仕上がりのなかで地力の高さを見せています

近2走は中山ダ1800mを使いましたが内容は平凡
今回は雨予報で脚抜きがよくなるため、4走前に好走した同様の馬場で改めて見直し
芝スタートよりもオールダートの方がスピードに乗りやすく、中山ダ1800mの条件は合っています
内枠を引いて行く馬もいないので、そろそろもう1列前を狙って積極的なポジション取りができれば
この顔ぶれならチャンスはあるので、道悪を味方にして期待したい

 

◆中山10R 千葉S [15:10~] ダ1200m

【本命】

◎⑦ロードラズライト

●考察
[前走] 大和S(阪神ダ1200m)
スタートを決めて中団で追走
道中は馬混みで折り合いましたが、3~4角で進路が開かずに追い出せないままポジションが下がり
直線に入ってもごちゃついて外に切り替えましたが捌けずに0.8秒差の10着
全体的にスムーズを欠いて力を出しきれずに度外視

[2走前] ジャニュアリーS(中山ダ1200m)
スタートを決めたが行き脚がつかずに中団の後ろで追走
3~4角は外4を回しながらロスが多く、直線に入ったところで後方まで下がりましたが、外からいい脚を使って差を詰め1.1秒差の3着(同着)
600m通過32.9のHペースの流れに乗れませんでしたが、最後はいい脚を使って差を詰めれた内容は評価

中山ダ1200m【1-0-2-0】
勝ち馬の相手が悪かったですが、2着に0.1秒差まで詰めてオープンでも差のない競馬ができています
今回は得意の中山ダ1200mの舞台に戻って期待
先行勢が多い顔ぶれでHペースを想定し、控える競馬もできましたが中団より前の位置取りで脚を溜めることが理想
中間の坂路で5F50.5-12.7の好時計をマークし、更に状態を上げて仕上がっています
ハンデ戦で斤量54㎏は魅力があり、前が崩れる展開ならチャンスはあるので期待したい

 

◆中山11R スプリングS [15:45~] ダ1200m

【本命】

◎⑥アサマノイタズラ

●考察
[前走] 水仙賞(中山芝2200m)
スタートを決めましたが控えて中団で追走
道中は行きたがる面を見せ、インで抑えながらロスなく立ち回って運び
3~4角は内でスペースが開かず、追い出しを待たされて後方のポジションまで下がり
直線も詰まって追い出せないまま0.4秒差の4着
1000m通過1:05.0のSペース
道中は遅いペースのなか、内で我慢をきかせながら脚を溜めましたがスムーズを欠き
脚を余らせて不完全燃焼でしたが、0.4秒差まで詰めて昇級初戦で力を示せています

前走は不完全燃焼に終わりましたが、嶋田騎手が「距離はもつ」と言ってたように芝2200mをこなしたのは収穫
距離短縮は歓迎でヴィクトワールピサ産駒の非根幹距離は好条件
使いつつ気持ちが入って良くなり、更に叩いて上積みはあるので万全な態勢
鞍上には強気に乗ってもらいたい」(手塚調教師)
デビューからコンビを組んでいる嶋田騎手が継続で重賞初挑戦
ここは強気に行くと信じ、スムーズな競馬ならチャンスはあるはずなので期待したい

【相手候補】
◯①ランドオブリバティ
▲⑨ロードトゥフェイム
△⑭ヴィクティファルス

タイトルとURLをコピーしました