3/13(土) 中山予想

スポンサーリンク
中山予想

3/13(土) 中山予想


⬆️クリックのご協力お願いします⬆️


■推奨レース〈★★☆〉

◆中山2R 3歳未勝利 [10:35~] ダ1800m

【本命】

◎⑫カツノサンキュウ

●前走の内容[2歳未勝利:中山ダ1200m]
スタートを決めたが控えて好位の後ろで追走
序盤に抑えた影響で引っ掛かりましたが、その後は馬混みで落ち着いて運び
いい手応えで立ち回ってましたが、4角で進路が開かずに追い出しを待ちながらポジションが下がり
直線に入っても前が壁でブレーキをし、最後まで追っ付けるのみで0.8秒差の6着

勝負どころで前を捌けずにスムーズを欠き、直線に入っても追い出せずに脚を余らせた内容で度外視

考察
[2走前] 2歳未勝利(中山ダ1200m)
好スタートからでしたが内のテンが速く好位の後ろで追走
4角で内にいた馬が斜行したため少し外に膨れ、直線は内に刺さって修正しながら脚を伸ばし0.2秒差の5着
勝ち馬ハコダテブショウは1勝クラスを制し、3着トランザクトも未勝利を勝ち上がり、上位馬が活躍するなかで追ってからの反応がいまひとつでしたが健闘しています

馬具の着用などで陣営は工夫を重ね、ふらつく面は解消されてレースを重ねる毎に走りは良くなってきています
引き続き三浦騎手とのコンビで、最終追い切りで跨がってしっかりと感触を掴んでいます
前走はスムーズを欠いて脚を余らせましたが、スムーズなら勝ち上がるポテンシャルは持ってるので巻き返しに期待


◆中山4R 3歳未勝利(牝) [11:35~] ダ1200m

【本命】

◎①ノアファンタジー

●前走の内容[3歳未勝利:東京ダ1400m]
ゲートにモタれながらのスタートでしたが無事に決まって好位3番手で追走
3角で進路が狭くなってブレーキが掛かって5~6番手にポジションが下がり
4角で外に出してから直線でじわじわと脚を伸ばし0.3秒差の3着

600m通過36.3のMペース
先行馬が楽に運んで前有利の展開
前半で窮屈な競馬となって1列後ろに下がったことが致命的となり、先行した上位馬が残る展開で0.3秒差まで詰めた内容は評価

考察
[2走前] 3歳未勝利(東京ダ1600m)
好スタートから好位5番手に控えて追走
道中は馬混みで折り合って運べましたが、4角で包まれて動けずに追い出しを待たされ
直線に入っても前のスペースがなく、残り400mで外に切り替えてから脚を伸ばし0.2秒差の4着
1600メートルが少し心配でしたが、最後まで脚を使ってくれました」(柴田善騎手)
距離を延ばしてタメが利くかを試しましたが、手応えよりも最後は弾けずにダ1600mは距離が長かった印象
勝負どころでスムーズを欠きながらも0.2秒差まで詰めて健闘しています

3走前のダート替わりで同舞台(中山ダ1200m)を使い、出遅れたことが敗因で力を出しきれず1.3秒差の10着と度外視
ダート路線に変更してからスムーズを欠いて力を出しきれず、スムーズなら勝てるポテンシャルはあります
父ディスクリートキャットは短距離ダート向けの種牡馬なので中山ダ1200m戻りは歓迎
スタートは速くて先行力はあるので、なるべく前目の位置取りでスムーズな競馬ができれば
稽古の動きは抜群にいいので、中山ダ1200m+牝馬限定戦で期待したい


■気になるレース〈★☆☆〉

◆中山1R 3歳未勝利(牝) [10:05~] ダ1800m

【本命】

◎⑤モモエチャン

●考察
前走(中山ダ1800m)はスタートは決まりましたが、砂を被って流れに乗れず中団で追走
1角に入るところで砂被りに慣れて、道中はインで落ち着いてロスなく立ち回り
3角で前のスペースが開かず、追い出しを待ちながら4角で開いたインから進出
直線は上がり2位の末脚で差を詰めて1.1秒差の5着
前半の位置取りがポジションが厳しくなり、前有利の展開でしたが内から差を詰めて見せ場は作れています
一息を入れて成長は見えましたが、調教時計は物足りずに良化途上の仕上がり
叩いた上積みは見込めるので前走以上に期待が持てます
砂被りはある程度慣れてるはずなので、前半である程度ポジションを取っていい脚を使うことができれば
引き続き中山ダ1800m+牝馬限定戦で小林脩斗騎手とのコンビで期待

 

◆中山9R 鎌ヶ谷特別 [14:35~] ダ1800m

【本命】

◎⑧アポロティアモ

●考察
前走(東京ダ2100m)は好スタートから控えて好位3番手で追走
3~4角を外3で回していい形で運べてましたが、直線に入ってからもうひと伸びができず0.5秒差の5着
先行勢が崩れる展開のなか最後まで踏ん張り、昇級戦でメドの立つ走りはできています
今回は乗り慣れてる中山ダ1800mで見直したい
6走前の1勝クラス(中山ダ1800m)で好スタートから先頭に立ち、道中は番手にいた勝ち馬にびっしりと外からプレッシャーを掛けられ
3角から早めに仕掛けて抜け出しを図りましたが、直線の競り合いに敗れて1/2馬身差の2着
走破時計1:53.1は優秀で、1勝クラスを勝ち上がるのに時間は掛かりましたが、この内容であれば2勝クラスも勝てるポテンシャルを持っています
特徴を掴んでる横山武史騎手に戻り、慣れが見込める昇級2戦目で前走以上の走りに期待

タイトルとURLをコピーしました