3/6(土) 中山予想

スポンサーリンク
中山予想

3/6(土) 中山予想


⬆️クリックのご協力お願いします⬆️


■推奨レース

◆中山2R 3歳未勝利 [10:40~] ダ1200m

【本命】

◎⑬ヤマイチキャプテン

●前走の内容[3歳未勝利:小倉ダ1700m]
スタートを決めて好位3番手で追走
道中は外3を回しながら砂を被らせずに運び
3角から早めに追っ付けて、直線はじわじわと脚を伸ばし1.8秒差の4着

楽に前へ行けたけど、初めての距離で戸惑っていましたね」(秋山稔騎手)
短距離だと脚が溜まらないということで距離延長しましたが、初の距離で戸惑って力を出しきれないなかで4着に健闘

考察
前走の小倉遠征で-12㎏と大幅に減り
レース後に立て直してから南W・坂路とも動きは良く、最終追い切りに鞍上の横山琉人騎手が跨がって感触を確かめ
喉の手術でデビューが遅れてきた馬ですが、キャリア5戦目の今回が一番いいデキと見ます

中山ダ1200m→③④⑥着
砂被りを嫌がる馬なので外を回すロスが多いなか、最後までしっかり脚を使って差を詰めれています
勝ち上がるポテンシャルを持ち、乗り慣れてる中山ダ1200mで見直し
今回は新人の横山琉人騎手が初めての騎乗なので、積極的に前目に行くはずです
慣れている中山ダ1200m戻り+デキの今回に期待したい


◆中山4R 3歳1勝クラス [11:40~] ダ1200m

【本命】

◎⑬プリティインピンク

●前走の内容[3歳1勝クラス:中山ダ1200m]
スタート直後に寄られて外に少し膨らみ、大外枠の影響でポジションが取れず控えて中団で追走
道中は馬混みで砂被りは問題なく運び
直線は内の方から上がり2位の末脚で差を詰めて0.3秒差の4着

当日は雨で午後からダートは稍重に変更されましたが、1日を通して時計は掛かる状態で600m通過33.6のHペース
速いペースで前残りの展開でしたが最後まで差を詰め、前半の不利+外枠の影響でポジションが取れないなかで0.3秒差は評価

考察
ダ1200m→④①②②着
現状は短距離ダートの適性が高く、前走は適条件に戻した昇級初戦は0.3秒差まで詰めて力を示しています
課題であるゲートが決まれば勝ち負けできるチャンスはあります
ここを目標に乗り込んで調整し、小柄な馬なので馬体重を減らさないように仕上げて好調キープ
引き続き減量騎手起用で斤量51㎏は魅力があり、スタートを決めて斤量を生かした競馬ができれば
短距離ダートで改めて期待


◆中山6R 3歳未勝利 [13:05~] 芝1800m

【本命】

◎①ファユエン

●前走の内容[3歳未勝利:東京芝1800m]
スタート直後に流れに乗れず後方3番手で追走
道中はインでロスなく立ち回りながらじっくりと構え
直線の入り口から追っ付けながら内のスペースがなく、外に切り替えましたが進路が開かず
追い出しを待たされて残り150mで狭い間を割り、抜け出してから最後は一瞬の脚を使って0.6秒差の4着

脚を余らせながらも3F33.4の脚を使い、最後は見せ場のある伸びは評価
スムーズに加速できてれば上位馬と際どかったかもしれません

考察
ひと息入れて体質面が強化し、体力面も成長して芝1800mは問題なくこなしています
直線でスペースが開いてからいい脚を使い、上がりの速い決着に対応できて次に繋がる競馬はできています
休み明けで乗り込み量は多かったですが、反応はいまひとつで良化途上
中2週でレースを使った上積みは見込めて前走以上の仕上がり
勝ち上がる力は十分にあるので、中山芝1800mでスムーズな競馬に期待


■気になるレース

◆中山7R 4歳以上1勝クラス [13:35~] ダ1200m

【本命】

◎⑬コーリングローリー

●考察
前走(中山ダ1200m)は出遅れて中団で追走
前半は砂を被って嫌がる素振りを見せ、その後は落ち着いてインでロスなく立ち回り
4角で内の進路が開かずに追い出しを待たされ、直線に入っても進路が開かずに追い出せないまま1.1秒差の13着
勝負どころで捌けずに脚を余らせて度外視
控える競馬が板につき、テンが流れる中山ダ1200mの舞台は本馬に合っています
折り合いがついて脚を溜め、展開次第ですが1勝クラスでも通用するレベル
ひと息入ったけど好仕上がり」(小野調教師)
陣営の納得の仕上がりで、ベテランの柴田善臣騎手を迎えて期待したい

【相手候補】
◯⑪タイキスウォード
▲④エアダンルース

 

◆中山10R 上総S [15:10~] ダ1800m

【本命】

◎①フィールザファラオ

●考察
前走の銀蹄S(東京ダ1400m)はスタートは決まりましたが、進路が狭くなって控えて後方2番手で追走
道中はダ1400mの流れに乗れず、ポジションをキープするのに苦労しながら運び
直線の入り口で外に出してから追い出し、最速上がりで最後まで差を詰めてタイム差なしの3着
久々のダ1400mで追走に苦労しましたが、3F34.4の鋭い末脚で僅差まで詰めた内容は評価
成績が低迷してましたが、距離短縮できっかけが作れたかもしれません
今回は走り慣れてる中山ダ1800mに戻り 
昨年の上総S(7走前)は4角で大外を回しながら外に膨らむロスがあって0.6秒差の6着
ロスの響いた競馬になりましたが、アシャカトブやレッドフレイ相手に0.6秒差といい競馬ができています
引き続き柴田善臣騎手とのコンビですが、今回は3週連続で乗り込むほど熱心に仕上げてきています
展開次第ですが末脚に期待したい

 

◆中山12R 4歳以上2勝クラス [16:25~] ダ1800m

【本命】

◎⑮ベルジュネス

●考察
前走(阪神ダ1800m)は出鞭を入れながら行き脚をつけて好位4番手で追走
2角で大外からワイドソロモンがまくってが展開が動き、ペースアップして向正面から早くも追っ付けて3~4角も忙しい競馬になり
直線はじわじわと脚を伸ばし1.4秒差の4着
上位馬に離されてしまいましたが、ラストまで踏ん張って3着とクビ差まで詰めて健闘
レース後に放牧に出して立て直した効果は大きく、坂路で最内ですが5F51.3-12.2の好タイムで自己新をマーク
併せ馬に大差で先着する動きで態勢は整い、休み明けですがしっかりと動ける状態に仕上がってます
時計の掛かる馬場がベストですが、8走前の1勝クラスで速い時計での決着のなか1.1秒差の4着と健闘
多少馬場が渋っても問題はなくこなし、現級でメドの立つ走りはできているのでスムーズな競馬に大外から期待

【相手候補】
◯⑥カフェスペランツァ
▲⑫インナーアリュール

タイトルとURLをコピーしました