2/21(日) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

2/21(日) 東京予想


⬆️クリックのご協力お願いします⬆️


■東京5R 3歳1勝クラス [12:25~] 芝1600m

【本命】

◎⑥セラフィナイト

●前走の内容[シンザン記念:中京芝1600m]
後方3番手にポジションを下げて追走
3~4角は内の痛んだ馬場を通りながら気を使い、直線入り口で大外に出して上がり2位の末脚で差を詰め0.7秒差の5着

馬場を気にしてポジションが下がってしまったことが敗因
前残りの展開で最後は見せ場のある末脚で差を詰め、昇級初戦が重賞でしたが5着に健闘

●考察
[2走前] 2歳未勝利(東京芝1600m)
スタートを決めて中団に控えて追走
道中は馬混みで折り合いながら脚を溜めて運び
直線は開いた真ん中から脚を伸ばし、先行して先に抜け出してた馬を内から交わして1.1/4馬身差の勝利
ラスト2F加速ラップ(11.7-11.3)で、上がり3F33.7の末脚で差しきった内容は高く評価
前日の赤松賞(1勝)を制したアカイトリノムスメと同じ時計で、上がりの速さは本馬の方が上回っています

今回は好内容で快勝してる東京芝1600に戻り、良馬場は大歓迎で条件は揃っています
更に動きは良化して前走以上の仕上がっており、いまの東京の芝で決め手勝負になれば力は上位
東京芝1600m+良馬場で改めて期待


■東京7R 4歳以上1勝クラス [13:25~] 芝1800m

【本命】

◎⑯ウインアルカンナ

●前走の内容[4歳以上1勝クラス:東京芝1800m]
好スタートから先頭に立ち
道中はリズムよくマイペースに運び、いい手応えのまま直線に入って逃げ粘り0.5秒差の4着

1000m通過1:02.5のSペース
ハナを奪って楽なペースで逃げましたが、最後は11.1-11.2-11.4の上がりの速い決着となってキレ負けしたことが敗因

●考察
中間でテンションが上がったため、ガス抜きをするために短期放牧に出し
すぐに戻しましたが短期放牧を挟んで落ち着きを戻し、いい精神状態で今回は臨めます

現状はハナに立ってマイペースに運ぶことが理想ですが、前走のように少し溜めてしまうとキレ負けをするのである程度流して運ぶことができれば
難しい馬なのでテン乗りが鍵ですが、松山騎手に乗り替わりは魅力
陣営は特徴を細かく伝えると言うことなので、積極的に運べる騎手なので早めに仕掛けて押しきる競馬が理想
昇級してから安定した走りですが、ワンパンチが足りないので松山騎手乗り替わりで新味に期待


■東京12R 大島特別 [16:25~] ダ1400m

【本命】

◎⑯オーロラテーソロ

●前走の内容[4歳以上2勝クラス:東京ダ1400m]
スタートを決めましたが先行争いが激しくなり、控えて内の好位4番手で追走
道中はインで折り合いながらロスなく立ち回り
直線でスペースが開かずに追い出しを待ち、残り200mで内からしぶとく脚を伸ばし0.2秒差の4着

休み明けで緩さを残す仕上がり
インで窮屈な競馬になりましたが、最後は盛り返して差を詰めた内容は評価

●考察
[3走前] 3歳以上2勝クラス(東京ダ1400m)
好スタートで一旦はハナに立つが、内から主張されたため控えて3番手で追走
道中の砂被りは問題なく、我慢させながら3~4角を外3で回しながら手応えよく直線に入り
じっくりと追い出しを我慢して仕掛け、勝ちパターンでしたが勝ち馬の決め手に敗れて1.1/4馬身差の2着

〈 3歳以上2勝クラス:東京ダ1400m 〉
1着 スリーグランド [バレンタインS(OP):1着]
2着 本馬
3着 カミノコ [赤穂特別(2勝):1着]
4着 ホッコーライデン [3歳以上2勝クラス:1着]

上位馬がすでに2勝クラスを勝ち上がり、0.2秒差の勝ち馬スリーグランドはオープンクラスを勝利
脚抜きのいい馬場でしたが走破時計1:22.8は優秀で、Hレベル戦で2着に好走してメドの立つ内容

東京ダ1400m【1-1-0-2】
2走前の河口湖特別(東京ダ1400m)はスタート直後に挟まれ、道中は馬混みで揉まれて力を出しきれずに1.6秒差の15着で度外視
相性のいい東京コースでダ1400mはベストの条件

展開的にリュクスウォリアーがハナを主張し、アストロブレイクが番手に控えてペースは速く流れることを想定し
自分の形で運べば控えても問題ないので、外から揉まれずに運ぶことができれば
1勝クラスでコンビを組んで勝った福永騎手に戻り、外枠の東京ダ1400mで見直したい


■気になるレース

■東京1R 3歳未勝利 [10:05~] ダ1400m

【本命】

◎⑫アポロスマイル

●考察
前走(東京ダ1600m)はスタートを決めて好位3番手で追走
手応えよく直線に入りましたが、先行していた2頭に突き放されて2.1秒差の4着
勝ち時計1:37.4は3歳未勝利としては破格の時計
上位2頭が非常に優秀で相手が悪く、3着馬に1/2馬身差まで粘った内容は評価したい
3着確保に見えましたが残り200mを過ぎたところで甘くなり、ダ1600mは距離が長かった印象

祖母リメレンスの母父がSeeking the Gold、父アポロキングダムの父父Lemon Drop Kidを持つ米国血統
牝馬としては大型で力の要る馬場は合っており、いまのタフな東京の馬場は歓迎
中山ダ1800m→東京ダ1600mと距離が長く、②③④着と安定した走りをしている東京ダ1400mはベスト
引き続き横山武史騎手とのコンビは魅力で
追ってからしぶとくジワジワという感じだった」(横山武騎手)
と前走でしっかりと特徴を掴んでいます
今回の相手は緩和され、行く馬もいないので外から前へ積極的に狙いに行ってくれるはずです
相性のいい東京ダ1400mに条件を戻して期待

 

■東京4R 3歳未勝利 [11:35~] 芝2400m

【本命】

◎⑬ホウオウハイエスト

●考察
新馬戦(福島芝2000m)は追い切りの本数は少なく、全体的に緩さを残して未完成の状態で5.1秒差の14着と度外視
成長を促すために放牧に出し、5ヶ月の休養明けで大幅に成長して帰厩
2走前(中山芝2000m)はダッシュがつかず中団の後ろに控えて追走
3角でインに入れてポジションが下がり、直線は内から脚を伸ばして0.8秒差の5着
勝負どころでスムーズに加速ができず、直線でも窮屈になりながら最後まで差を詰めた内容に評価
初戦とは馬が違う」(奥村調教師)
大型馬なので緩さを残しながらも成長して戻り、窮屈な競馬になりましたが最後はいい脚は使えています

前走(中山芝2200m)はスタート直後に進路を塞がれて一旦ポジションを下げ、外から中団まで位置を上げて追走
道中は外3~4を回しながらロスが多く、4角で進路が狭くなってうまく加速ができず
直線は外からじわじわと脚を伸ばし1.0秒差の6着
トモが甘くてコーナーで加速できずに位置が下がってしまったことが敗因
今回は東京を目標に調整し、更に使った上積みは大きく稽古の動きは大幅に良化
本格化はまだ先ですが前走以上の仕上がり
前走の中山芝2200mは外を回し、ロスの多い競馬になりましたが問題なくこなしています
東京のコース替わりで期待したい

【買い目】
◯⑮ヒシシュシュ
▲⑦ジジ
△②エクスインパクト

タイトルとURLをコピーしました