2/14(日) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

2/14(日) 東京予想


⬆️クリックのご協力お願いします⬆️


■東京3R 3歳未勝利 [11:10~] ダ1600m

【本命】

◎⑬ショウナンカホウ

●前走の内容[3歳未勝利:中山ダ1800m]
スタートを決めたが二の脚がつかずに中団の後ろで追走
前半のペースが遅く、行きたがるのを抑えて折り合いを欠きましたがその後は向正面で落ち着き
3~4角外を回しながら4角で早めに追い出し、直線はじわじわと差を詰めて0.5秒差の5着

1000m通過1:03.7のMペースで前半は遅く、その後はペースは加速して流れに乗れず
前残りの展開になりましたが、最後までしぶとく脚を伸ばして0.5秒差まで健闘

●考察
[2走前] 2歳新馬(中山ダ1800m)
1000m通過1:07.3の超Sペースで、楽に運んだ勝ち馬の逃げきり勝ち
2着スクリーンプロセスは次戦で勝ち上がり
上位馬の決め手に敗れましたが、ひと叩きが足りず良化途上のなか0.6秒差の3着は健闘

馬体重542㎏の大型馬でパワー型
力強いフットワークで跳びは大きく、ワンターンの東京コースは向くはずです
力の要るパサパサの良馬場は歓迎で、冬場のいまの馬場はベストの条件
大型の叩き良化型で成長の余地は十分にあり、最終追い切りにクイーンCを制したアカイトリノムスメと併せて追走する形から併入する動き
状態を更に上げて仕上げてきています
横山武史騎手に乗り替わり魅力で、東京替わりで改めて期待したい


■東京5R 3歳未勝利 [12:30~] 芝1800m

【本命】

◎⑥コールデンシロップ

●前走の内容[2歳新馬:東京芝1800m]
出遅れて中団から追走
道中は馬混みで折り合いながらリズムよく運び
3~4角は内の悪い馬場を通って、直線は外からしぶとく脚を伸ばし0.3秒差の4着

〈 ヴァイスメテオール組:東京芝1800m 〉
1着 ヴァイスメテオール [京成杯(GⅢ):4着]
2着 シテフローラル [未勝利:2着]
3着 ロックオンエイム [未勝利:1着]
4着 本馬
5着 フミチャン [未勝利:1着]

1000m通過1:05.4のSペースで上がりの速い決着
ラスト2Fが加速ラップ(11.2-11.2)で上位の決め手が優秀
3、5着馬が勝ち上がるHレベル戦で、決め手に敗れましたが0.3秒差と力を示した内容に評価

●考察
馬体重530㎏の大型馬で緩さを残し、成長途上で初戦向きではないなかでHレベル戦で4着に健闘
初戦は思った以上に走ってくれた」(太田助手)
陣営も想像した以上に内容は濃く、馬混みでも我慢できてレースセンスのある走り
大型の叩き良化型なので1月に初旬に帰厩してから1ヶ月間じっくりと乗り込み
2週連続で意欲的に追い込み、しっかりと負荷を掛けながら反応に応えて前走の以上の動き
寒い時期ですが乗り込み量は多くて厳しい稽古を積み、初戦は緩さがあったので馬体が引き締まって成長していることに期待

新馬戦で2着シテフローラルとの再戦ですが
成長途上だった前走よりも上積みが大きく見込めて、成長している今回なら0.2秒の着差は逆転の可能性は高く
レースを使って更にギアは上がるはずなので、上がりの速い決着でも対応はできるはず
大型馬なので完成はまだまだ先ですが、叩いての上積みが大きい2戦目で前走以上の走りに期待


■東京7R 4歳以上1勝クラス [13:30~] 芝2400m

【本命】

◎⑪サクラヴァルール

●前走の内容[4歳以上1勝クラス:東京芝1800m]
出遅れて後方から追走
道中はインで折り合いながらロスなく立ち回り
3~4角は内で進路が開かずに追い出しを待たせれて最後方まで下がり、直線は残り300mから追い出して差を詰め0.9秒差の8着

1000m通過1:02.5のSペースで前残りの展開
最後方の厳しい位置取りから展開が向かず、3F33.4の上がり2位の末脚を使えたことは収穫

●考察
[2走前] 栄特別(中京芝2000m)
スタート直後に躓き気味のスタートで中団の後ろから追走
4角で外に出して手応えよく直線に入りましたが、入り口で内の馬が外側に斜行して外に膨れる大きな不利を受け
再度加速して脚を伸ばし1.0秒差の8着
大きな不利を受けて力を出しきれず度外視

昇級してからの近2走は不利や展開不利で力を出しきれずで悲観することなく、距離延長の芝2400mで変わり身に期待が持てます
ゆったりと折り合い重視で脚を溜められる条件なので本馬に合っています
本馬はトニービン(父ジャングルポケット)を持つ血統
東京競馬場の芝コースはトニービン産駒の庭」 、「府中の鬼」と格言があるように東京芝2400mは狙えます
成長してから上がりの速い脚を使えるようになり、スムーズな競馬ができればチャンスは十分にあります
本馬と5戦コンビを組んでいる横山典弘騎手に戻るのはプラス
クラス慣れも見込める3戦目に期待したい


■東京9R 初音S [14:35~] 芝1800m

【本命】

◎⑤アクアミラビリス

●前走の内容[サンタクロースH:阪神芝1600m]
出遅れて後方2番手で追走
3~4角は外3を回しながらじっくりと脚を溜めながら構え
直線に入ると前のスペースが開かず、最後まで追い出せずに脚を余らせて0.5秒差の7着

直線でスムーズを欠いて不完全燃焼でしたが、ハンデ戦の斤量55㎏で脚を余らせながら0.5秒差まで詰めて健闘しています

●考察
[2走前] ユートピアS(東京芝1800m)
スタートを決めて好位で追走
道中は前に壁を作って我慢させながら運び
いい形で直線に入って外から抜け出そうとしましたが、周囲に馬がいない影響で集中力が途切れ
残り400mを過ぎたところで勝ち馬との叩きあいに敗れて0.3秒差の3着
2着ドナアトラエンテは次走で勝ち、すぐにOPを果たした相手にクビ差の内容
勝ちパターンでしたが休み明け+集中力を欠くなかで0.3秒差は評価

小柄な牝馬なので馬体重の増減が鍵
短期放牧を挟んで立て直して少し馬体は大きくなり、2週連続で長めにCWで乗り込んで負荷を掛けて順調な仕上がり
今回は相性のいい東京コースに戻り、ヴィクトワールピサ産駒の非根幹距離+3着の実績のある東京芝1800mは歓迎
牝馬同士なら力は上なのでチャンスは十分にあります
いい加速力を持ってるので、しっかりと脚を溜めて直線でスムーズに加速できれば
引き続きデムーロ騎手のコンビはプラスで、得意の舞台で巻き返しに期待

■気になるレース

■東京1R 3歳未勝利 [10:10~] ダ1300m

【本命】

◎⑫ステイホームバブル

【考察】
前走の新馬戦(中山ダ1800m)は行き脚がついて番手で追走
前半は我慢させて掛かり気味になりましたが、その後は落ち着いて逃げ馬を見ながら運び
いい形で直線に入りましたが伸びを欠き1.4秒差の7着
1000m通過1:07.3のSペースで先行勢が有利の展開でしたが、ラストは上がりの速い決着で脚を使えなかったことが敗因
モーリス産駒のダートを買うなら直線の長い東京コースが狙いで、距離は長い印象だったので距離短縮はプラス
叩いて稽古の動きは良化して上積みはあります
条件が向かないなかピュアジャッジ組で7着に健闘し、松山騎手を確保して東京コース+距離短縮の条件変わりで狙ってみたい

【相手候補】
◯⑮ラインオブフェイト

 

■東京4R 3歳1勝クラス [11:40~] ダ1600m

【本命】

◎②ビーカレイジャス

【考察】
前走の黒竹賞(中山ダ1800m)は好スタートでしたが控えて後方3番手で追走
3~4角を外5で回してロスが多く、直線は伸びを欠いて1.9秒差の9着
体が減っていた影響もあったのかも」(手塚調教師)
馬体重が10㎏減で大幅に減った影響と陣営は敗因を挙げています
跳びが大きい走りなので中山は合わず、昇級初戦は大敗でしたが悲観する内容ではありません
今回は新馬戦で勝っている東京ダ1600mに戻り、力強いフットワークで跳びが大きいので冬場で力の要る馬場+ワンターンの東京は合っています
新馬戦の2着タイセイスラッガーは未勝利→1勝クラスを連勝してる相手に1.1/2馬身差で勝利
好位4番手で運んでましたが3~4角は内で追い出しを待たされ、直線に入ってもスペースが開かずにスムーズを欠き
残り200mでようやく追い出してから一瞬で交わし、最後は余力を残しながら時計以上に強い内容
東京ダ1600mに戻れば違うので見直したい

 

■東京12R 4歳以上2勝クラス [16:25~] ダ1400m

【本命】

◎⑨ラティーンセイル

【考察】
5走前の1勝クラス(東京ダ1600m)を評価
好スタートから番手で追走
1000m通過1:02.5のSペースでじっくりと脚を溜め、残り400m過ぎたところで後続を離して2頭の追い比べを競り勝ち3/4馬身差の勝利

〈 ダ1600m以上の上がり3F最速[近30年] 〉
★2013年観月橋S [京都ダ1800m:1600万下]
ワイルドフラッパーが脚抜きのいい馬場(不良)のなか、3F34.7の最速上がりで逃げ切り勝ち

★2020年3歳以上1勝クラス [京都ダ1800m]
アメリカンシードが脚抜きのいい馬場(重馬場)のなか、3F34.7の最速上がりで逃げ切り勝ち

本馬は良馬場+東京ダ1600mで歴代最速タイムを記録
楽な展開だったとは言え、歴代最速の末脚を使った内容は高く評価
ワイルドフラッパーは重賞3勝し、アメリカンシードはダートに転向して3連勝でOP入り
歴代の記録に並ぶほどのポテンシャルの高さは十分にあります
4走前の昇級初戦は直線でスペースがなく追い出しを待たされ、残り150mから脚を伸ばしてクビ差の2着
OP入りを果たしたシネマソング相手に僅差で、スムーズなら勝っていた内容
2勝クラスでもメドの立つ走りはしてたがその後は大敗が続き、前走は距離短縮で変わり身を見せています
今回はルメール騎手に乗り替わりは勝負気配を感じ、初の東京ダ1400mで見直したい

【相手候補】
◯⑤トリッチトラッチ
▲⑫ワンダーマンボ

タイトルとURLをコピーしました