2/13(土) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

2/13(土) 東京予想


⬆️クリックのご協力お願いします⬆️


■オススメ予想

↑東京のオススメ予想はこちらから↑


■東京1R 3歳未勝利 [10:10~] ダ1400m

【本命】

◎⑭ハヤブサユートピア

●前走の内容[2歳未勝利:中山ダ1200m]
好スタートから内を生かして先頭に立ち
道中は外から並ばれてプレッシャーが厳しく、速いペースで息が入らずに苦しい展開
直線に入って早くも交わされますが、じふとく粘りを見せて1.0秒差の4着

暮れの中山のダートは時計が掛かり
600m通過34.2のHペース+外からプレッシャーを掛けられ、厳しい展開のなかで最後まで踏ん張って健闘しています
勝ち馬の走破時計が優秀で相手が悪く、2着に0.3秒差で走破時計1:13.2は評価

●考察
前走は初の右回り+距離短縮でしたが、ダ1200mの速いペースに対応できたことは収穫
レースを重ねる毎に着実に力をつけ、速い時計を経験して今回に繋がることができれば

展開的に初ダートのフーラリが逃げるかによりますが、理想としては先頭に立ってマイペースに運ぶこと
3走前の東京ダ1300mは中団に控えて追走し、砂被りは問題なく外からいい脚を使って0.3秒差の4着
控えても問題ないのは強味で、展開次第でハナまたは番手から運ぶことができれば

当日のテンションの高さが鍵ですが、短期放牧に出してリフレッシュさせたのはプラス
落ち着いてレースに臨むことができれば十分にチャンスはあります
デビューからコンビを組んでいる大野騎手の特徴はわかっており、2着の実績のある東京ダ1400mに戻して改めて見直し


■東京5R 3歳未勝利 [12:30~] 芝1400m

【本命】

◎⑦エンピレオ

●前走の内容[2歳新馬:東京芝1600m]
スタートを決めましたが外に膨れ、大外を走らせながら3角で好位集団と合流
3~4角で外3を回しながらいい手応えで直線に入り、残り400mを過ぎたところで先頭に立ちますが、追ってからの反応がなく伸びを欠いて1.6秒差の8着

直線は向かい風で強風のなか、3F33.4の末脚を使った勝ち馬の相手が悪く
幼い面が出て力を出しきれなかったことが敗因

●考察
まだ幼いね。追い出すとまだ自分の仕事が何なのかをわかっていなかった」(デムーロ騎手)
緩さを残して良化途上で、全体的にレースをわからずに新馬戦らしい内容
成長を促すため放牧に出し、帰厩後は南Wで負荷を掛けて乗り込んできています
1週前追い切りで鞍上の横山典弘騎手が感触を確かめ、1勝クラスの古馬相手に0.2秒先着
休み明けですが順調な仕上がり

母マチカネハヤテは芝1200mで5勝
半姉レッドアネモスはクイーンSを制した重賞馬を兄弟に持ち
父ロードカナロア×母父サクラバクシンオーの短距離血統で距離短縮は歓迎
いいスピードを持ち、レースを経験しての上積みはあるので変わり身は十分に見込めます
今回の「横山典弘(騎手)×菊沢(調教師)」は好ラインで、 乗り替わりは勝負気配を感じます
1度経験している舞台で、放牧明けの成長に大いに期待したい


■東京6R 3歳未勝利(牝) [13:05~] 芝1800m

【本命】

◎⑯スノーハレーション

●前走の内容[2歳未勝利:東京芝2000m]
出遅れましたが外から行き脚がついて好位4番手で追走
道中は外3を回しながら折り合って運び
いい形で直線に入りましたが最後は伸び悩んで0.6秒差の5着

Sペースで最後は上がりの速い決着となり、後方から追い込んだパープルレディー(3着)以外の上位馬は先行して内でロスなく立ち回った馬たちの決着
上位馬が優秀で3着パープルレディーはその後、未勝利→ゆりかもめ賞(1勝)を連勝
追ってからの反応はなくギアが上がらずでしたが、牡馬混合戦のなかで5着に健闘しています

●考察
馬体重が410㎏の小柄な牝馬
前走は馬体重を減らさずに整え、多少は良化がうかがえましたが成長途上
レース後は成長を促すためために放牧
芝、ポリトラックの追い切りから、今回は南Wを中心とした追い切りで調整
3週連続3頭併せでしっかりと負荷を掛け、最終追い切りは3勝クラスの古馬相手に楽々と併入
動きは大幅に良化して変わり身のある内容

母ココシュニックは7戦目(京都ダ1800m)で初勝利
・ステファノス → 3戦目(阪神芝1600m)
・ココスタイル → 4戦目(中山ダ1800m)
・ココファンタジア → 8戦目(小倉芝1800m)
・フィニフティ → 1戦目(新馬戦:京都芝1600m)
・リャスナ → 1戦目(3歳未勝利:京都芝1800m)
兄弟6頭デビューして5頭が勝ち上がり、同じ父ディープインパクトを持つ兄弟は全頭が勝ち上っている血統
使いつつ成長していく傾向なので、休み明けで成長している3戦目に期待が持てます
今回は乗り替わりで「デムーロ(騎手)×金成(調教師)」は好ライン
休み明けの成長+距離短縮+牝馬限定戦で変わり身に期待


■東京8R 4歳以上1勝クラス [14:05~] ダ1400m

【本命】

◎⑭カイアワセ

●前走の内容[4歳以上1勝クラス:中山ダ1200m]
スタートを決めて好位で追走
道中は前に被されて砂をもろに被り、嫌がりながら馬混みで動けずに中団まで位置を下げ
4角で外に出して直線は大外から脚を伸ばし1.0秒差の4着

600m通過35.3のHペースでしたが前残りの決着
前半で砂被りを嫌がって位置を下げ、その後は脚を溜めてラストはいい脚を使って差を詰めた内容は評価

●考察
[9走前] 3歳1勝クラス(東京ダ1400m)
ダッシュがつかずに中団で追走
道中は馬混みで砂を被りながらも落ち着いて運び
直線に入ると進路が開かずに追い出しを待たされ、残り300mで開いた内から長くいい脚を使い3/4馬身差の2着

〈 ムーランアンディゴ組:東京ダ1400m 〉
1着 ムーランアンディゴ [3勝クラス]
2着 本馬
4着 スズカコーズマンボ [3勝クラス]
5着 ミツカネプリンス [2勝クラス]
6着 ファイヴレター [2勝クラス]
8着 ハヤブサペコムスメ [2勝クラス]
9着 メイショウユリシス [2勝クラス]
13着 アポロティアモ [2勝クラス]

勝ち馬とは直線の進路取りの差
全体的に1勝クラスを勝ち上がる馬が多いHレベル戦で2着は評価
[8走前] プロヴィデンス組 → 1.0秒差の6着
[6走前] ブランクチェック組 → 1.4秒差の6着
その後も東京ダ1400m(3歳1勝クラス)のHレベル戦で着差は離れましたが健闘し、メドの立つ走りは十分にできています

近2走は復調の兆しが見える内容
ゲートの練習を積んで、ある程度スタートを決められるようになったのは成長の証
今回は久々の東京ダ1400mに戻り、2着の実績と持ち味を生かせる舞台なので期待が持てます
外枠は歓迎で引き続き小林脩斗騎手で斤量を生かして積極的に運び、息を入れながら脚を溜めて直線で生かすことができればチャンスはあります
得意の東京ダ14000mで見直したい


■東京10R 雲雀S [15:10~] 芝1400m

【本命】

◎⑪ネリッサ

●前走の内容[奥多摩S:東京芝1400m]
出遅れて後方2番手で追走
道中は後方でじっくりと脚を溜めて運び
直線に入って残り400mで外に出してから追い出し、上がり3F32.9の最速上がりで差を詰めて0.2秒差の5着

持ち味を生かすために後方でじっくりと脚を溜め、上がり3F32.9の末脚を使えたのは評価
僅差まで差を詰めてメドの立つ走りはできています

●考察
近年の雲雀Sは上がりの速い決着の傾向
[前走]奥多摩S → 上がり3F32.9
[3走前]フリーウェイS → 上がり3F33.0
[7走前]ユートピアS → 上がり32.9
[15走前]新馬戦 → 上がり3F33.1
東京芝1400m+良馬場は持ち味を生かせる舞台で、展開次第が噛み合えば勝ち負けの力はあります
相性のいい北村宏司騎手に戻って前走から斤量3㎏減は魅力
放牧を挟んでリフレッシュし、入念に乗り込まれて稽古の動きは前走以上の仕上がり
東京芝1400m+良馬場で改めて期待

タイトルとURLをコピーしました