2/7(日) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

2/7(日) 東京予想


⬆️クリックのご協力お願いします⬆️


■オススメ予想

↑東京のオススメ予想はこちらから↑


■東京1R 3歳未勝利 [10:10~] ダ1400m

【本命】
◎③ララマカロン

◆考察
体質の弱さがありましたが解消されたとのことで、坂路・南Wとも動きは良化して成長が見込めます
1週前追い切りのダートコースで津村騎手が跨がり、併せ馬に追走から併入していい動きを見せています

半姉ラララルジェス(父ファルブラヴ)はダート2戦目で未勝利を勝ち上がり
地方重賞を3勝しているトロワボヌールを祖父母に持ち、血統的にダートはこなせるはずです
ダート追い切りでいい走りはしているので期待が持てます
デビューから稽古をつけてコンビ2戦目となる津村騎手が騎乗
土曜日にようやくJRA通算500勝達成し、プレッシャーから解放されて通常通りの騎乗ができるはずです
いいスピードを持ち、前に行く馬は少ないので内から積極的に位置を取ることが理想
ダート変わりで一変に期待


■東京2R 3歳未勝利 [10:40~] ダ2100m

【本命】

◎⑮シゲルバクハツ

【前走の内容[3歳未勝利:中山ダ1800m]】
スタート後にダッシュがつかず、砂を被って前に進まず後方2番手で追走
道中は馬混みで運ぶことになりましたが折り合いがつき、3角でうまく外に出してから徐々に進出
4角で大外を回して直線に入ってから追い出し、外から最速上がりで差を詰めて0.5秒差の3着

1000m通過1:03.9(M)で先行勢が楽なペースで運び、直線で先行してた上位馬に離れた位置から0.5秒差まで詰めた内容は評価
ラストの加速は見せ場が作れています
勝ち馬タイセイスラッガーは自己条件を連勝し、上位馬が強かったなかで力を示す内容

【考察】
2戦連続で後方から最速上がりをマーク
前走の中山ダ1800mは3~4角のコーナリングで加速できずに、直線に入って追い出してから加速するのに時間が掛かり、最後まで差を詰めて見せ場を作れています
じっくりと構えられて加速できる東京コースは歓迎で、アイルハヴアナザー産駒の東京ダ2100mは魅力
末脚を生かせる東京の舞台は本馬に合っています

砂を被るとふわふわした走りになるため、外枠は歓迎で砂を被らせずに前半で流れに乗ってポジションが取れるかが鍵
前走は前半でふわふわして流れに乗れませんでしたが、中盤は馬混みで砂を被りながらもスムーズに競馬ができたのは収穫
横山武史騎手に乗り替わりは魅力で、慣れが見込めるダート4戦目+東京変わりで前走以上の走りに期待


■東京4R 3歳1勝クラス [11:40~] ダ1400m

【本命】

◎⑩パルデンス

【前走の内容[3歳1勝クラス:中山ダ1200m]】
出遅れて後方2番手で追走
3角から外を回しながら中団まで位置を上げ
直線に入って外からから追い出し、最速上がりで脚を伸ばして差を詰め0.5秒差の7着

稍重でしたが1日を通して時計が掛かり
600m通過33.6の超Hペースでしたが前残りの展開
出遅れが致命的となってカバーでするために位置を上げて脚を使うなか、最速上がりで0.5秒差まで詰めた内容は素直に評価

【考察】
[2走前] 2歳未勝利(中山ダ1200m)
出遅れましたがダッシュがついて好位4番手で追走
道中は馬混みでも問題なく、折り合いながら脚を溜めて運び
4角でいい手応えのまま外に出して直線に入り、1鞭を入れて加速すると残り150mで交わして手綱を持ったまま4馬身差の勝利
暮れのタフな馬場で600m通過34.2のペースは速く、最後は余力を残したまま勝ち時計1:12.2はかなり優秀
この内容なら昇級しても通用するはずです

今回は距離延長の東京ダ1400m
新馬戦で札幌ダ1700mを使いましたが、心房細動を発症で13.7秒差の6着と初戦は参考外
スタミナがありそうなタイプ」(中野調教師)
と期待を込めてた馬
母ヘヴンリークルーズは芝1400mで3勝し、格上挑戦のターコイズS(OP)で0.3秒差の3着
血統的には距離延長は問題なく、寧ろ距離延長で脚を溜められそうなので条件としては歓迎
近4走のうち3走は最速上がりをマークし、いいスピードを持ちながらキレのある末脚を使えるのは魅力
末脚を生かせる東京の舞台は大歓迎
田辺騎手がサトノムスタングに騎乗のため乗り替わりですが、若手騎手のなかで追える坂井騎手は魅力を感じます
前走の内容で評価は落とせないので、昇級2戦目で改めて見直したい


■東京10R 白嶺S [15:10~] ダ1600m

【本命】
◎⑦サンダーブリッツ

◆前走の内容[アレキサンドライトS:中山ダ1800m]
少し出負けをして中団の後ろで追走
道中は内の経済コースを通りながら立ち回り
下がってくる馬を捌けずに3~4角は追い出しを待たされ、直線は最内から脚を伸ばして5馬身差の2着

時計1:51.1で勝った相手が悪く
勝負どころでスムーズを欠きましたが、走破時計1:51.9は優秀で3勝クラスでもメドの立つ内容に評価

◆考察
[4走前] ユニコーンS(東京ダ1600m)
スタートを決めて中団で追走
道中は外4を回してリズムよく運び、4角で先団まで位置を上げて直線に向かい
外からじわじわと脚を伸ばして1.3秒差の4着

〈 ユニコーンS:東京ダ1600m 〉
1着 カフェファラオ [シリウスS(GⅢ):1着]
3着 ケンシンコウ [レパードS(GⅢ):1着]
4着 本馬
5着 キタノオクトパス [JDD(GⅠ):5着]
13着 タガノビューティー [銀蹄S(3勝):1着]

3歳の上位馬が揃ったHレベル戦で4着は評価
上位馬の決め手に敗れましたが、最後まで脚を伸ばして重賞で健闘しています

東京ダ1600m【3-2-0-3】
得意の舞台に戻って相性のいい横山典弘騎手に戻り、休み明けを叩いて上積みが見込めます
2走前の2勝クラスでオーバーディリバーに完勝し、力関係はハッキリしています
前走の休み明け+昇級初戦でメドの立つ走りはできているので、叩き2戦目で得意の東京ダ1600mで期待

タイトルとURLをコピーしました