1/17(日) 中山予想

スポンサーリンク
中山予想

1/17(日) 中山予想


⬆️クリックのご協力お願いします⬆️


■中山1R 3歳未勝利 [10:10~] ダ1200m

【本命】

◎②バルネージュ

【前走の内容[2歳未勝利:中山ダ1200m]】

スタート直後に内の馬に寄られて外に少し膨らみ、大外からダッシュがついて好位3番手で追走
600m通過34.4のHペース
道中は外3を回しながら折り合って運び
4角で早めに追い出して直線に入りますが口向きが悪く、内にモタれた走りでもうひと伸びができず0.5秒差の5着
スタート直後+終始外3を回すロスはありましたが、Hペースで0.5秒差まで粘れた内容は評価

【考察】

ひと息を入れた前走は以前の動きと変わり
2週連続で坂路を好タイムを叩き、中山ダ1200mの持ち時計を短縮(1:13.7→1:13.0)
課題である口向きの悪さは実戦で出てしまいましたが、休み明けで成長が見える内容
ワンペースなのでダートに戻して良さは出て、時計の掛かるいまの中山ダ1200mはチャンスあります
スタートは上手でいいスピードを持ち、内枠を引いてこの相手なら楽にハナを狙えるはず
競るような相手も不在なので、3F通過34秒後半でマイペースに展開を持ち込むことが理想
初ブリンカー着用で馬具の効果にも期待し、休み明けを叩いて上積みは見込めるので前走以上の内容に期待


■中山2R 3歳未勝利 [10:40~] ダ1800m

【本命】

◎⑮エターナルルビー

【考察】

新馬戦(函館芝1200m)はレコードV決着
3F通過33.7の速いペースに対応できず、追走に苦労しながらも最後はいい脚を使って1.8秒差の7着
2着ホーキーポーキー、4着カモミールティー、6着ラピカズマが勝ち上がるHレベル戦で初戦としては健闘
続く2戦目(函館芝1200m)はペースが落ち着きましたが、案外な結果で終わり1.1秒差の6着

[3走前] 2歳未勝利(函館芝1800m)
好スタートから一旦は先頭に立つが、控えて好位4番手で追走
1000m通過1:00.2のMペース
道中は行きたがるのを抑えながらインでロスなく立ち回り
ラスト5Fからペースは加速して3角から追っ付ける形となり、手応えは怪しく直線に入りましたがしぶとく脚を伸ばし1.1秒差の4着
中距離の2歳未勝利戦としては時計は速く、勝ち馬のと着差は離されましたが2着馬とは0.2秒差
このくらいの距離の方が良いですね」(丹内騎手)
先行勢が厳しい展開のなか、距離延長で前進を見せた内容は評価

その後は2走前(福島芝1200m)に距離を芝1200mに戻しましたが、忙しい競馬となって見せ場なく0.9秒差の11着
前走(中京芝1600m)は距離を延長しましたが、課題としていた輸送で馬体重が減って状態が整わず2.1秒差の15着
近走は試行錯誤しながら条件が合わずに大敗続き
芝ではスピード不足と判断してダートに挑戦

半兄エターナルダイヤ(父ジョーカプチーノ)は短距離ダートで2勝
父マツリダゴッホ×母父マイネルラヴ
短距離向けの血統ですが1200mは追走に苦労してしまうため、3走前の1800mのようにゆったりと運べる条件の方が合うはずです
間隔を開けて乗り込んで動きは良化し、仕上がりはよく1番いい状態で臨めます
展開は積極的に前へ行く馬がいないため、スタートを外からすんなりと先行することが理想
条件は合うと思うので、ダート替わりで一発に期待


■中山10R ジャニュアリーS [15:10~] ダ1200m

【本命】

◎⑭ジャスパープリンス

【考察】

前走は海外遠征をしてBCスプリントに出走
果敢にハナに立って主導権を握りましたが、最後は脚がなくなって失速し14着
大差で敗れはしましたが、BCスプリントで先頭に立てた持ち前のスピードは評価
遠征後の状態面が鍵ですが順調に乗り込んで、最終追い切りは破格の5F49.2の好時計をマーク
大幅に時計を短縮して自己新を叩き、休み明け+遠征明けですが状態面は良好

[5走前] フェアウェルS(中山ダ1200m)
好スタートから一旦は先頭に立つが、控えて3番手で追走
600m通過32.9のHペース
道中は外3を回しながら折り合って運び
直線に入るとしぶとく脚を伸ばして1/2馬身差の勝利

〈 フェアウェルS:中山ダ1200m 〉
1着 本馬
2着 ジャスティン [カペラS(GⅢ):1着]
4着 ルッジェーロ [タンザナイトS(OP):3着]
5着 リュウノユキナ [室町S(OP):2着]
8着 ロードエース [やまびこS(3勝):1着]

重賞3勝ジャスティン相手に勝利をし、暮れの中山ダ1200mで走破時計1:09.8は優秀
上位馬が後にオープン戦で活躍するHレベル戦で制した内容は高く評価

本格化を迎えた4走前のバレンタインS(東京ダ1400m)はスタート直後に躓き、騎手がバランスを崩して落馬したため競争中止
3走前(中京ダ1400m)のエニフSでリステッド競争を初勝利
上のクラスでも通用する力はあり、今回の斤量57㎏でも問題なし
外枠は歓迎で行けるのであればハナを狙ってほしいですが、内から主張されるのであれば控えるのも視野
リズムよく運べれば持ち味が発揮できます
中山ダ1200mの舞台なら短距離ダートでトップレベルなので、スピードを生かした競馬で勝ち負けに期待


■中山11R 京成杯 [15:45~] 芝2000m

↑重賞予想はこちらから↑

タイトルとURLをコピーしました