1/16(土) 中山予想

スポンサーリンク
中山予想

1/16(土) 中山予想


⬆️クリックのご協力お願いします⬆️


■中山3R 3歳未勝利 [11:10~] ダ1200m

【本命】

◎④クツワノセキトリ

【前走の内容[2歳未勝利:中山ダ1200m]】

外枠から行き脚をつけて好位4番手で追走
600m通過34.6のHペース
道中は外4を回しながら追っ付けて運び
4角で内の馬が少し膨れた影響で外ロスが多く、中団までポジションを下げて直線へ
外から脚を伸ばして差を詰め0.2秒差の5着
外ロスの多い競馬となりましたが、最後まで脚を使って差を詰めた内容に評価

【考察】

[2走前] 新馬戦(中山ダ1200m)
好スタートから行き脚をつけて先頭に立つが、内の馬が譲らずに番手に控えて追走
600m通過35.0のHペース
4角手前から追っ付けて早めに先頭に並び、最後まで踏ん張りを見せて0.6秒差の5着
稽古で目立たない動きでしたが、初戦としてはいいスピードを見せた内容

前走は外ロスの多い競馬になりましたが、上位馬とは差のない競馬ができています
レースを使う毎に気持ちが入って初戦よりもレース内容は良化
中間の追い切りは1勝クラス相手に先着し、叩いた上積みは大きく前走以上に動きは軽快
自分からハミを取らないところがあるため、スタートを決めてスムーズに先行できれば
引き続き中山ダ1200mでスピードを生かした競馬に期待


■中山7R 4歳以上1勝クラス [13:35~] ダ1200m

【本命】

◎⑯エヌワイパフューム

【前走の内容[3歳以上1勝クラス:中京ダ1200m]】

ダッシュがつかずに中団の後ろで追走
600m通過35.1のHペース
道中は後ろでじっくりと構え、直線まで追い出しを我慢しましたが伸びを欠き0.7秒差の9着
逆手前で走って脚が溜まらなかったことが敗因

【考察】

[2走前] 3歳以上1勝クラス(中山ダ1200m)
出遅れ+スタート直後に挟まれて後方から追走
600m通過34.0のHペース
3角で内のごちゃついた間を割りながら進出しますが、4角で進路が開かずに追い出しを待たされ
直線はじわじわと脚を伸ばし0.3秒差の4着
2着コウユークロガヨカは後に1勝クラス→2勝クラスを連勝している相手に0.1秒差
馬混みで加速するのにスムーズを欠きましたが、牡馬相手に0.3秒差まで見せ場を作った内容は評価

左回りよりも右回りの方を得意とし、キレる脚がないので中山のコースは合っています
昨年の1月に中山ダ1200mで2着の実績があり、タフな中山の馬場+牝馬限定戦はチャンスのある条件
気性面や気持ちの面で課題を持ち、実戦次第ではあるがこの条件なら狙いたい
大外枠は歓迎ですんなり先行することが理想
相性がよく特徴を掴んでる大野騎手に戻り、2走前の内容ならチャンスはあるので得意の舞台に戻って一発に期待


■中山8R 4歳以上1勝クラス [14:05~] ダ1800m

【本命】

◎⑨ロワマージュ

【前走の内容[3歳以上1勝クラス:東京ダ1600m]】

スタートを決めて好位で追走
600m通過35.6のMペース
道中は馬混みでじっくりと構えながら脚を溜めて運び
直線で内にモタれましたが、最後までじわじわと脚を伸ばし0.4秒差の4着
5着ロードリッチ、7着カフェスペランツァは1勝クラスを完勝した相手に先着
相手が揃ってるなかで0.4秒差の内容に評価

【考察】

昨年の夏に成長を促すため放牧へ
馬体は大きくなって成長して戻ってきています
疲れが溜まれやすいので前走後はリフレッシュさせて立て直し、しっかりと乗り込んで順調な仕上がり
成長はしましたが緩さがあったので、休み明けですが馬体が引き締まってることが理想

大型馬のパワー型なのでタフな中山の舞台は歓迎
コーナーが4つあるコースの方が、よりタメが利くと思いますよ」(三浦騎手)
三浦騎手の助言もあり、2走前に2着の実績がある中山ダ1800mに戻って改めて見直し
昇級してから近走はメドの立つ走りはできているので、リフレッシュして状態のいい今回に期待


■中山10R 頌春賞 [15:10~] ダ1200m

【本命】

◎⑦ノーベルプライズ

【前走の内容[3歳以上2勝クラス:中山ダ1200m]】

スタートを決めたが中団に控えて追走
600m通過33.7のHペース
道中は後方でじっくりと構えながら脚を溜めて運び
直線は外から脚を伸ばして0.3秒差の3着
大外枠の影響でポジションが取れずに後方となり、前残りの展開でいい脚を使って0.3秒差は評価
骨折明け2戦目で追い不足のなか、昇級2戦目でメドの立つ内容

【考察】

[4走前] 3歳以上1勝クラス(中山ダ1200m)
好スタートでしたが大外枠の影響で位置が取れず、中団の後ろに控えて追走
600m通過32.9のHペース
早めに追っ付けて4角で間を割って外から脚を伸ばしますが、前にいた勝ち馬と差が詰まらず3.1/2馬身差の2着
勝ち馬の相手が悪く、時計1:10.9は優秀で後続に3馬身離す好内容の結果
前走は骨折明けから状態がいまひとつのなか、2勝クラスでメドの立つ走りはできています
4走前の内容で状態が戻れば2勝クラスも通過点

中山ダ1200m【1-2-1-0】
三浦騎手の助言で距離を短縮してから変わり身を見せています
5走前の中山ダ1200mは後方に位置を下げ、前残りの展開で大外から一気に脚を伸ばし3/4馬身差の2着
ダ1200mに条件を替えてから全て着内に好走
近走の中山ダ1200mは外枠がアダとなって位置が取れずに後方となり、いい脚は使っているが届かずに惜しいレースが続いています
前でも後ろでも上手に競馬ができますが、今回は中枠を引けてスタートが上手な馬なので先行することが理想
叩いた上積みは見込めるので、引き続き好舞台の中山ダ1200mで勝ち負けに期待


■中山11R カーバンクルS [15:45~] 芝1200m

【本命】

◎⑫アマルフィコースト

【前走の内容[ラピスラズリS:中山芝1200m]】

好スタートから好位の5番手に控えて追走
600m通過32.7のHペース
道中は馬群で折り合いながら速いペースで流れ
直線に入って内から捌いて残り100mで先頭に立ちますが、最後は後続の決め手に敗れて0.3秒差の7着
Hペースで先行勢が崩れる展開+外差しの馬場のなか、最後は交わされながらも見せ場を作った内容は評価

【考察】

近2走は芝1200mの速い時計に対応
前走は良馬場で3F通過32.7の流れに乗れて次に繋がる競馬はできています
今回のペースは落ち着くはずなので、33秒後半で好位で運べれば押しきるチャンスは十分
ハンデ戦で斤量は1㎏減り、牝馬が好結果を残しているレースなので条件は有利
乾いた良馬場は歓迎なので好走に期待

タイトルとURLをコピーしました