1/9(土) 中山予想

スポンサーリンク
中山予想

1/9(土) 中山予想


⬆️クリックのご協力お願いします⬆️


■オススメ予想

↑中山のオススメ予想はこちらから↑


■中山1R 3歳未勝利(牝) [9:55~] ダ1200m

【本命】

◎⑩ガウナエルフリーデ

【前走の内容[2歳未勝利:中山ダ1200m]】

最後方に下げて追走
600m通過34.0のHペース
道中は折り合いを重視に後方で脚を溜めて運び
4角でごちゃついて進路が開かずに追い出しを待たされ、直線入り口で狭い隙間を割って脚を伸ばし0.6秒差の5着
前残りの展開で厳しい位置取りのなか、最速上がりの末脚で差を詰めた内容に評価

【考察】

[3走前] 新馬戦(中山ダ1200m)
出遅れてダッシュがつかずに後方2番手で追走
600m通過35.2のHペース
道中は離れた後方でじっくりと構え、3角を過ぎたところで大外を回して進出
直線入り口で後方4番手の厳しい位置から、最速上がりで脚を伸ばし1.8秒差の7着
直線は促すのみでしたが3F36.2の末脚を評価
[2走前] 2歳未勝利(東京ダ1300m)
後方から追走しましたが、序盤に折り合いを欠いて最後は伸びを欠き1.7秒差の5着
[前走] 2歳未勝利(中山ダ1200m)
折り合いを重視に最後方へ下げましたが、大事に乗りすぎ+勝負どころでスムーズに加速できずに0.6秒差の5着

近走の敗因は明確で差し込む競馬が板につき、レースを積み重ねる毎に成長が見えます
道中は折り合いを重視に運び、スムーズに加速ができれば差し込める末脚は魅力
まだ緩さが残ってるので、中2週で馬体が絞れて引き締まってることが理想
2戦連続で最速上がりの中山ダ1200mで、乗り替わった津村騎手で新味に期待


■中山2R 3歳未勝利 [10:25~] ダ1800m

【本命】

◎②ロイヤルダンス

【前走の内容[2歳未勝利:中山ダ1800m]】

好スタートから先頭に立ち
1000m通過1:05.6のMペース
道中は2番手で運んでいたトーセンエディに、終始外からプレッシャー掛けられながら運び
余力たっぷりで直線に入り、最後は叩きあいに競り負けてクビ差の2着
3ヶ月の休養明けでしたが久々は問題なく、最後は決め手に敗れましたが僅差の内容に評価

【考察】

3ヶ月の休養明けから中1週
久々を叩いて上積み+粘り強さは前走以上に期待が持てます
前走は時計の掛かる馬場を陣営は問題としてましたが、力強い走りで最後まで粘りを見せて2着に好走
休み明け+終始プレッシャーを掛けられながらも、タフな馬場でいい競馬はできたのは収穫

[2走前] 2歳未勝利(中山ダ1800m)
好スタートから番手で追走
1000m通過1:03.3のMペース
向正面で外から寄られて接触する場面はありましたが問題なく、3角手前で早めに先頭に立ち
最後までしぶとく粘り1.0秒差の3着
上位馬の相手が悪く、初ダートで時計1:55.7は優秀で未勝利は突破レベル

今回は外枠のクールマニワの展開次第ですが、1枠2番の好枠を引けたので今回も前走同様にハナに立つことが理想
勝負根性+粘り強さが武器なので、先行してしぶとさを生かす競馬が合っています
ペースが流れた方がしぶとさを生かせますが、時計が掛かってもこなせたのでリズムよく運ぶことができれば
馬体重500㎏に近い大型馬がダートに替わって変わり身を見せ、引き続き中山ダ1800mの叩き2戦目で勝ち負けに期待


■中山7R 4歳以上1勝クラス [13:15~] ダ1200m

【本命】

◎⑯ライクアジュエリー

【前走の内容[3歳以上1勝クラス:東京ダ1400m]】

好スタートで先頭に立ちましが、内からハナを主張されて番手で追走
600m通過35.0のHペース
3角手前から外からプレッシャーを掛けられ、2頭の間に挟まれる形で厳しい展開
残り400mを過ぎて早めに抜け出しますが、後続の決め手に敗れて0.3秒差の4着
早めに抜け出すと耳を絞り(怒りなどの不快な気持ちを抱いてる状態)、厳しい展開+先行勢が崩れるのなかで4着の粘りに評価

【考察】

[2走前] 3歳以上1勝クラス(東京芝1400m)]
少し出負けをしましたが行き脚をつけて3番手で追走
600m通過34.9のHペース
序盤は掛かり気味でしたがその後は落ち着かせて運び
直線はしぶとく脚を伸ばして0.6秒差の3着
Hペースで先行勢の厳しい展開のなか最先着の3着に評価

2走前は掛かる面が出てきたため短い距離を試し、Hペースで前が崩れる展開のなか3着に好走して距離短縮で変わり身を見せた内容
短いところならダートでも走れそうですよ」(横山和騎手)
短距離ダートを助言して前走は東京ダ1400mを使い、初の短距離ダートでしたがスピードに対応
気難しい面は出ましたがいい競馬ができています

今回は更に距離を短縮した中山ダ1200m
時計の掛かるタフな馬場は歓迎で、スピードのある馬なのでペースも対応できるはずです
相手を見るとそこまでテンの速い馬は見当たららなく、スタートが上手でテンの速い馬なので大外枠からハナまたは番手で展開を作ることが理想
引き続き特徴を掴んでる横山和生騎手とのコンビ
母系がスプリンターの血統で距離短縮に期待


■中山9R 黒竹賞 [14:25~] ダ1800m

【本命】

◎②メイショウムラクモ

【前走の内容[2歳1勝クラス:中山ダ1800m]】

出遅れて中団の後ろで追走
1000m通過1:02.5のMペース
道中はインに入れてロスなく立ち回り
3~4角で各馬が加速するなか、内でごちゃついて追い出せずに待たされ
直線に入って最内から脚を伸ばして0.9秒差の4着
勝負どころでスムーズを欠き、最後は脚を余らせながらも昇級初戦で0.9秒差の4着は健闘

【考察】

前走の1勝クラスのラペルーズ組は優秀
勝ち馬の走破時計1:53.7は当日の2勝クラス(トランスナショナル→1:54.0)よりも時計は上で、ラスト2F加速ラップ(13.2-12.5)の上位馬が優秀
勝負どころで上位馬が外から加速するなか、内でごちゃついてスムーズを欠きましたが4着に健闘

2走前の未勝利(中山ダ1800m)も優秀
ダッシュがつかずに中団で追走
1000m通過1:01.3のMペース
先頭した2頭が後続を引き離してペースは速く、向正面で大外から進出して3角で3番手まで押し上げ
直線に入って残り200mで先頭を交わし、そのまま後続を引き離して3馬身差の勝利

〈 メイショウムラクモ組:中山ダ1800m 〉
1着 本馬
2着 トーセンダニエル [2歳未勝利:1着]
3着 ピースマッチング [2歳未勝利:1着]
5着 アイノファンタジー [2歳未勝利:1着]
6着 ケイツーマルカ [2歳未勝利:1着]
7着 コトブキアルニラム [2歳未勝利:2着]
8着 ロングテール [2歳未勝利:2着]

走破時計1:53.5、ラスト2F加速ラップ(13.4-13.2)は優秀
上位馬がすでに勝ち上がるHレベル戦で3馬身差の圧勝は評価

集中力に課題のある馬ですが、前走は終始インで運べたことは収穫
スムーズに外から加速すればチャンスは十分にあります
前走以上に状態を上げて仕上がりは良く、2戦連続で内容の良い中山ダ1800mで再度期待

■中山11R ニューイヤーS [15:35~] 芝1600m

【本命】

◎⑪ビッククインバイオ

【前走の内容[ターコイズS:中山芝1600m]】

好スタートでしたが控えて好位の4番手で追走
1000m通過58.3のHペース
道中はインで我慢を利かせ、折り合いながらロスなく立ち回り
いい形で直線に入りましたが進路が開かずに追い出しを待たされ、残り200mを過ぎたところで開いた内から脚を伸ばし0.4秒差の5着
インで揉まれる形になりながらも落ち着いて運び、直線に入って待たされる形になりながら重賞で0.4秒差の5着は評価

【考察】

2歳重賞の新潟2歳S・アルテミスSの3着馬
アルテミスSではサンクテュエール(シンザン記念)、リアアメリア(ローズS)の重賞馬を相手に逃げて0.2秒差の3着
昨年の夏を成長を促すため放牧に出し、3走前(白秋特別:東京芝1400m)は大外枠からテンを少し出して行ったら気持ちが入り、息が入らずに最後は甘くなってしまったことが敗因で0.5秒差の6着
2走前(奥多摩S:東京芝1400m)は落ち着いて3番手で運び、直線は反応に応えて粘りを見せて1/2馬身差の勝利
前走のターコイズS(中山芝1600m)は直線で待たされる形になりながら0.4秒差の5着
インで揉まれながらも折り合えたことは収穫で、着実に力をつけて重賞でもいい競馬ができています

テンションが上がりやすい馬なのでその点を考慮し、整える程度の調整ですが動きは軽快で好調維持
芝1400mがベストの馬ですが、前走の内容を見れば芝1600mでも許容範囲
展開的に外枠のグランドロワ、ミラアイトーンがハナを狙いに行き、その2頭を見ながら控えて2~3番手で脚を溜める競馬が理想
ペースは速くならいので前残りの展開と見ます
揉まれずに外を回しながらマイペースで運べる展開に持ち込むことができれば
斤量53㎏は魅力で牡馬相手でもチャンスは十分
良馬場は歓迎で巻き返しに期待

タイトルとURLをコピーしました