12/20(日) 中山予想

スポンサーリンク
中山予想

12/20(日) 中山予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■中山1R 2歳未勝利 [9:50~] ダ1200m

【本命】

◎③ワールドクルーズ

【前走の内容[2歳未勝利:中山ダ1200m]】

外枠からスタートを決めて好位の後ろで追走
600m通過33.7のHペース
序盤でダッシュがつかずに追走に苦労しながら、道中は内に入れて砂かぶりは問題なく運び
4角で外に出して追い出しを始め、直線はじわじわと脚を伸ばし0.1秒差の4着
Hペースで序盤に追走に苦労しましたが、初ダートで適性は問題なく0.1秒差まで詰めた内容は評価

【考察】

阪神JF&優駿牝馬を制したトールポピー、秋華賞を制したアヴェンチュラを叔母に持つ血統
父にワールドエースを迎え、血統的には中距離向けですが3走とも芝の短距離
芝では切れ味に欠けると陣営が判断し、前走はダート路線に変更して変わり身のある内容
前半で時計が出やすい馬場で若干1200mの流れに乗れませんでしたが、好位の後ろで追走ができて砂被りは問題なくダート適性があったことは収穫
Hペースを経験してダート2戦目で変われるはずですなので、今回は内枠で積極的に前目につけて流れに乗れることが理想
メンバー薄でチャンスはあるので前走以上の走りに大いに期待


■中山2R 2歳未勝利 [10:15~] ダ1800m

【本命】

◎②マイネルアラトリオ

【前走の内容[2歳新馬:東京芝1600m]】

出遅れて離れた最後方から追走
600m通過36.5のSペース
道中は外から追っ付けながら3角で中団の後ろにつけ、4角から早めに仕掛けて追い出し
直線は伸びを欠いて1.3秒差の9着
終始追っ付ける形となって道中は忙しくなり、最後は長くいい脚を使うが瞬発力勝負で切れ負けをしたことが敗因

【考察】

馬体重500㎏に近い大型馬で緩さはあり、初戦は坂路中心でしたが南Wで負荷を掛けて調整
2週連続で鞍上の柴田大知騎手が稽古をつけて反応は良化し、力強い走りで叩いた上積みが大きく見込める内容

初戦は出遅れて追っ付ける形となり、現状芝のレースではスピード不足のため早くもダート路線へ
陣営は気持ちの面で前向きさが足りずと判断してチークピーシーズを着用
ゲート練習を積んで練習ではスムーズに反応し、実践でもすんなりとスタートを決めて流れに乗ることができれば
半姉ディアンドルは葵Sを制して重賞馬になった姉を持つ血統で、陣営が期待の高い素質馬
ダート替わりで一変に期待


■中山3R 2歳未勝利 [10:45~] ダ1200m

【本命】

◎④タイセイアンシェル

【前走の内容[2歳未勝利:東京ダ1400m]】

出遅れた直後に挟まれる形となりましたが、その後はダッシュがついて中団で追走
600m通過35.5のHペース
道中はインでロスなく立ち回りながら脚を溜めて運び
直線は最内から脚を伸ばして1.4秒差の3着
緩みのない平行ラップでしたが前が残る展開となり、上位2頭の走破時計優秀で相手が悪いなかで時計1:26.1も優秀

【考察】

本馬は飼い食いが細い面が課題
馬体を考慮して強く攻めきれませんが、叩いた上積みは見込めて仕上がっています
カイバを食べていて体は減っていない」(新開調教師)
当日馬体重が減らずに少しでもプラスで成長分があることが理想

レースを重ねて内容は確実に良くなり、前走の内容なら未勝利は勝ち上がれる内容
メンバー薄で上積みのある今回は十分にチャンスはあります
ゲートの出が悪いところがあるので、すんなりと出て前目につけることが理想
中山ダ1200mに戻って勝ち負けに期待


■中山4R 2歳未勝利 [11:15~] 芝2000m

【本命】

◎⑬マイネルパリオート

【前走の内容[2歳未勝利:東京芝2000m]】

好スタートから控えて3番手で追走
1000m通過1:00.8のSペース
向正面で外から被され、3~4角は馬群で周りを気にする面を見せながら運び
直線に入って残り200mを過ぎたところで進路が狭くなりましたが、最後までしぶとく脚を伸ばして0.4秒差の5着
周りを気にして消耗しつつ、ラスト2F加速ラップ(11.7-11.6)で瞬発力に敗れましたが5着に健闘

【考察】

2走前(福島芝1800m)はスタートを決めましたが中団に控えて追走
1000m通過1:00.7のMペース
序盤に他の馬を気にして外に逃げ、1角で進路が狭くなってブレーキ
3角から加速して進出しますが、4角で進路が開かずに頭を上げてしまいブレーキ
大外に出して再度加速し、直線はフラフラした走りで追っ付けるのみで0.8秒差の3着
2度ブレーキをかける不利があり、リズムを崩しなりながらも3着は評価

3走前の新馬戦(新潟ダ1800m)は追ってから反応がなく1.3秒差の6着
2戦目で早くも芝へ路線を変更し、芝を使った2走とも悪くない内容
母フライングメリッサは中距離の芝で3勝
半兄マイネルラフレシアは新馬→アイビーSを連勝し、3戦目の東京スポーツ杯2歳Sで3着に好走
血統・レース内容を見ても芝向けで、切れる脚はないので小回り+時計を要する中山に替わりはプラスと見ます
前走が陣営の納得のいく仕上がりで引き続き好調を維持
周りを気にする面があるので外枠は歓迎で、前目につけて持ち味のしぶとさが生かせれば
コース替わりで改めて期待


■中山6R 2歳新馬 [12:35~] ダ1800m

【本命】

◎⑬ハイエストピーク

ノヴェリスト
ダノンフローラ
母父アグネスタキオン
騎手嘉藤貴行
調教師大和田成 [美浦]
馬主村野康司
生産者社台ファーム

【考察】

母ダノンフローラは新馬勝ち
半兄ワセダインブルー(父ハービンジャー)はオープン入りを果たし、初重賞挑戦の福島記念で0.5秒差の6着
半兄ダイワチャーチル(父ハービンジャー)は中山ダ1800mで2勝
6頭デビューして3頭がJRAで白星を挙げる一族

約1ヶ月間入念に乗り込み、前半は坂路中心に調整してひと追い毎に良化
2週連続で鞍上の嘉藤騎手が感触を確かめ、最終追い切りはダートコースで2頭の古馬相手に最後まで余裕持って併入
長めに乗り込んで最後まで脚は衰えずにしっかりと反応し、ダートの動きも良くパワフルな走り
気性面に課題があるため、実戦で難しさが出るが鍵となります
仕上がりは良いので初戦から期待


■中山7R 3歳以上1勝クラス [13:05~] ダ1200m

【本命】

◎①ジッピーレーサー

【前走の内容[3歳以上2勝クラス:中山ダ1200m]】

大外枠から好スタートで好位3番手で追走
600m通過34.6のHペース
道中は外3を回しながら折り合いをつけて運び
いい形で直線に入って追い出し、残り200mから2頭の叩きあいとなって競り勝ちクビ差の勝利
雨の影響で脚抜きが良く、高速馬場でしたが勝ち時計1:10.7はかなり優秀

【考察】

8ヶ月の休養明けですがじっくりと乗り込み
中間の坂路で一杯に追い込んで仕上がり、最終追い切りは鞍上の武藤騎手が跨がって1F11.8の抜群の末脚
休み明けですが順調に仕上がってます

父City Zipを迎えた米国血統
ダートに替わって2戦目で勝ち上がり、時計は優秀でダートで変わり身を見せた内容
昇級しても通用する力はあり、久々が気になるところですが稽古の動きは文句なし
積極的にハナを狙いに馬は不在で、いいスピードを持っているので内枠から楽に前に運べるはずです
休み明け+昇級初戦ですが好走に期待


■オススメ予想

↑中山のオススメ予想はこちらから↑

タイトルとURLをコピーしました