12/12(土) 中山予想

スポンサーリンク
中山予想

12/12(土) 中山予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■中山2R 2歳未勝利 [10:20~] 芝1600m

【本命】

◎⑫マイネルダグラス

 

【前走の内容[2歳未勝利:東京芝1600m]】

スタートを決めたが控えて中団で追走
600m通過34.9のMペース
道中はインでロスなく立ち回りながら運び
直線に入って残り300mで外に出し、最後までじわじわと差を詰めて0.3秒差の4着
道中は内の悪い馬場を通り、直線は外に出すロスはありましたが0.3秒差は健闘

 

【考察】

前走後はビッグレッドファーム鉾田で調整し、坂路で入念に乗り込まれて中山開催を目標に調整
好調ですね」(津村騎手)
2週連続で津村騎手が稽古をつけ、しっかりと負荷を掛けて良い状態で臨めます

[前走]位置取り、直線で外に切り替えるロス
[2走前]不良馬場
[3走前]直後に不利+勝負どころでごちゃくつく

近3走の敗因は明確
4走前の新馬戦(新潟芝1600m)は出遅れて後方からになりましたが、3角手前で好位5番手まで上げて追走
600m通過36.0のMペース
4角からペースが上がって流れに乗れずに追っ付ける形となり
直線に入ってポジションは下がりますが、外からしぶとく脚を伸ばして1.1/4馬身差の2着
出遅れ+スタートしてからハミを取らず、4角で反応せずに初戦らしい内容のなかで2着に好走
スムーズを欠きながらも地力の高さに評価
近走は力を出しきれないことが続いていますが、勝ち上がる力は十分にあります
前走は消極的な競馬で決め手不足だったため、今回は前々で積極的に運んで押しきる競馬が理想
母系が芝1200~1600mで活躍して本馬も新馬戦で2着の実績はあり、現状は芝1600mがベストの条件
中山芝1600mでそろそろスムーズな競馬で改めて期待


■中山5R 2歳新馬 [12:10~] 芝1600m

【本命】

◎⑮スフリエール

ルーラーシップ
グレナディーン
母父スペシャルウィーク
騎手三浦皇成
調教師鹿戸雄一 [美浦]
馬主吉田照哉
生産者社台ファーム

【考察】

母グレナディーンは新馬勝ち→ファンタジーS(3戦目)で3着、芝の短距離で3勝
兄弟3頭がデビューして2頭が勝ち上がり
ダート重賞で3勝のヒシアトラスを叔父にいる血統

1週前追い切りで鞍上の三浦騎手が跨がり
3頭併せで外を回して先行し、2勝クラスの3歳馬を相手に遅れることなく併入
前進気勢が強く、調教でも自分からハミを取っていく感じがありますね」(鹿戸調教師)
芝でも通用するいいスピードを持ち、負荷を掛けてしっかりと反応してここを目標に順調な仕上がり
牝馬としては大型で馬格はあり、パワーがあるので中山は合っています
鹿戸調教師の評価も高く、愛弟子とのコンビで初戦から期待


■中山7R 3歳以上1勝クラス [13:15~] ダ1800m

【本命】

◎⑪マコトネネキリマル

 

【前走の内容[3歳以上1勝クラス:東京ダ2100m]】

大外枠からで出鞭を入れて好位3番手で追走
道中はHペースで外を回しながら運び
3角から追っ付けて手応えが怪しくなり、直線は脚が甘くなって2.7秒差の8着
雨の影響で不良馬場となり、脚抜きの良い馬場で緩みのない展開となってペースは速く
ラストが加速ラップ(12.6-12.6)+時計優秀で勝ち馬が強く、終始外3を回したロス+高速馬場で脚が溜まらなかったことが敗因

 

【考察】

デビューが遅れて2戦連続で大敗後に地方へ移籍
名古屋競馬場でデビューをすると4連勝を飾り、続く東海ダービー(SPⅠ:名古屋ダ1900m)では8馬身差の2着
6走前の名古屋大賞典(GⅢ:名古屋ダ1900m)は中央勢5頭に完敗でしたが、オープンクラス相手に1.7秒差は大健闘
4走前のオグリキャップ記念(SPⅠ:笠松ダ2500m)はしぶとく粘って0.4秒差の3着
地方で14戦8勝【8-3-1-2】して中央へ再転入

2走前の中央復帰初戦(中山ダ1800m)
好スタートでしたがダッシュがつかずに中団から追走
1000m通過1:02.8のMペース
道中は馬群で砂かぶりは問題なく折り合い
3角で内の馬が外に膨らみ、接触+進路が狭くなってブレーキ
不利を受けて一旦は下がりましたが、再度加速
して外を回しながら直線に入って外からじわじわと脚を伸ばして0.2秒差の5着
勝負どころで不利を受けましたが0.2秒差は健闘
JRA未勝利馬ですが1勝クラスでメドの立つ走りはできています

再転入初戦はササ針をして立て直した効果はありましたが、休み明けで-23㎏と馬体はガレた状態
前走は+16㎏で馬体は戻しましたが本調子ではなく、レース後に放牧に出して立て直してきています
帰厩後は乗り込み量は多く、しっかりと負荷を掛けて順調に乗り込んで仕上がり良好
プラス体重で馬体が少しでも戻ってることが理想

良馬場+田辺騎手に乗り替わりは歓迎
持ち味の粘り強さを生かしたいので、スタートを決めてなるべく前々のポジションを取ることが理想
中山ダ1800mに戻して改めて見直し


■中山8R 3歳以上2勝クラス [13:45~] ダ1200m

【本命】

◎⑫メールデゾレ

 

【前走の内容[3歳以上2勝クラス:中山ダ1200m]】

スタート直後に外の馬に寄られて挟まれ、少し出負けする形から行き脚をつけて好位3番手で追走
600m通過33.3のHペース
3角で早くも外から並ばれ、被されないように一緒に動いて4角で先頭に並び
直線に入って先頭に立ちましたが、残り100mで脚が甘くなり1.2秒差の10着
超Hペース+早く動かれて展開が厳しくなったことが敗因

 

【考察】

[前走]超Hペース+早く動かされる展開
[2走前]レコード決着で忙しい競馬に
[3走前]消極的な競馬で揉まれる形に

近走は超Hペースや揉まれる競馬で不完全燃焼が続いたレースが続いています
粘り強さが持ち味ですが揉まれると嫌がるタイプなので、前々で被されずに運ぶことが理想
4走前の同舞台(中山ダ1200m)では番手から追走
600m通過34.3のHペース
道中は逃げ馬の外を回しながらリズムよく運び、直線に入ってしぶとく粘りを見せたがゴール手前で交わされ3/4馬身差の2着
3番手で運んでいた勝ち馬の目標になりましたが昇級2戦目でメドの立つ内容

前走後は放牧してしっかりと立て直し、中山開催を目標に順調に仕上がり
展開としてはアストロブレイクがハナを狙いに行き、先行争いは落ち着くと見ます
積極的に2~3番手ぐらいを狙いに行き、前半34秒台で揉まれずにリズムよく運ぶことが理想
近2走は超Hペースの負荷の掛かったレースを経験して今回に繋がるはずです
得意の中山の舞台で巻き返しに期待


■中山12R 3歳以上2勝クラス [16:00~] 芝1800m

【本命】

◎⑩レオンドーロ

 

【前走の内容[3歳以上2勝クラス:東京芝1800m]】

好スタートから2~3番手で追走
1000m通過56.7のHペース
逃げ馬が単騎で後続を離して大逃げをうち、離れた番手から折り合って運び
直線に入って残り400mで先頭を交わしますが、すぐに勝ち馬に交わされて最後までしぶとく粘り1.0秒差の4着
直線で外から被されて傷んだ馬場を走る形となり、キレ負けをしながらも4着に評価

【考察】

近2走の東京芝1800mは逃げた馬が大逃げをうつ展開となり、番手からの競馬でしぶとく粘りましたが決め手に敗れた内容
一瞬の脚が使えないタイプなので東京コースは分が悪く、先行力を生かせる小回りの中山コースの方が舞台は合っています
メンバーを見てもハナを狙いに行きそうな馬はいないので、ここは積極的にハナに立って引っ張る展開が理想
安定な走りを続けてメドの立つ走りは十分にできています
中山の舞台に変わって勝ち負けに期待

タイトルとURLをコピーしました