11/29(日) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

11/29(日) 東京予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■東京1R 2歳未勝利 [9:30~] ダ1600m

【本命】

◎②リュンヌドネージュ

 

【前走の内容[2歳新馬:東京ダ1300m]】

一歩目が遅く、スタート後はダッシュがつかずに後方2番手まで下がって追走
道中は追っ付けながら徐々に前との差を詰め
直線入り口で大外に出して追い出しますが、前との差は詰まらず2.3秒差の5着
序盤で流れ乗れずに厳しい位置となり、追走に苦労して前残りの展開で5着は健闘

 

【考察】

新馬戦のレモンポップ組がHレベル戦

〈 レモンポップ組:東京ダ1300m 〉
1着 レモンポップ [カトレアS(OP):1着]
2着 サトノムスタング [2歳未勝利:1着]
3着 ヤマニンビオローネ [2歳未勝利:2着]
4着 フランスゴデイナ [2歳未勝利:1着]
5着 本馬

勝ち馬レモンポップは東京ダ1300mの2歳新馬で歴代2位の好時計で、続くカトレア賞を快勝して連勝
2着サトノムスタングは7馬身差の圧勝
4着フランスゴデイナは4馬身差の圧勝
3着ヤマニンビオローネは出遅れ+ちぐはぐした競馬をし、直線は詰まりながらも0.2秒差の2着とスムーズなら勝ち負けの内容
上位馬が優秀で「超」が付くほどHレベル戦
追走に苦労しましたが最後はいい脚を使って5着に健闘しています

今回は距離を伸ばして東京ダ1600mに条件変更
前半でしっかりと流れに乗り、道中はリズムよく脚を溜めるこ展開が理想
前走は北村宏司騎手が好感触を掴むほど稽古の動きは良く、素質の高い馬でレースを使った上積みあって前走以上に仕上がり
初戦は前半で戸惑いがあったため、レースを経験した上積みは大きく見込めます
本来の力を出しきれていないので、2戦目でレモンポップ組の5着の実力に大いに期待


■東京2R 2歳未勝利 [9:55~] 芝1600m

【本命】

◎②ロジネイア

 

【前走の内容[2歳未勝利:東京芝1600m]】

スタート直後に挟まれる不利を受けましたが好位の後ろで追走
600m通過35.5のSペース
道中は馬群に入れて壁を作り、折り合いながら脚を溜めて運び
直線は内から追い出しますが伸びを欠いて0.7秒差の5着
雨が降り続く重たい馬場+道中は内の痛んだ馬場を通り、細い馬なので脚を使えなかったことが敗因

 

【考察】

父エピファネイア×母父キングカメハメハ
デアリングタクト[無敗の牝馬三冠馬]を輩出した同じ血統で
〈 初年度[2019年] 〉
・12頭中8頭が勝利(牝馬6頭)
・13勝中12勝が芝レース(ダート1勝)
・芝1600mが6勝(芝1600m以上11勝)
エピファネイア×キングカメハメハの配合は芝1600m以上で牝馬の活躍が多く目立ち、今年の2歳馬は12頭中3頭がすでに勝ち上がってます
祖母フサイチパンドラ [07年エリザベス女王杯]
叔母アーモンドアイ [芝GⅠの勝利数日本歴代1位]
母パンデリングは未出走のまま繁殖牝馬入りをし、初子ですがGⅠ馬を持つ良血血統

3~4走前は函館芝1200mを使い続け
2走前の札幌芝1500mは好スタートから先頭に立ち、Mペースでマイペースに展開を引っ張り
手応えよく直線に入って後続を振り切ろうとしたが、最後は脚が甘くなり0.7秒差の4着
結果的に距離が少し長かった
と池添騎手は敗因を距離と挙げていますが、新馬戦から芝1200mを使い続けた影響と見ます
前走は距離延長で東京芝1600mを使い、重たい馬場で力を出しきれませんでしたが休み明けとしては悪くない内容
芝1600mで活躍が見込める血統で、前走と同じ条件の東京芝1600m+良馬場で改めて見直し
中5週と間隔を開けてじっくりと乗り込み、叩いた上積みは見込めて前走以上の仕上がり

函館ではいい脚を使えてたので、現状は好位で壁を作りながら脚を溜める競馬が理想
好枠を引いて行く馬もいないので、楽に前に行けてロスなく立ち回れるはずです
内田騎手とコンビ継続で
内田(騎手)×久米田正明(オーナー)」は好ライン
力は通用するので乾いた良馬場の東京芝1600mで改めて期待


■東京3R 2歳未勝利 [10:25~] 芝2000m

【本命】

◎⑥マイネルパリオート

 

【前走の内容[2歳未勝利:福島芝1800m]】

スタートを決めましたが中団に控えて追走
1000m通過1:00.7のMペース
序盤に他の馬を気にして外に逃げ、1角で進路が狭くなってブレーキ
3角から加速して進出しますが、4角で進路が開かずに頭を上げてしまいブレーキ
大外に出して再度加速し、直線はフラフラした走りで追っ付けるのみで0.8秒差の3着
2度のブレーキをかける不利があり、リズムを崩した走りになりながらも3着は評価

 

【考察】

2走前の新馬戦(新潟ダ1800m)は追ってからの反応がなく1.3秒差の6着
前走は早くも芝路線に変更し、2度の不利はありましたがスムーズを欠きながらも3着に好走した素質は十分
母フライングメリッサは中距離の芝で3勝
半兄マイネルラフレシアは新馬→アイビーSを連勝し、3戦目の東京スポーツ杯2歳Sで3着に好走
血統・レース内容を見ても芝向けでいい競馬はでき、芝に変わった2戦目はより期待が持てます

東京最終週の芝1800mか2000mを目標に、メンバーや天候(馬場)などの条件を踏まえて検討して東京芝2000mを選択
最終追いきりの動きも満足のいくもでした」(高橋裕調教師)
陣営も納得のいく仕上がりで、いままでの稽古を踏まえると動きは良化して好仕上がり
広い東京コースならスムーズに運べるはずなので、使った上積み+芝2戦目で前走以上の走りに期待


■東京のオススメ予想

↑オススメ予想はこちらから↑

 


■ジャパンカップのデータ

↑過去10年分のデータはこちらから↑

タイトルとURLをコピーしました