1/18(土) 次走注目馬(中山のみ

スポンサーリンク
次走注目馬

1/18(土) 次走注目馬(中山のみ)

■中山1R 3歳未勝利(10:10~) ダ1200m

◆キャストロペトラ[2着:15人:逃げ]

好スタートで内からハナを主張
道中は番手にいた馬に外から煽られながらペースを引っ張り
残り100mまで先頭で粘るが、最後は勝ち馬に交わされて3馬身差の2着
11.9 – 10.6 – 11.3 – 12.3 – 12.9 – 13.4
スタートは決まりましたが芝部分で行き脚がつきにくく、ダートコースから流れに乗って内からハナを主張
600m通過が33.8とペースは速く、外から煽られながらキツい流れ
直線で粘りを見せましたが、勝ち馬が強く3馬身差の2着

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・短距離ダート+チーク着用
課題は「真面目に走らないこと
前走は休み明け+後方の位置取りで着順は一息
今回はハナに立って集中力が続き、最後まで粘り続けて2着
前走から距離短縮+チークピーシーズ着用をして効果が効き、真面目に走ることができれば勝ち負け
次走も「短距離ダート」+「チークピーシーズ着用」でチェック

◆ニーケスマイル[3着:1人:先行]

五分スタートから行き脚をつけてハナに立ちましたが、内からハナを主張する馬がいたので番手で追走
道中は外から逃げ馬に並んでレースを運び
直線の残り100mで勝ち馬に馬体を当てられる不利がありながらも、最後まで脚を伸ばし0.8秒差の3着
11.9 – 10.6 – 11.3 – 12.3 – 12.9 – 13.4
600m通過が33.8の速いペース
五分スタートから先行するため序盤で脚を使い
ペースは速く流れて展開がキツく、最後は不利を受けましたが懸命に粘り3着の内容

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・中山ダ1200m
前走も中山ダ1200mで出遅れてポジションを取るため序盤で脚を使い
好位で速いペースの流れに乗り、最後まで脚を伸ばして1/2馬身差の2着
2着→3着と2コースの相性は合っています
間隔を開けた方が好走しやすいので、3月の中山開催まで待機が理想

・成長
前走から間隔を開けるために短期放牧
乗り込みは少ないですが、今回はひと叩きした最終追いきりのウッドコースが好タイム
上積みは十分で仕上がり良好
課題は「発馬
出遅れ癖のある馬ですが、今回は五分でスタートができたのは成長の現れ
序盤での消耗はなるべく避けたいので、ゲート練習を積んでスタートさえ決まれば
次走の成長に期待したい

■中山2R 3歳未勝利(10:40~) ダ1800m

該当馬なし

■中山3R 3歳新馬(11:10~) ダ1800m

◆シェダル[1着:1人:先行]

スタートを決めて番手で追走
道中は逃げ馬を外からマークする形でレースを運び
手応えよく4コーナーで早めに先頭に立ち
追い出してからは最速上がりで最後まで脚を伸ばし、2着に2.0秒差も離す大差勝ち

レース後のコメント
「先週調教にも乗って自信はありました。体も大きいし性格も良く、距離も問題ない。今後どう成長していくか楽しみ」(マーフィー騎手)

「下見場とかではのんびりしているが動かしていいタイプ。いいフットワークでバテない走り。時計も良かった」(栗田調教師)

12.9 – 12.4 – 13.1 – 13.0 – 12.4 – 12.4 – 12.7 – 12.9 – 12.8
向正面でペースアップをして消耗戦となりましたが、1頭だけ違う脚(3F38.4)で直線独走の横綱相撲
稍重で脚抜きのいい馬場でしたが、時計1:54.6は新馬戦としては破格の勝ち時計

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・中山ダ1800m
今後は一旦放牧に出されるとのこと(サンスポより)
除外もあったのでリフレッシュをし、万全な状態での昇級戦に期待したい
馬体重518㎏の大型馬で力強い走りが魅力
中山向けの走りをしているので、次開催(3月~)の中山でチェック
馬体に余裕はあったので伸びしろは十分
カフェファラオに並ぶ逸材なので、今後も大いに期待したい

◆ショウナンアニメ[2着:2人:先行]

好スタートを決めて一旦はハナに立つが、控えて好位のインで追走
道中は砂かぶりは問題なくレースを運び
3コーナー手前から追っ付けて最後まで脚を伸ばしますが、直線は勝ち馬に突き放されて2.0秒差の2着

レース後のコメント
「真面目に走りますし、スタートを出ていいところで流れに乗れました。ズブかったのは初めての分だと思います。距離も合っています」(デムーロ騎手)

12.9 – 12.4 – 13.1 – 13.0 – 12.4 – 12.4 – 12.7 – 12.9 – 12.8
向正面で加速するなかでズブさを見せましたが、最後まで脚を伸ばして2着確保
3着に3馬身差で先着し、時計1:56.6は新馬戦として優秀
初輸送・控える競馬を経験できての好走は収穫

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・ダ1800m
スマートファルコン産駒はダ1800mが優秀
デムーロ騎手がレース後のコメントで「距離も合っています」と残し、引き続きダ1800mでチェック
仕上がりは良かったので、間隔を詰めて輸送の少ない京都ダ1800mで狙いたい

◆メジャーブレイク[3着:3人:先行]

少し出負けのスタートから好位で追走
序盤は砂かぶりを嫌ってフワフワしながらの走り
道中は砂かぶりに慣れ、折り合いながらレースを運び
ペースが加速して3コーナー手前から追っ付け
4コーナーの時点では後ろに置かれましたが、直線は外に出してからしっかり脚を伸ばし2.5秒差の3着

レース後のコメント
「大きい馬で大味な競馬になりましたね。砂をかぶってフワフワしていましたが、徐々に慣れてきて、外に出したらしっかり伸びてくれました」(武藤騎手)

12.9 – 12.4 – 13.1 – 13.0 – 12.4 – 12.4 – 12.7 – 12.9 – 12.8
中盤のペースアップで一旦は置かれてしまい、勝ち馬に離されながらも最後はいい脚を使って2.5秒差の内容
馬体重530㎏の大型馬で馬格があり、力強い走りでダート適性は十分

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・叩き2戦目
馬体重530㎏の大型馬で5月の遅生まれと仕上がるのは先ですが、初戦ではいい脚を使って好走
ひと叩きした次走はガラッと変わるはず
勝ち馬が強いレースで、ペースの速さと砂かぶりを経験できたことは収穫
レース慣れが必要な馬ですが、叩き2戦目の成長に期待
砂かぶりをしない方が伸び伸び走っていたので、次走はなるべく「外枠」で注目

・中山ダ1800m
力強い走りでパワー型
最後はじわじわと脚を伸ばし、急坂を苦にしない中山向けの走り
東京よりも引き続きな「中山ダ1800m」でチェック

◆カフェスペランツァ[5着:8人:先行]

スタート直後に挟まれた時間が長く
その後は二の脚が速く好位の外目から追走
道中は加速したペースに流れに乗り、最後まで粘りをみせて3.1秒差の5着

レース後のコメント
「スタートで寄られてダッシュがつきませんでしたが、二の脚は速かったです。外を回る形になって厳しかったですが、最後までしぶとく頑張ってくれました」(北村宏騎手)

12.9 – 12.4 – 13.1 – 13.0 – 12.4 – 12.4 – 12.7 – 12.9 – 12.8
スタート直後に不利を受け
その後は砂を被らない位置取りで終始外を回した分、最後は脚が甘くなってしまった内容

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・叩き良化型
ハーツクライ産駒らしい緩さの仕上がり
1度レースを使って馬体は引き締まり、調教の動きは平凡だったので良化に期待
全兄カフェプリンスも叩いて良化し、4戦目の中山ダ1800mで勝利
叩いて良くなる血統なので次走の上積みに期待

・内枠
今回はスタート直後に不利を受けましたが、二の脚が速く先行
先行力はある馬なので内からスムーズに前に行ければ
終始外に回して砂かぶらずにレースを運んでいたので、揉まれない位置取りでロスのないレース運びに期待

◆スエーニョルシード[6着:4人:逃げ]

好スタートからハナに立ち
道中は番手に勝ち馬に外から煽られながらペースアップ
4コーナーでは楽々と交わされ、懸命に粘りますが3.2秒差の6着
12.9 – 12.4 – 13.1 – 13.0 – 12.4 – 12.4 – 12.7 – 12.9 – 12.8
道中は勝ち馬に煽られてペースは加速
4コーナーではついていけず、最後まで粘りましたが3.2秒差
勝ち馬に大差負けでしたが相手が強く、初戦としては申し分ない内容

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・上積み
馬体重560㎏を超える大型馬
馬体は緩く、調教も反応が一息で仕上がり途上
ひと叩きして変わるはずなので上積みに期待
しかし、今回6着で権利が取れずに一旦放牧へ
天栄で乗り込まれて引き締まり、体力アップをして成長していることに期待
次走は必ず「マイナス体重」で馬体が絞れていれば狙いたい

・距離短縮
今回はペースが加速して展開が厳しくなり失速
体力不足」が今後の課題
しかし、行き脚がついてからのスピードは速く、先行力があるのはこの馬の魅力
距離短縮してスピードが生きるレースができれば
中京ダ1400m」か「東京ダ1400~1600m」でチェック

■中山5R 3歳未勝利(12:30~) 芝2000m

◆ラストエクセル[5着:2人:差し]

スタートは決まりましたが大外枠でポジションを取りに行けず、中団に控えて追走
道中は外からレースを運び、早めに進出して4コーナー先頭集団まで押し上げ
直線で先頭に並びかけるが、最後は脚が甘くなって失速し0.4秒差の5着
12.7 – 11.5 – 13.0 – 12.4 – 13.0 – 12.3 – 12.5 – 12.4 – 12.5 – 13.2
向正面からペースが加速してロンスパ戦
ポジションが取れずに終始外ロスが多く、勝ちに行く競馬をしましたが最後は失速して0.4秒差
外枠が仇となってしまったレース内容

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・内枠
前走[中山1600m]は出遅れて最後方からの追走
道中は外を回して早めに進出し、最後まで脚を伸ばして0.5秒差の3着
2戦続いて外ロスが響いた内容
内でロスなく、脚を溜めてレースを運ぶことが理想
次走は「内枠」でチェック

・東京コース
長くいい脚を使える馬で、中山よりも東京向けの走り
芝1600mだと忙しく、距離延長した芝2000mだと若干長い印象
ハーツクライ産駒の東京コースは好成績で、
母エリモエクセルは優駿牝馬、府中牝馬Sの東京の重賞を2勝
次走は「東京芝1800~2000m」でチェック

◆フルールエトワール[8着:4人:差し]

出遅れましたが行き脚がついて中団で追走
道中は馬群のなかで折り合いながらレースを運び
展開が動いたときに馬群のなかで動けず、ポジションがずるずると下がり
4コーナーでポジションを上げるが、前が壁で追い出せずに後方3番目まで下がって厳しい流れ
直線は大外からじわじわと脚を伸ばし1.1秒差の8着
12.7 – 11.5 – 13.0 – 12.4 – 13.0 – 12.3 – 12.5 – 12.4 – 12.5 – 13.2
向正面からペースが加速してロンスパ戦
出遅れながらも序盤の位置取りは良かったのですが、馬群のなかで包まれて動けずに位置取りが悪くなり、最後までスムーズにレースを運べず8着の内容

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・中山2000m
前走から中山芝2000mを2戦使って大敗続きですが、どちらもスムーズにレースを運べず度外視
キレる脚はなく、じわじわと脚を伸ばすタイプで間違いなく中山向け
次開催の中山まで待機して「芝2000m」で引き続きチェック
そろそろまともなレースに期待

■先週の記事

タイトルとURLをコピーしました