11/14(土) 武蔵野S [予想]

スポンサーリンク
重賞予想

11/14(土) 武蔵野S [予想]


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


東京11R 武蔵野S [15:30~] ダ1600m

■本命

◎⑦エアスピネル

◆前走のレース内容 [エルムS(札幌ダ1700m)]
好スタートから控えて好位の後ろで追走
1角に入ったところで頭を上げて折り合いを欠き、向正面に入ってからは馬群で落ち着いて運び
4角まではいい形で運びましたが、直線に入ってから伸びを欠いて0.7秒差の7着
序盤で折り合いを欠いてロスが多く、ダ1700mは距離が長かった印象

◆考察
腰の疲労を取るために1年かけてじっくりと時間をかけて調整
芝の重馬場は得意と言うことで、陣営はダート重賞を試すために2走前はプロキオンS(阪神ダ1400m)に出走
芝部分でダッシュがつきましたが、控えて好位の後ろで砂かぶりは問題なく折り合って運び
4角では手応えよく外を回しながら直線に入り、外からしぶとく脚を伸ばして1.3/4馬身差の2着
勝ち馬サンライズノヴァの決め手に敗れながらも、ダートに転向して初ダート重賞でポテンシャルの高さを見せた内容
ヤマニンアンプリメ、デュープロセス、ラプタス、ワンダーリーデル、サクセスエナジーの重賞馬を相手に先着は高く評価

4つのコーナーで小回りのコースのよりも、芝スタートでワンターンの競馬が合っているので東京ダ1600mの舞台で改めて見直し
2走ボケが多いタイプなのでリフレッシュした方が良く、3ヶ月の休養明けで立て直して約1ヶ月入念に乗り込んで稽古
坂路でしっかりと攻めた稽古で、ひと叩き毎に良化して順調に仕上がっています
ダートの適性は高く示しており、7歳馬になりましたがまだまだダート重賞ならやれる力は十分にあります
ワンターンの東京ダ1600mで巻き返しに期待

■相手候補

○②モズアスコット
斤量59㎏のトップハンデですが
根岸S→フェブラリーSと2連勝したワンターンの東京の好舞台なら狙いたい
南部杯に続いて癖を掴んでる横山武史騎手なら

 

▲⑬デュートヴァン
レパードSはダ1800mの距離が長く
東京ダ1600mは得意の舞台で4戦3勝【3-1-0-0】
新馬戦→カトレア賞→青竜Sを3連勝し、ユニコーンSはカフェファラオから5馬身差の2着
デムーロ騎手との再コンビで初古場対決でも得意の舞台なら

タイトルとURLをコピーしました