11/14(土) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

11/14(土) 東京予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■東京3R 2歳未勝利 [10:55~] 芝2000m

【本命】
◎⑦スノームーン

◆前走のレース内容 [2歳新馬(東京芝1600m)]
飛び上がるスタートで出遅れて最後方から追走
600m通過37.3のSペース
道中は後方でじっくりと構えて折り合いながら運び
3角で外から中団の後ろにつけ、直線入り口で大外に出して脚を伸ばし0.5秒差の8着
直線は見せ鞭のみで、最後まで流して上がり2位の末脚の内容

◆考察
良化途上の感じ。経験を積んだ方がいいタイプ」(萩原調教師)
稽古の動き自体は良かったですが、 軽めの仕上がり初戦向きのタイプではなく叩き良化型
最終追い切りのダートコースは反応に応え、3勝クラスを相手に0.8秒差先着
レースを使った上積みは見込めて順調に仕上がっています

初戦は出遅れて横山騎手が腹を括り、後方で控える競馬を教え込んでるように見えます
前残りの展開で見せ鞭のみでしたが、上がり2位の末脚で見せ場を作った内容
今回は2F距離延長ですが、新馬戦のゴール後の余力のある走りを見ると芝2000mでも問題なし
稽古では先行して粘る練習を積み、スタート次第で前目のポジションを取ることができれば
引き続き横山典弘騎手とのコンビで、叩き2戦目の変わり身に期待


■東京5R 2歳未勝利 [12:15~] ダ1400m

【本命】
◎④ブルースコード

◆前走のレース内容 [2歳未勝利(東京ダ1400m)]
スタート直後に寄れて接触し、出遅れてすぐに最内に入れながらポジションを上げて中団で追走
600m通過36.6のMペース
序盤に砂をかぶって嫌がり、フラフラした走りをしたため前との間隔を開けながらインで立ち回り
直線入り口で上手く大外に出し、最後までじわじわと脚を伸ばして1.9秒差の3着
大差で圧勝した勝ち馬の相手が悪く、幼い面を見せながらも外に出してから2着に0.3秒差まで詰めて健闘

◆考察
新馬戦のゴールドレガシー組がHレベル戦

〈 ゴールドレガシー組:新潟ダ1800m 〉
1着 ゴールドレガシー [プラタナス(1勝):2着]
2着 カズカポレイ [2歳未勝利:1着]
3着 タマダイヤモンド [2歳未勝利:1着]
4着 トーセンダニエル [2歳未勝利:2着]
5着 クロフネミッション [2歳未勝利:2着]
6着 本馬
8着 ノームストリーム [2歳未勝利:1着]
9着 サクセスエース [2歳未勝利:1着]

最内枠から行き脚をつけて好位に上げて追走
序盤で砂かぶりを嫌がり、向正面で砂をかぶらせないように大外に出して運び
3~4角は外4を回しながら直線は伸びを欠いて1.7秒差の6着
もしかしたら距離が長いのかもしれません」(菅原明騎手)
勝負どころで外ロスが多くて距離が長く、②③⑧⑨着がすでに勝ち上がるHレベル戦で6着に健闘

2戦目は2F距離短縮して3着に好走
距離はこれぐらいか合うと思います」(三浦騎手)
序盤で砂をかぶって嫌がりましたが、直線まで前との間隔を開けながらも内で我慢させる競馬をさせたことは収穫
徐々に慣れて今回の競馬に繋がることができれば
理想としてはスタートを決めてから好位の外目につけ、砂をかぶらせずにリズムよく運んで脚を溜めること
距離短縮でいい走りはできているので、引き続きダ1400m+三浦騎手とのコンビで期待


■東京7R 3歳以上1勝クラス [13:15~] ダ1600m

【本命】
◎⑩トランスポーター

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(東京ダ1600m)]
ダッシュがついて好位3番手で追走
600m通過36.0のHペース
終始外からプレッシャーを掛けられる形になり、3角手前で外の馬が前に出ましたが引けずに3番手をキープ
3~4角を外3で運びながら2頭の間に挟まれる形が続き、直線はしぶとく粘って0.6秒差の5着
道中は平行ラップ(12.0-12.2)が続き、息が入らず先行勢には厳しい展開
終始外からプレッシャーを掛けられた分、最後は伸びを欠きましたが0.6秒差に評価

◆考察
6ヶ月半の休養明けの2走前(中山ダ1800m)は前向きに行きすぎた分、力んだ影響で最後は甘くなり0.9秒差の7着
陣営は距離短縮の方が歓迎と言うことで前走は初めてダ1600mを試し、序盤から流れに乗れて厳しいペースで追走できたことは収穫
大型馬のパワー型で跳びが大きく、東京コース+良馬場は歓迎で時計の掛かる展開が理想
瞬時にキレる脚はないので、先行して自分のリズムで脚を溜めることができれば

休み明けから+6㎏→+4㎏の計10㎏とプラス体重が続き、叩き3戦目で上積みはあるので緩さのある馬体が引き締まってることが理想
戸崎騎手に乗り替わりは魅力
引き続き東京ダ1600mで巻き返しに期待


■東京9R オキザリス賞 [14:20~] ダ1400m

【本命】
◎⑩プロバーティオ

◆前走のレース内容 [2歳未勝利(東京ダ1400m)]
大外枠から二の脚が速く、内を見て一気に先頭に立ち
600m通過35.5のHペース
道中は馬のリズムに合わせてペースを引っ張り、縦長の隊列で緩みのない展開で折り合いながら運び
直線に入っても後続を引き離したまま、最後は余力を残しながら4馬身差の勝利
前向きさがあって道中は平行ラップ(12.1-12.1)で緩みがなく、息の入らない厳しい展開で4馬身差の圧勝
東京ダ1400mの良馬場で勝ち時計1:24.7は優秀

◆考察
母オナーリーブ中距離はダートで3勝
産駒の通算5勝のうち3勝が短距離ダートで勝利
稽古でのフットワークが軽かったので陣営は芝2戦使いましたが、父トランセンドを迎えたダート血統
前走は初ダートで血統通りに初勝利を飾っています

休み明けを挟んで馬体がしっかりとして成長
中1週で使った上積みは見込めるので引き続き状態は良好
展開としては前走同様にハナに立ち、リズムよく運んでスピードを生かした競馬が理想
バクシンの出方次第ではありますが、初勝利を挙げたデムーロ騎手が本馬に乗り替わりと言うことで、バクシンの乗り味を知っている騎手なのでここは積極的に斎藤騎手よりも行ってくれるはずです
前走の内容なら昇級しても通用する力はあるので、引き続き同舞台で昇級初戦に期待


■東京12R 3歳以上2勝クラス [16:05~] ダ1400m

【本命】
◎⑨ボストンテソーロ

◆考察
前走はSTV杯(函館芝1200m)はキレ負けをして0.5秒差の8着
18年9月新馬戦以来の芝レースでしたが見せ場なく度外視
父Temple CityはクーガーIIHの米GⅢを制した米国産馬
母父Awesome Againはカナダの生産馬ですがBCクラシック、ホイットニーHの米GⅠを2勝
本質的には芝向けではなくダート血統なので、ダート戻りで改めて見直し

2走前のコメントで
体がついていっていないですね。そのぶん、伸びきれないようです」(田中博調教師)
成長不足を示唆しています
成長を促すために放牧を入れて、5ヶ月の休養明けで成長して戻ってきています
2週連続で坂路を好タイムで叩き、1週前追い切りの坂路で5F50.9-12.4の自己タイをマーク
3週連続で大野騎手が稽古をつけて入念に調整して仕上がり、鉄砲駆けは問題なし【1-1-0-1】
8走前の3歳500万下は後の重賞馬デュープロセスを相手にハナ差まで迫り、3走前には2勝クラスで2.1/2馬身差の2着
特徴を捉えてる大野騎手とのコンビに戻り、相性のいい東京ダ1400mの舞台で巻き返しに期待


■重賞予想 武蔵野S[15:30~] ダ1600m

↑武蔵野Sの予想はこちらから↑


■東京のオススメ予想

↑東京のオススメ予想はこちらから↑

タイトルとURLをコピーしました