10/25(日) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

10/25(日) 東京予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■東京1R 2歳未勝利 [9:55~] ダ1600m

【本命】
◎⑧ノームストリーム

◆前走のレース内容 [2歳新馬(新潟ダ1800m)]
スタートを決めてからダッシュがついて好位3番手で追走
1000m通過1:03.1のMペース
道中は外を回しながら折り合って運びますが、残り800mを過ぎたところで手応えが怪しく
早めに追っ付ける形となり、直線は脚が甘くなって失速し2.2秒差の8着
ラスト2F加速ラップ(12.9-12.9)で上位馬の相手が悪く、勝ち馬ゴールドレガシーは昇級戦のプラタナス賞で僅差の2着
2着カズカポレイ、3着タマダイヤモンドはすでに未勝利戦を勝ち上がるHレベル戦
陣営は暑さにやられたと敗因を挙げています

◆考察
一旦立て直すために放牧に出し、涼しい時期を目標に帰厩して調整
ひと叩きして動きは良化し、1週前追い切りの南Wは追走から反応に応えて併せ馬に併入
しっかりとリフレッシュして仕上がっています

半兄ガロリアクリーク(父キンシャサノキセキ)は今年のスプリングSを制して皐月賞で3着に好走した重賞馬を兄に持つ血統
本馬は父マジェスティックウォリアーを迎えてダート路線で期待
初戦は本来の力は出しきれませんでしたが、スタートが上手で先行力があるのは収穫
田辺(騎手)×中舘(調教師)」は好ラインで勝負気配を感じます
先行力を生かした競馬で巻き返しに期待


■東京4R 2歳新馬 [11:25~] 芝1600m

【本命】
◎⑥アルコディオーサ

◆考察

ディープインパクト
ナスケンアイリス
母父フレンチデピュティ
騎手田辺裕信
調教師手塚貴久 [美浦]
馬主ビタカ・ブリターズ・ユニオン
生産者桜井牧場

〈 代表産駒 〉
半兄モジアナフレイバー:大井記念(SⅠ)
半兄ゴルトマイスター:北総S(3勝)

母ナスケンアイリスの産駒は4頭がJRAでデビューして全頭が勝ち上がる一族
兄のモジアナフレイバーは4歳で南関東SⅠの大井記念を制し、昨年の東京大賞典・今年の南部杯と中央の好メンバーが揃うなかで3着に好走
産駒の通算12勝は全てダートで勝利
7番仔の本馬は父にディープインパクトを迎え
父ディープインパクト×母父フレンチデピュティ
・マカヒキ [16年日本ダービー]
・ショウナンパンドラ [15年ジャパンC]
多くの芝で活躍をする産駒を輩出し、ダート一族ではありますがディープインパクトを迎えて芝での活躍が見込めます

先週除外になって最終追い切りは整える程度
2週前追い切りに田辺騎手が跨がって高く評価し、乗り込まれて順調に仕上がっています
稽古で軽快に動き、持ち味の瞬発力を生かす競馬ができればチャンスはあります
良馬場は歓迎なので初戦から好走に期待


■東京5R 2歳1勝クラス [12:15~] 芝1400m

【本命】
◎③アヴァノス

◆前走のレース内容 [2歳新馬(中山芝1600m)]
スタートは決まりましたが直後に内の馬が外に寄れ、避けるために外に膨れて控えて中団で追走
600m通過35.8のSペース
3~4角は馬群で包まれて動けず、直線に入って上手く捌いて外に出し
追っ付けるのみで最速上がりで差しきり1/2馬身差の勝利
Sペースでしたがラスト2F加速ラップ(12.0-11.6)は優秀
前が残る展開で最速上がりで交わした内容に評価

◆考察
初戦は2週連続で除外となり、延びた分は追い切れましたが馬体に緩さを残すなかで勝利
中5週で順調に乗り込んで動きは良化し、レースを使った上積みは見込めて仕上がっています
馬体重450㎏と牡馬としては小柄ですが、馬体が絞れて引き締まってることが理想

母エセンテペはネルグウィンS(GⅢ:芝1400m)の勝ち馬
母系はスプリント向きのスピードタイプですが、父ダイワメジャーを迎えてマイル色が強くなって芝1600mで距離は持っています
今回は距離短縮の芝1400mは歓迎で、 持ち味の瞬発力が生きる長い直線の東京コースは合ってます
前走は馬群で折り合い、直線でしっかりと捌いて控える競馬ができたのは収穫
スタート直後にスムーズを欠いてポジションが取れなかったため、理想としてはすんなりとスタートを決めて先行することができれば
昇級しても通用できるので期待


■東京7R 3歳以上1勝クラス [13:15~] ダ1400m

【本命】
◎⑨ミッキーチャイルド

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(東京ダ1400m)]
好スタートから積極的にハナを主張
600m通過35.7のMペース
道中はマイペースに持ち込んで手応えよく直線に向かい
残り100mまで先頭で粘るが、最後は決め手に敗れて0.6秒差の4着
ラスト2Fが11.8-11.9と決め手勝負となり、上位2頭の末脚が勝る展開となって粘れず
休み明けで初めて逃げる形となりましたが4着に健闘

◆考察
前走は6ヶ月半の休養明けで乗り込まれてましたが仕上がりは甘く、鉄砲に弱い馬なので休み明け初戦としては見せ場のある展開に持ち込んでいます
3走前の休み明けで+14㎏と馬体は大きくなり、成長して力は十分につけてきています
叩いた上積みは見込めて、息の入り方は良化して前走以上の仕上がり

田辺騎手が
今までの競馬を見ていて、逃げる手もありかなと思っていたんです
前走は勝ちパターンに運べて見せ場のあるレースはできています
相手を見ると積極的に運ぶ馬は不在で、楽に先行できるのはずなので理想として前走同様にハナを狙うこと
ダ1600mは最後が甘くなりやすいので、ダ1400mがベストの条件で良馬場は歓迎
5歳馬となって本格化してきているので、叩き2戦目で好走に期待


■東京10R 甲斐路S [14:50~] 芝2000m

【本命】
◎⑨スパイラルダイブ

◆考察
東京【2-1-1-5】
東京芝1800mで500万下→1000万下を連勝
昇級してから3勝クラスに
足踏みをしてますが、惜しいレースは続いてメドは立っています

3走前のアメジストS(東京芝2000m)は飛び上がるような形で出遅れて後方で追走
直線は内から脚を伸ばしますが、前が止まらない展開で1.5秒差の9着
Sペースで前有利の展開となり、出遅れてポジションが悪くなったことが敗因
府中Sは3ヶ月の休養明けの昇級初戦で0.2秒差の4着に健闘し、ジューンSは不良馬場で馬場が合わずに0.7秒差の4着
東京芝2000mは現級で4着→4着→9着
アメジストS、ジューンSは敗因は明確で、持ち味が生きる東京コース+良馬場は歓迎

今回は相手が手薄なのでチャンスは十分にあり、菊花賞の裏開催で田辺騎手確保はプラス
6歳馬になりましたが衰えはなく、体はしっかりとして仕上げてきています
出たなりにポジションを取って脚を溜めて持ち味を生かし、条件が揃ってる今回は好走に期待


■東京12R 3歳以上2勝クラス [16:10~] ダ1300m

【本命】
◎⑫プタハ

◆考察
揉まれ弱く、砂をかぶるのを嫌がるタイプ
外寄りの枠に入ったのは歓迎ですが、8枠のモリトユウブが同型なのでかぶされないようにポジションが取れるかが鍵
ダートスタートは本馬にベストの条件
出遅れやすいですが行き脚はつきやすいので、無理にでも強引に先行することが理想
積極的に前に行く馬もいないので、モリトユウブの展開次第ではハナか番手で運ぶことができれば
自分の形に持ち込むことが粘り強いので積極的な騎乗に期待

タイトルとURLをコピーしました