10/17(土) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

10/17(土) 東京予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■東京2R 2歳未勝利(牝) [10:45~] 芝1600m

【本命】
◎⑩ロジネイア

◆考察
祖母フサイチパンドラ [07年エリザベス女王杯]
叔母アーモンドアイ [GⅠ7勝(牝馬三冠)]
母パンデリングは未出走で繁殖牝馬入りをした初子ですが、GⅠ馬を持つ良血一族

父エピファネイア×母父キングカメハメハ
 ★デアリングタクト [19年桜花賞、優駿牝馬]
 ★スカイグルーヴ [20年京成杯:2着]
 ★クラヴェル [20年三面川特別(2勝)]
来週の秋華賞で無敗の牝馬三冠の快挙に挑むデアリングタクトと同じ血統
〈 初年度[2019年] 〉
・12頭中8頭が勝利(牝馬6頭)
・13勝中12勝が芝レース(ダート1勝)
・芝1600mが6勝(芝1600m以上11勝)
芝1600m以上で牝馬の活躍が多く目立ちます
今年の2歳馬は9頭中3頭がすでに勝ち上がり、今回条件が揃ってる本馬にも期待が高まります

前走(札幌芝1500m)は好スタートから先頭に立ち
マイペースでリズムよく展開を引っ張り、手応えよく直線入口で後続を振り切ろうとしたが、最後は脚が甘くなって0.7秒差の4着
結果的に距離が少し長かったか
と池添騎手は前走の敗因を距離と挙げていますが、新馬戦から芝1200mを使い続けた影響と見ます

今回は更に距離を延長した東京芝1600m
芝1600mの方が活躍が見込める血統なので距離延長は歓迎
2走前の函館芝1200mは好位3番手のインでロスなく立ち回りましたが、逃げた勝ち馬がしぶとく粘りクビ差の2着
こういう競馬を続けていけば
と池添騎手はコメントしながら、前走はハナに立って脚が溜まらずに伸びを欠いて4着
現状は脚を溜めた方がいい脚を使えるので、前目の位置で壁を作って脚を溜めるレース運びが理想
今回は内田騎手に乗り替わり、「内田(騎手)×久米田正明(オーナー)」は好ライン
立て直して東京芝1600mで改めて見直し


■東京3R 2歳未勝利 [11:15~] 芝1800m

【本命】
◎⑦ミュラッカ

◆前走のレース内容 [2歳未勝利(中山芝1800m)]
行き脚をつけてポジションを取りに行くが、すぐに控えて中団の後ろで追走
1000m通過1:02.1のSペース
道中は外を回しながら折りをつけて脚を溜め、勝負どころは外4を回しながら直線に入り
外から最速上がりで脚を伸ばすが、先行した勝ち馬と脚色が同じで差が詰まらず2馬身差の2着
雨が降って稍重の馬場で時計が掛かるなか、ラスト2F加速ラップ(12.1-12.1)で勝ち馬と同じ最速上がりで駆け上がった内容に評価

◆考察
前走は3ヶ月の休養明けで+6㎏と馬体に緩さが残るなか、2着に好走して力を示しています
これだけやれたのは収穫
良化の余地を残すなかで好走したことは大きく、北村宏司騎手が手応えを掴んでいます
ひと叩きをしてから中2週で上積み大きく、前走以上に仕上がを見せています
馬体重が絞れて引き締まっていることが理想

キレる脚はなく、長くいい脚を使えるのでなるべく前のポジションが理想
前走は1角で少し消極的になり、位置を下げて後ろから届かずの内容
今回は先行する相手が少なく、スタートを決めて積極的に位置を取りに行くことが理想
トモも良化して上積みのある今回は前に行けるはずです
広い東京コースは歓迎なので、叩き2戦目の上積みに大いに期待


■東京6R 3歳以上1勝クラス [13:05~] ダ1400m

【本命】
◎⑮ファイヴレター

◆考察
5走前の3歳1勝クラス(東京ダ1400m)を評価
好スタートから中団に控えて追走
600m通過34.2のHペース
4コーナーで先団集団と離され、直線は内から脚を伸ばして1.7秒差の5着

〈 3歳1勝クラス:東京ダ1400m 〉
1着 レッチェバロック
2着 アストロブレイク [3歳以上1勝クラス:1着]
3着 タイキラッシュ [3歳1勝クラス:1着]
4着 プリマジア [3歳1勝クラス:1着]
5着 本馬

レッチェバロック組はHレベル戦
後続を9馬身離して勝ち時計1:23.6の非常に優秀なレース
上位4頭までが次戦で1勝クラスを勝ち上がり、勝ち馬の相手が悪いなかで2着アストロブレイクとは0.3秒差の内容
Hレベル戦で5着に好走した内容は高く評価

4走前の3歳1勝クラス(東京ダ1600m)は好スタートからすぐに控えて好位の後ろで追走
直線に入って内で進路が開かずに追い出しが遅れ、外に切り替えて脚を伸ばし3/4馬身差の2着
勝ち馬キタノオクトパスはジャパンダートダービーで3着に好走した相手に0.1秒差まで詰めています

レベルの高いレースでしっかりと上位に食い込み、現級のメドは十分に立っています
前走の福島ダ1700mはコーナーで上手く回れずに右回りは不向きの印象
安定している左回りの東京コースで見直し
スタートが苦手な面があるので、出たなりにある程度前目でポジションを取ることが理想
難しい部分があるので引き続きデムーロ騎手継続は魅力
東京ダ1400mに戻って好走に期待


■東京7R 3歳以上1勝クラス [13:35~] ダ1600m

【本命】
◎⑯ピースボヌール

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(新潟ダ1800m)]
ゲート内で駐立し、スタート直後はダッシュがつかずに後方から追走
1000m通過1:03.4のSペース
道中は砂をかぶらせずに外を回し、ペースを見越して向正面で大外から一気にまくって先頭集団に並び
3~4角は外4を回して直線に向かいましたが、最後は甘くなり1.2秒差の7着
ラスト4Fから一気に加速してロンスパ戦となり、中途半端にポジションを上げて勝負どころで外ロスをしつつ、厳しい展開のなかで1.2秒差まで粘った内容は評価

◆考察
3走前の未勝利戦(東京ダ1600m)を評価
スタート直後に寄れて接触し、ダッシュがつかずに中団で追走
600m通過36.0のMペース
道中は包まれないように大外を出し、4角は外4を回しながら早めに進出して先頭集団に並んで直線に入り
残り200mを過ぎたところで外から交わされますが、最後まで脚を伸ばして盛り返しクビ差の勝利
最後は差し返した勝負根性に評価して、不良馬場で脚抜きのいい馬場でしたが勝ち時計1:36.9は優秀

内田騎手がコンビ継続で
追い出しを我慢するよりも、惰性をつけて走らせる方がいいタイプ
と癖を掴み、特徴をしっかりと生かしながらレースをし、札幌・中山の小回りコースよりも広い東京の方が競馬がしやすく本馬に合っています
道悪想定ですが3走前の不良馬場で対応できたので問題なく、東京ダ1600mに戻って1勝クラスでも好舞台での好走に期待


■東京12R 3歳以上2勝クラス [16:25~] ダ1600m

【本命】
◎⑥フルデプスリーダー

◆考察
前走の青竜S(東京ダ1600m)は出遅れて中団の後ろで追走
1000m通過59.2のHペース
道中は行きたがるのを抑えながら宥めて、3~4角は外5を回しながらロスをし
直線は外からじわじわ脚を伸ばして0.4秒差の5着

〈 青竜S:東京ダ1600m 〉
1着 デュートヴァン [ユニコーンS(GⅢ):2着]
2着 ダノンファスト [天の川賞(2勝):1着]
3着 タガノビューティー [日清特別(2勝):2着]
4着 ショウナンナデシコ [3歳以上2勝クラス:3着]
5着 本馬
7着 フォーテ [3歳以上2勝クラス:1着]
8着 シェダル [大通公園特別(2勝):1着]

青竜SはHレベル戦でユニコーンSの2着馬相手に0.4秒差まで詰めています
出遅れて後ろから追走となり、道中は外ロスが多くて厳しいなかで5着好走に評価

東京ダ1600mはベストの舞台【2-0-0-1】
未勝利→1勝クラスを勝ち上がってるコースで、ヘニーヒューズ産駒は好成績を収めています
ここを目標に仕上げてきて、今回はリーディングのルメール騎手に乗り替わりは魅力
揉まれ弱いタイプなので、先行してかぶされずにリズムよく運ぶことが理想
6戦とも3歳の上位馬たちとレースをし、Hレベル戦で好走を続けてきています
現級でも十分に通用する力からはあり、瞬発力はあるので脚をしっかりと溜めて生かすことができれば
得意の東京ダ1600mの舞台で好走に期待

タイトルとURLをコピーしました