10/10(土) 新潟予想

スポンサーリンク
新潟予想

10/10(土) 新潟予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■新潟2R 2歳未勝利 [10:25~] ダ1800m

【本命】
◎⑪マイネルタイムリー

◆前走のレース内容 [2歳未勝利(中山ダ1800m)]
出遅れて外枠から行き脚をつけて前に行きましたが、先行争いが激しくなったため控えて中団で追走
1000m通過1:03.2のMペース
道中は砂をかぶって気の悪さを見せ、2コーナーから早めに追っ付けて向正面で好位集団まで進出
外5を回して3コーナーで先頭に並びましたが、直線は脚が甘くなり2.6秒差の5着
良馬場でしたが時計は速くなり上位馬が優秀
気の悪さを見せてスムーズを欠き、前が止まらない展開のなかで最後まて踏ん張って5着は健闘

考察
2走前(新潟ダ1800m)はダッシュがつかずに中団に控えましたが、1コーナーで故障した馬の煽りを受けて外に膨らみ
道中は砂をかぶらせずに外を回しながら立ち回り、4コーナーで早めに追い出して直線へ
後方の離れた位置で外から脚を伸ばし、上がり2位の末脚で差を詰めて1.0秒差の2着
序盤で不利を受けたのが大きく、離れた厳しい位置から差を詰めての2着は評価

ダートに戻して距離を延長したダ1800mで走りが一変
砂をかぶると気の悪さを見せてしまうので、道中はロスが多くなっても砂をかぶらせずにスムーズに運ぶことが理想
デビューから乗り続けてる宮崎北斗騎手が継続で、癖は掴んでるので騎手なので序盤から行き脚がついて先行できれば
エンジンの掛かりが遅いので左回りは歓迎で、2走前に好走経験のある新潟ダ1800mに戻って好走に期待


■新潟5R 2歳未勝利 [12:15~] 芝2000m

【本命】
◎④ダノンドリーマー

◆前走のレース内容 [2歳新馬(中山芝1600m)]
出遅れてましたが好位の後ろにつけて追走
600m通過37.9のSペース
道中は馬群で折り合いながら脚を溜めて、ラスト3Fからペースが加速して4コーナーで追っ付けながら進み
直線は外に出して脚を伸ばし0.8秒差の5着
脚力勝負の展開でラスト2Fが加速ラップ(12.1-11.7)となり、前が止まらない展開のなかでじわじわと差を詰めて0.8秒差
上位馬が優秀で相手が悪く、周りを気にするなど初戦らしい内容のなかで健闘

◆考察
曾祖母エアデジャヴー、秋華賞馬エアメサイアなどの重賞馬がいる良血血統
父ルーラーシップ×母父ディープインパクト
・キセキ [17年菊花賞:1着]
・アンティシペイト [阿寒湖特別(2勝):1着]
・フアナ [フローラS:3着]
今週の京都大賞典に出走するGⅠ馬キセキ、3連勝中で菊花賞に挑むアンティシペイト、ローズSで1番人気に支持されたフアナがいる血統
中~中長距離で活躍する産駒が多く、今回の2F延長は歓迎と見ます

馬体重488㎏の大型馬で緩さを残し、周りを気にしながらの走りで初戦らしい内容
ひと叩きして馬体は引き締まり、レースを使った慣れがあることが理想
今回は愛弟子の岩田望来騎手に乗り替わって減量騎手起用は魅力
キレる脚はないので前目のポジションにつけて、しぶとく脚を伸ばす走りができれば
内回りの方が合いそうなので、距離延長+減量騎手起用で改めて期待


■新潟8R 3歳以上1勝クラス [13:45~] 芝1600m

【本命】
◎①スペースクラフト

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(新潟芝1400m)]
スタート直後すぐに控えて後方3番手で追走
600m通過33.8のHペース
道中はインに入れましたが、3コーナーで故障した馬の煽りを受けて少しブレーキ
その後はインでロスなく立ち回り、直線は真ん中から脚を伸ばして0.7秒差の4着
前が残る展開で最後まで集中して脚を伸ばした内容に評価

◆考察
3走前(京都芝1600m)は先行争いが続いてハナに立ち
600m通過34.5のHペース
ラスト4Fから加速して後続を離しますが、最後は甘くなって1.0秒差の8着
初の芝でしたがいいスピードはあり、早めに動いて最後は甘くなりながらも見せ場のある内容

2走前(阪神芝1200m)は出負けして無理に行かずに中団の後ろで追走
600m通過34.3のHペース
直線に入って進路が開かずに追い出しが遅れ、残り200mで開いた内から脚を伸ばして0.8秒差の5着
距離を短縮した芝1200mは忙しいレースになり、最後はスムーズを欠いて脚を余らせながらも見せ場のある末脚は評価

2戦連続(前走~2走前)で秋山騎手が騎乗し
押しつけると反抗するので、テンはあんまりいじらない方がいいと思います
と前走は冷静に判断して後方からの競馬をし、2戦連続で後ろから脚を使ってレース運びに幅は出たことは収穫
芝を3戦使って見せ場の走りはでき、もう少し距離があった方がいいと陣営は判断して芝1600mに戻します
当日のテンションに課題のある馬なので、短期放牧でリフレッシュして当日を迎えるのは本馬にとってプラス
イレ込みの厳しいの馬なので、落ち着かせて最後まで集中できるかが鍵となります
難しい部分はありますが芝でも十分に通用する力はあります
リフレッシュ効果+距離延長で前走以上の走りに期待


■新潟9R 3歳以上1勝クラス [14:15~] ダ1800m

【本命】
◎⑧セイカヤマノ

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(中京ダ1900m)]
一歩目が遅く大きく出遅れて後方2番手で追走
道中はインでロスなく立ち回り
3コーナーで進路が開かず、各馬が動くなかで待たされる状態になり
4コーナーで外に出し、直線は外から脚を伸ばして0.1秒差の4着
上位とは勝負どころでスムーズを欠いた差
休み明けでしたが最後まで脚を伸ばした内容に評価

◆考察
古馬になって9戦のうち7戦が0.5秒以内の決着
2走前(東京ダ2100m)は不良馬場で時計が速くなり、使い詰めの披露もあって2.1秒差の12着で度外視
7走前(中京ダ1900m)は勝ち馬の相手が悪く、前が止まらずに離されて7馬身差の2着
2走前以外は安定した走りが続いてメドの立つ走りはできています

本馬の持ち味は末脚
ゲートが苦手で出遅れやすいですが、もともと後方からの競馬が板についてる馬なので問題なく
自分からやめてしまう面はあるので展開次第
癖を掴んでる柴山騎手に戻るのはプラス
折り合いがつきやすく、脚を溜めれば終いは必ずいい脚を使ってくれるのが本馬の魅力
前走はリフレッシュ効果があり、今回は休み明けを叩いて上積みが見込めます
良馬場に回復することが理想ですが、稍重でも馬場は許容範囲
ローカルの新潟ダ1800mで前走以上の走りに期待


■新潟11R 魚沼特別 [15:25~] 芝2000m

【本命】
◎②コマノウインクル

◆考察
出負け+スタート直後に挟まれましたが、行き脚がついて好位で追走
1000m通過1:01.9のSペース
道中は馬群で折り合いながら脚を溜めて運び
直線は真ん中から脚を伸ばしますが残り300mで内に斜行し、すぐに立て直して最後まで踏ん張り1/2馬身差の勝利
2着ロバートソンキーは格上挑戦の神戸新聞杯で好メンバーが揃ってるなか0.3秒差の3着
重賞で好走した相手を下した前走は高く評価

芝の中距離路線に変更してから2連勝
前走と同じ新潟の外回りは、長くいい脚を使える本馬にとって好舞台
距離延長は問題なく、難しい馬なので癖を掴んでる加藤騎手に戻るのはプラス
緩い馬場よりも良馬場の方が歓迎
神戸新聞杯3着馬に先着してる前走の内容なら昇級しても即通用
連勝の勢いのまま2勝利クラスでも好走に期待


■新潟12R 朝日岳特別 [16:00~] 芝1200m

【本命】
◎①ヒガシヴァルキリー

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(福島芝1200m)]
スタート直後にゲートに接触し、ダッシュがつかずに好位3番手で追走
600m通過33.7のHペース
4コーナーで手応えよく先頭に並び、大外のいい馬場を通って直線で粘って0.4秒差の3着
勝ち馬が内の悪い馬場を通り、ラスト2F加速ラップ(11.8-11.7)で突き放されて相手が悪く
先行勢が崩れるなかで最先着の内容に評価

◆考察
前走は昇級初戦でメドの立つ内容
陣営は逃げ宣言をしながらもゲートに接触してダッシュがつかずに控える形となり、好位で折り合いながら競馬ができたことは収穫
ラスト2F加速ラップの好内容のレースで勝ち馬が強く、3/4馬身差の2着クッドマックスは1勝クラス→2勝クラスと連勝を飾っています
外のいい馬場を通りながらもロスは多く、Hペースで先行勢が崩れる展開
本来の競馬ができていないなか、Hレベル戦で力を示した内容は高く評価

パドックや返し馬でもテンションが高くエキサイトしてたとのこと
テンションが高いのが課題で、放牧を入れてリフレッシュさせたことは大きく仕上がっています
落ち着いたまま本番を迎えることが理想で、小柄な馬なので馬体重が少しでもふっくらとして成長分があることが理想

今回は最内を引けたのは好材料
同型のシネマトグラフがハナを狙いに行きそうですが、行けるのなら好枠からハナに立つことが理想
ハナを譲らないのであれば番手に控えることも視野に、前走は控える競馬もできたので前目の位置で運び、開幕週の馬場は合うのでスピードを生かした競馬ができれば
横山武史騎手に乗り替わりは大歓迎で、ローカルの新潟コースで昇級2戦目に期待

タイトルとURLをコピーしました