10/10(土) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

10/10(土) 東京予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■東京1R 2歳未勝利 [10:15~] ダ1400m

【本命】
◎⑪タマダイヤモンド

◆前走のレース内容 [2歳未勝利(中山ダ1800m)]
スタートを決めて一旦はハナに立つが、内からハナを主張されたため控えて番手で追走
1000m通過1:02.7のHペース
3~4コーナーから早めに追っ付けて手応えが怪しく、直線は伸びを欠いて4.8秒差の10着
熱中症を起こしたとのことなので度外視

◆考察
前走の新馬戦(新潟ダ1800m)を評価
外枠からスタートを決めて好位で追走
1000m通過1:03.1のMペース
道中は馬群に入れて折り合ないながら運び
4コーナー手前から早めに追っ付ける形で2番手まで位置を上げ、直線はしぶとく脚を伸ばして0.6秒差の3着
ラスト2Fが加速ラップ(12.9-12.9)で、勝ち馬の時計1:54.9は新潟ダ1800mの新馬戦として非常に優秀
上位2頭に力負けですが、ハイレベル戦で0.6秒差まで詰めて時計1:55.5と健闘

新馬戦で陣営は距離の不安はありましたが
距離もいいですね
3着に好走して津村騎手がコメント
しかし、前走のレース後のコメントで
距離が長いのかもしれませんね
と大敗の敗因を挙げています
半兄タマブラックホールが短距離ダートで4勝
母タママリアは現役時代に新馬戦はダ1600mで勝ち上がり、500万下(現1勝クラス)のダ1200mで安定した走り
母系が短距離向きの血統なので、今回は2F距離を短縮して改めて見直し

初戦は調教の本数が少なく仕上がり途上で、前走は叩いた上積みは大きく南Wで好時計をマーク
今回は整える程度の調整ですが、前走が好仕上がりだったため引き続き状態は良好
新馬戦は揉まれる競馬を経験をしてることは大きく、センスのある走りを見せています
距離短縮で変わり身に期待


■東京3R 2歳未勝利 [11:15~] 芝1400m

【本命】
◎③オオシマサフィール

◆前走のレース内容 [2歳未勝利(中山芝1600m)]
スタート直後に内の馬が寄れて接触される不利を受け、少し躓き気味になりながら出遅れて中団で追走
600m通過35.2のMペース
道中は内に入れて馬群のなかでしっかりと折り合って運び
4コーナーで外に出して追っ付けましたが、直線は手応えがなく伸びを欠いて2.3秒差の8着

◆考察
前走の敗因は①距離+中山コース②休み明け
①陣営は「中山に対応できれば」と不安視しており、直線は手応え以上に伸びなかったので距離が長かった印象+急坂のあるコースが合わず
②3ヶ月の休養明けで調教の本数は少なく、併せ馬に遅れて反応は平凡で仕上がりはいまひとつ

気性面、コントロールの難しさが課題
他馬を怖がったり、口向きが悪かったりと難しい面はありますが、前走はインの馬群で追走できたことは収穫
レースを積み重ねる毎に少しずつですが成長しています
難しいところがあるので丸山騎手の継続騎乗は歓迎で、力はあるので道中はスムーズに立ち回ることができれば

小柄な馬ですがリフレッシュして+8㎏とふっくらとして成長して帰厩
休み明けを叩いての中2週で坂路を一杯に追い込み、叩いた上積みが十分に見込めます
距離短縮+東京の舞台に戻して改めて見直し


■東京6R 3歳以上1勝クラス [13:05~] ダ2100m

【本命】
◎⑬マコトネネキリマル

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(中山ダ1800m)]
好スタートでしたがダッシュがつかずに中団から追走
1000m通過1:02.8のMペース
道中は馬群で砂かぶりは問題なく折り合い
3コーナーで内の馬が外に膨らみ、接触+進路が狭くなってブレーキ
不利を受けて一旦は下がりましたが、再度加速
して外を回しながら直線に入り外からじわじわと脚を伸ばして0.2秒差の5着
勝負どころで不利を受けてスムーズを欠きましたが、最後まで差を詰めて0.2秒差は健闘

◆考察
JRAでのデビューが遅れて2戦連続で大敗後に地方へ移籍
名古屋競馬場でデビューをすると4連勝を飾り、続く東海ダービーでは8馬身差の2着に好走
3走前のオグリキャップ記念(重賞:笠松ダ2500m)はしぶとく粘りを見せて0.4秒差の3着
地方で14戦8勝【8-3-1-2】して中央へ再転入

5走前の名古屋大賞典(GⅢ:名古屋ダ1900m)は中央勢5頭に完敗でしたが、オープンクラスの馬を相手に1勝クラスの本馬が1.7秒差は大健闘
再転入初戦の前走は不利を受けながらも0.2秒差の4着と健闘し、JRA未勝利馬ですが1勝クラスでメドの立つ走りはできています

ササ針をして立て直した効果はありましたが、休み明けで-23㎏と馬体はガレた状態
今回は整える程度ですが叩いた上積みは見込め、馬体重が少しでも回復してることが理想
前走は持ち味の粘り強さが発揮できなかったため、距離延長+先行馬が少ないので積極的に前へ行くことができれば
長丁場のダートを得意とする内田騎手が継続
今回こそは先行してスムーズに運び、再転入2戦目で前走以上の好走に期待

 


■東京7R 3歳以上1勝クラス [13:35~] ダ1600m

【本命】
◎⑮ワンダーマンボ

◆考察
3走前の同舞台(東京ダ1600m)を評価
出遅れて中団まで位置を上げて追走
1000m通過1:02.5のSペース
道中はペースが遅いなか、行きたがるのを我慢させながら脚を溜めて運び
直線は外から脚を伸ばして1.1秒差の3着
勝ち馬が東京ダ1600m(良馬場)で歴代上がり最速(3F34.7)をマークし、脚力勝負の展開で上位2頭の相手が悪く
本馬も上がり3位(3F35.3)の末脚は優秀
これぐらい走れる馬だと思ってました
敗れはしましたが福永騎手も称賛のコメント

昇級してから東京ダ1600mは5着→3着→2着
8走前は急仕上げで緩さが残り、休み明けの影響で直線はモタつきながら0.5秒差の5着
昇級初戦で良化途上のなか0.5秒差は大健闘
2・3走前に3着→2着と好走し、東京ダ1600mでメドの立つ走りはできています

長くいい脚を使えるのが本馬の魅力
ゲートが苦手な面がありますが、スタートを決めてある程度ポジションを取ることが理想
先行しても控えても自在性はあるので、なるべくは前目の位置で運ぶことができれば
休ませてからしっかりと乗り込んで仕上げ、東京ダ1600mの舞台で改めて期待


■東京9R 山中湖特別 [14:35~] 芝2000m

【本命】
◎⑨エトワール

◆前走のレース内容 [3歳以上2勝クラス(中山芝2000m)]
ダッシュがつかずに中団で追走
1000m通過1:01.1のMペース
道中はインでロスなく折り合いながら立ち回り
直線は真ん中から脚を伸ばして0.3秒差の3着
ラスト4Fから加速する展開でペースが速くなり、追走に脚を使って最後は甘くなりながらも3着確保

◆考察
昇級してから2戦連続で3着が続き、現級でもメドの立つ走りはできています
東京芝2000mは3戦2勝【2-0-0-1】の好舞台
4走前のフローラSは出遅れて後方から追走となり、本来の先行する競馬ができずに1.1秒差の15着で度外視
未勝利→1勝クラスを勝ち上がってる舞台に戻って改めて見直し

7ヶ月の休養明けですが鉄砲が利く馬【1-0-2-0】
約1ヶ月間入念に乗り込まれて、長期休養明けでも態勢は整って仕上がっています
今回はデムーロ騎手に戻って「デムーロ(騎手)×近藤英子(オーナー)」は好ライン
2走前の昇級初戦に騎乗し
坂を上がってからジリっぽくなってしまった。結果的にもっと積極的な競馬をしても良かったのかもしれないね
と癖を掴んでコンビ2戦目に挑みます
好舞台の東京芝2000mで勝ち負けに期待

タイトルとURLをコピーしました