10/4(日) 中山予想

スポンサーリンク
中山予想

10/4(日) 中山予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■中山1R 2歳未勝利 [10:05~] ダ1200m

【本命】
◎⑥ビーマイベイビー

◆前走のレース内容 [2歳未勝利(中山ダ1200m)]
大外枠から好スタートで一旦はハナに立つが、すぐに控えて好位4番手で追走
600m通過34.4のHペース
3コーナーから早めに追っ付けて進出し、直線は内にモタれながら脚を伸ばし1.1/4馬身差の2着
先行した勝ち馬が止まりませんでしたが、最後まで差を詰めた内容に評価

考察
ダートの方がよりベターだと思う
と陣営はダート示唆し、前走はダート替わりで2着に好走
母デスティニーラブは現役時代に芝の短距離で勝ち上がりましたが、Crafty Prospector系のダート血統
スピードを受け継がれてダート適性の高く、現状はダートで勝ち負けできる力は十分にあります
好スタートから控えて消極的な騎乗になり、位置取りの差で敗れてるので今回は積極的に運ぶことが理想
ダート2戦目で改めて好走に期待


■中山2R 2歳未勝利 [10:35~] 芝1600m

【本命】
◎⑥ラインプリンス

◆前走のレース内容 [2歳未勝利(中山芝1600m)]
出負けをしましたが行き脚をつけて前に行き
1000m通過1:02.0のSペース
序盤ですぐに団子状態になり、抑えながら馬群で折り合いながら中団で追走
直線に入って狭い隙間を割ろうとしたが、外から寄られて進路が狭くなる不利を受けてブレーキ
再度外に出して脚を伸ばし0.5秒差の5着
道中は窮屈になりながらもしっかりと折り合い、直線は不利を受けて不完全燃焼でしたが差を詰めた内容に評価

◆考察
2走前(新潟芝1200m)は出遅れて後方2番手で追走
600m通過34.3のHペース
後方でじっくりと構えながら4コーナーで早めに追い出し、直線は大外から脚を伸ばして0.3秒差の5着
直線は前が残る展開で最速上がりで差を詰め、4着ヒロインカラーズ、11着ルミナスラインが勝ち上がるなかで5着に健闘

芝1200mは忙しいレースになり、陣営は芝1600mが適性と示唆して距離を戻しています
前走は不利を受けて不完全燃焼でしたが、最後まで脚は止まらず距離は持っています
クビ差の6着キョウエイロナは次戦で勝ち上がり、本馬も勝ち上がる力は十分にあります
癖を掴んでる戸崎騎手が3戦連続でのコンビで、力んだ走りをしてたとのことでメンコを着用
出遅れ癖はありますが、キレる脚はないのでなるべく前目につけて運び、スムーズに加速して長くいい脚が使えれば
右回りの中山芝1600mで改めて見直し


■中山4R 3歳以上1勝クラス [11:35~] ダ1800m

【本命】
◎⑦ミュアウッズ

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(新潟ダ1800m)]
外枠から行き脚をつけて好位3番手で追走
1000m通過1:01.7のMペース
道中は外3を回しながら運び、3コーナーから早めに追っ付けて進出
勝ち馬に早めに交わされましたが、直線はしぶとく脚を伸ばして1.2秒差の5着
終始外を回してロスがあり、先行勢が厳しい展開のなかで5着に健闘

◆考察
2走前(東京ダ2100m)は外枠から行き脚をつけて番手で追走
道中はHペースでペースを刻み、3コーナーで外から早めに並ばれて早めに動く形となり
直線に入って残り200mで先頭に立ち、押しきりを図ったが最後は甘くなって0.7秒差の4着
先行勢が厳しい展開で牡馬相手に4着の粘りは評価
ダートに戻した前走・2走前の敗因は明確

本馬は馬体重580㎏近い超大型馬
跳びが大きく力強い走りが特徴で、未勝利で勝っている中山ダ1800mは相性がよく見えます
力のいる馬場は歓迎なので良馬場は好条件
相手を見ると同型は少なく、先行力はあるので積極的に逃げることも視野
中間は意欲的に攻めた調教で叩き、1週前追い切りは南WでGⅠ馬グローリーヴェイズを相手に併入
ひと叩きして十分に仕上がり、更に馬体重を減らして絞れてることが理想
中山ダ1800mに戻して巻き返しに期待


■中山6R 3歳以上1勝クラス [12:55~] ダ1200m

【本命】
◎⑨フジノタカネ

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(中山ダ1200m)]
スタートが決まって行き脚がついて2番手集団で追走
600m通過33.9のHペース
道中は好位でじっくりと構えて脚を溜め、4コーナー外を回しながら進出
直線は2頭の叩きあいに敗れましたが、最後までしぶとく脚を伸ばし3/4馬身差の2着
ラスト2F加速ラップの上がり2位の末脚で、後続7馬身差離す好内容の走りに評価

◆考察
前走は立て直し+ダートに戻して、先行して最後まで脚が使えたことは収穫
中山ダ1200mは現級で2着3回【0-3-0-1】の相性のいいコースで、今回は良馬場想定で乾いた馬場は歓迎
引き続きルメール騎手が継続は勝負気配を感じます
脚を溜めれば終いはしっかり脚が使えるので、勝負どころでスムーズに加速できるかが鍵となります
叩いた上積みはあるので勝ち負けに期待


■中山7R 3歳以上1勝クラス [13:25~] 芝2200m

【本命】
◎③リビーリング

◆考察
屈腱炎を発症をして長期で離脱
課題である気性面を改善させるため、今年の2月に去勢手術を決断
2月末~3月中旬、8月の1ヶ月間乗り込みましたが出走延期で放牧に戻し
再度9月中旬に帰厩してから坂路で乗り込み、最終追い切りは反応に応えですが申し分ない動き
稽古では引っ掛かる面はなくなって去勢効果が出ています
萩原清厩舎→和田勇介厩舎に転厩し、2年2ヶ月の長期休養明けで復帰戦を迎えます

前走の燕特別(500万下:新潟芝2200m)を評価
好スタートから先頭に立ち、1000m通過58.5の超Hペース
単騎で後続を離してペースを刻み、直線に入っても逃げ粘りを図ったが最後は交わされて1.1/4馬身差の2着
勝ったダブルフラットはレコードV
抑えきれずに馬のリズムで厳しいラップを刻み、決め手に敗れながらも後続に4馬身離す好内容の結果

現級は3戦全て0.2秒差の2着の惜しい結果が続き
3走前の弥生賞ではダノンプレミアム(1着)に0.8秒差、ワグネリアン(2着)に0.6秒差と重賞で大健闘
能力的に1勝クラスにいる器ではなく、長期ブランクはありますが通用するレベル
ヴィクトワールピサ産駒は非根幹距離は狙える条件で、内枠を引いてハナに立ってマイペースに運ぶことができれば
故障明け+去勢しての復帰戦ですが好走に期待


■中山8R 3歳以上2勝クラス [13:55~] ダ1800m

【本命】
◎⑥ヴォートルエロー

◆考察
前走の鋸山特別(中山ダ1800m)は外枠から出遅れてダッシュがつかず
道中は中団の馬群で追走しましたが、手応えがなく失速して1.8秒差の9着
揉まれて集中力が途切れたことが敗因で度外視

4走前の3歳1勝クラス(中山ダ1800m)を評価
好スタートからハナに立ち
1000m通過1:03.6のSペース
ラスト5Fから加速してロンスパとなり、直線は叩きあいに競り勝ち3/4馬身差の勝利
ラスト2F加速ラップ(12.3-12.3)の好内容のレースで、勝ち時計1:53.6優秀
2着キタノオクトパスはジャパンダートダービーで3着の相手に競り勝っています

中山ダ1800mは3戦2勝の好舞台
前走は道中で揉まれて戦意喪失し、現状はハナに立たないと脆いタイプ
2走前の八王子特別(東京ダ2100m)は外枠からハナに立ちましたが、不良馬場で時計が速くなったことが敗因
今回は最内枠に同型のゼヒニオヨバズがハナを狙いに来ますが、理想としてはハナを主張して狙いに行き、展開次第では番手で外から追走すること
叩いて前走以上に仕上がり、良馬場で中山ダ1800mが本馬の狙える条件
クラス慣れをして4走前の内容なら現級でも通用する力はあるので、同条件で巻き返しに期待


■中山9R サフラン賞 [14:25~] 芝1600m

【本命】
◎⑪テンハッピーローズ

◆前走のレース内容 [2歳新馬(小倉芝1200m)]
外枠からスタートを決めて好位で追走
600m通過33.8のHペース
道中はインでロスなく折り合って立ち回り
直線は内から脚を伸ばすが進路が開かずに追い出しを待たされ、残り100mで進路が開いてから余力を残しながら交わして1.1/4馬身差の勝利
インで折り合えたことは収穫で、スムーズを欠いて脚を余らせたが着差以上の完勝に評価

考察
前走のレース後のコメントで
千二向きではなく、現状はもう少し距離はあった方がよさそうです
と福永騎手が助言をし、今回は芝1600mへ2F距離を延長しています
エピファネイア産駒の距離延長は歓迎
中6週でこのレースを目標に調整で3週連続で意欲的に攻め、最終追い切りは5F51.7-12.8の好時計をマーク
叩いた上積みは大きく仕上がり、距離延長で好走に大いに期待


■中山12R 外房S [15:25~] ダ1200m

【本命】
◎①ダンジングプリンス

◆考察
えっ?最強やろ?めちゃめちゃ強いよ?
2走前の同舞台は前半3F33.6のHペースで逃げ切って勝ち時計1:10.3?やばいやろ?

最内枠も引けたし……………圧勝じゃろ!!!!!
化けもんだよ!!!!!!!!!!!!!!!
だのじみぃぃぃぃぃぃぃいいいいいいいいいい

タイトルとURLをコピーしました