9/26(土) 中山予想

スポンサーリンク
中山予想

9/26(土) 中山予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■中山2R 2歳未勝利 [10:35~] 芝1800m

【本命】
◎⑦トーセンアレックス

◆前走のレース内容 [2歳未勝利(札幌芝2000m)]
出遅れ+スタート直後に外から寄られてダッシュがつかず最後方から追走
1000m通過1:01.5のMペース
序盤に大外からポジションを上げ、1コーナーで行きたがるのを抑えて引っ掛かり
道中は馬群で宥めながら落ち着かせて中団で追走
勝負どころで各馬追っ付けるなか、馬群で待たされながら4コーナーで進路が開き
直線は外から脚を伸ばして2.1/2馬身差の2着
スタート直後に不利を受けてポジションが取れずに、勝ち馬が逃げて止まらない展開でしたが2着に評価

◆考察
2走前(札幌芝1500m)は出遅れて中団で運び、道中は馬群で掛かり気味の追走
手応えほど直線は伸び切れずに促したまま0.7秒差の4着
ハミ受けに課題のある馬なので、引き続き癖を掴んでる横山和生騎手とのコンビは歓迎
そして前向きな部分があるので距離短縮はプラス
スタートを決めて先行して折り合い、キレる脚はないので前で粘る展開が理想
持ち味の機動力を生せば十分に勝ち負けはできるので、距離短縮をした中山芝1800mで好走に期待


■中山4R 3歳以上1勝クラス [11:35~] ダ1200m

【本命】
◎⑮ニルカンタテソーロ

◆考察
前走(東京ダ1400m)は好スタートでしたがすぐに控えて中団の後ろで追走
600m通過36.2のMペース
直線は外から脚を伸ばして0.7秒差の5着
残り200mから脚色が甘くなり、左回り+距離が長かったことを敗因と挙げます

3走前の3歳1勝クラス(中山ダ1200m)を評価
スタートを決めましたがすぐに控えて後方3番手で追走
600m通過33.3のHペース
4コーナー大外を回し、直線は外から一気に脚を伸ばしてハナ差の2着

〈 3歳1勝クラス:中山ダ1200m 〉
1着 パルディエス
2着 本馬
3着 エンプティチェア [3歳1勝クラス:1着]
4着 サザンレインボー [3歳以上1勝クラス:1着]
8着 プレストレジェーロ [3歳以上1勝クラス:1着]
9着 ドラゴンズバック [3歳以上1勝クラス:1着]
10着 メモワールミノル [3歳以上1勝クラス:1着]
11着 ハヤブサペコムスメ [3歳以上1勝クラス:1着]

後続が1勝クラスを6頭勝ち上がるハイレベル戦
重馬場で脚抜きがよく、高速馬場でしたが時計1:10.9は優秀
直線は勝ち馬と叩きあいとなり、最後は決め手の差で敗れましたがハイレベル戦で2着に評価

前走後に放牧を入れて4ヶ月半の休養明け
以前までは南Wの動きが平凡で、近走は坂路を中心にした調整でしたが今回は南W・坂路とも反応に応えた動き
終いの動きが良化して夏を越えて成長し、小柄な馬なので成長分があることに期待

中山ダ1200mは2戦連続2着の得意な舞台
ピッチ走法なので小回りコースは合っており、土曜日の天候は崩れそうですが道悪は歓迎
脚を溜めれば終いはいい脚が使える馬で、現状の馬場傾向なら差しきれるチャンスは十分にあります
Speightstown産駒は揉まれ弱いので、道中は揉まれずに外目でリズムよく運ぶことが理想
今回は戸崎騎手に乗り替わりは魅力
成長+得意の舞台で後方から一気の末脚に期待


■中山6R 3歳以上1勝クラス [12:55~] 芝2000m

【本命】
◎⑩ビートザウイングス

◆考察
集中力が続かなかったため去勢手術を決断
4ヶ月の休養明けの3走前(中山ダ1800m)は手術の影響で馬体重が-28㎏と大幅に減り、不完全燃焼で2.5秒差の11着で度外視

続く2走前(東京芝2000m)は+4㎏と少し馬体を戻し、大外枠からスタートを決めて好位で追走
3コーナー手前から逃げ馬が後続を引き離し、徐々に差を詰めながら直線はしぶとく脚を伸ばしてクビ差の勝利
芝替わりで変わり身を見せた内容

前走の昇級初戦(福島芝2000m)は好位の後ろから追走
向正面でふわふわしてたため、鞭を入れて気合いをつけて外から進出
3コーナーで外4を回しながら先頭に立ちましたが、直線は脚が甘くなって0.8秒差の4着
早めにまくる形となって消耗戦になり、最後は甘くなりながらも昇級戦で4着に健闘

2戦連続で消耗戦の厳しい展開のなかで好走し、本来の力を出しきれずに地力で変わり身を見せています
仕上がりはよく、放牧して大幅に減った馬体重が少しでも回復していることが理想
去勢しても集中して走れていない印象だったので、立て直し+去勢4戦目でスムーズなら勝ち負けも十分にあります
未勝利を勝ち上がった武藤騎手とのコンビに戻り、夏を越えて成長した姿に期待


■中山11R ながつきS [15:45~] ダ1200m

【本命】
◎⑧ヒデノヴィーナス

◆前走のレース内容 [NST賞(新潟ダ1200m)]
好スタートから好位の3番手で追走
600m通過34.0のHペース
道中はインでロスなく立ち回り、直線に入って進路が開かずに追い出しを待たされ
外に出してから差を詰めて1/2馬身差の2着
5ヶ月の休養明けで馬体重が+18㎏と余裕のある仕上がり
勝ち馬とは直線スムーズを欠いた差でしたが、休み明けで最後まで差を詰めた地力に評価

◆考察
輸送を考慮した軽めの調整ですが、休み明けを叩いての上積みは見込めます
気配は良化して前走以上の好仕上がり
余裕残しの仕上がりだったため、今回は馬体重が大幅に絞れてることが理想

4走前のアクアラインS(中山ダ1200m)を評価
行き脚をつけて一旦は先頭に立つが、内からハナを主張されて番手で追走
600m通過32.4の超Hペース
道中は外から競りかけてペースは速くなり
直線に入って単独で先頭に立ち、最後は2着馬に詰め寄られましたがクビ差の勝利
超Hペースで先行勢に厳しい展開のなか、最後まで粘りを見せて勝ち時計1:09.9は優秀

良馬場【3-2-0-2】
稍重~不良馬場【1-1-2-0】
良馬場でも好走は目立ちますが、本馬は軽い馬場が得意なので道悪は歓迎
同舞台の4走前(アクアラインS)と同様な走りができればオープン戦でも勝ち負けのレベル
叩き2戦目が2戦2勝と好走しやすい条件は揃っており、スタートを決めて好位追走からの押しきりに期待


■中山12R 3歳以上2勝クラス [16:25~] ダ1800m

【本命】
◎⑩シャルロッテミノル

◆考察
前走の駒場特別(函館ダ1700m)は好スタートからハナを主張して先頭に立ち
道中はHペースで展開を引っ張って、ラスト5Fから加速して消耗戦に持ち込み
直線は勝ち馬に突き放されて3.1/2馬身差の2着
昇級初戦でしたが牡馬混合戦+斤量差はなく、勝ち馬に離されながら粘り見せて2着に健闘

逃げ【1-2-3-0】
本馬は逃げれば二枚腰を使って粘るタイプ
7走前に同舞台で初めてハナに立ちましたが、最後は脚力勝負に敗れて0.7秒差の3着
瞬発戦よりも消耗戦に持ち込めば持ち味が発揮しやすく、その後は消耗戦で惜しいレースが続いて2走前(函館ダ1700m)に1勝クラスを卒業
前走は勝ち馬の相手が悪かったですが、昇級初戦でメドの立つ走りは出来ています

今回は減量騎手起用で斤量52㎏は魅力
斤量3㎏減で牝馬限定戦なので条件は揃っています
ハナを主張するような相手は不在なので、外から楽に先頭に立てるはずです
あとは秋山騎手がどれだけ積極的にペースを刻み、消耗戦の展開に持ち込んで斤量差を生かせるかが鍵
脚抜きのいい馬場は歓迎なので、昇級2戦目でも好走に大いに期待

タイトルとURLをコピーしました