9/21(月) 中山予想

スポンサーリンク
中山予想

9/21(月) 中山予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■中山3R 2歳未勝利 [11:10~] 芝1600m

【本命】
◎⑤ジネストラ

◆前走のレース内容 [2歳新馬(新潟芝1600m)]
立ち遅れながらも行き脚がついて好位で追走
600m通過35.8のSペース
道中はインでロスなく立回りましたが、ペースが遅くて3コーナーで前が詰まって頭を上げてブレーキ
4コーナーでも前が詰まって外に振られる不利を受けてスムーズを欠き
直線は外からしぶとく脚を伸ばし0.5秒差の4着
序盤でポジションが取れずに勝負どころでスムーズを欠くなか、上位馬にキレ負けをしながら0.5秒差は健闘

◆考察
母ハッピーパスは京都牝馬Sを制した重賞馬
半兄コディーノ(12年東京スポーツ杯2歳S)、半姉チェッキーノ(16年フローラS)の重賞馬を2頭兄弟に持つ良血一族
ハッピーパスの産駒は早くからの活躍が見込み
・新馬 → 4頭
・2戦目 → 3頭
・5戦目 → 1頭
デビューした8頭全てJRAで勝ち上がり、2戦目以内に8頭中7頭が勝ち上がる血統
本馬も今回で2戦目なので期待が高まります

初戦は軽めの調整で良化の余地を残し
ひと叩きして動きは良化し、1週前追い切りでは南Wで併せ馬2頭相手に先着
2週連続で鞍上の三浦騎手が稽古をつけ、最終追い切りは反応に応えて好仕上がり
癖を掴んでる三浦騎手が継続騎乗で、初戦はコントロールは利いたと感触は掴んでいます
「本来はスタートは速い」
と陣営はコメントを残し、前走はスタートでうまく決まらなかったので今回は決めて前目で運ぶことができれば
叩き2目の上積みに大いに期待


■中山5R 2歳新馬 [12:30~] 芝1600m

【本命】
◎④ダノンドリーマー

◆考察

ルーラーシップ
ダノンジャンヌ
母父ディープインパクト
騎手北村友一
調教師藤原英昭
馬主ダノックス
生産者社台ファーム

母ダノンジャンヌ、祖母エアジャメヴーは現役時代に未勝利
曾祖母にエアデジャヴーを持ち、秋華賞を制したエアメサイアや重賞馬にエアシェイディ、エアスピネル、エアシェイディー、エアスピネルがいる良血血統

注目したいのは調教内容
8月の初旬から約1ヶ月間乗り込み、中間はCW中心で軽快な動きで仕上がっています
2週連続で北村友一騎手が感触を確かめ、最終追い切りの坂路は2勝クラスの古馬に先着
手綱を持ったまま1F12.0の鋭い末脚で仕上がっています
坂路を駆け上がるパワーはあるので、中山コースは合って初戦から動ける状態
今年の2歳新馬絶好調の北村友一騎手【26戦7勝(7-5-2-12)】
良血馬が揃ってますが初戦から期待


■中山6R 3歳以上1勝クラス [13:00~] ダ2400m

【本命】
◎②グッドリドゥンス

◆考察
前走(新潟ダ1800m)は出遅れて後方2番手から追走
道中は後方でじっくりと外を回しながら構え
直線は外から脚を伸ばして0.6秒差の5着
札幌遠征からの連闘で直前入厩が厳しくなったことが敗因

長丁場のダートが得意の本馬
2走前(札幌ダ2400m)はダッシュがつかずに後方2番手から追走
向正面でポジションを中団まで上げて4コーナーで先頭集団に並び
直線はしぶとく脚を伸ばしてクビ差の2着
今回は同レースのセイウンクルーズ相手に僅差
いまだにJRA未勝利馬ですが、中1週で格上挑戦でも相手が薄いので十分にチャンスはあります
距離延長で長丁場の舞台は歓迎で、長丁場を得意とするベテラン柴田善臣騎手に乗り替わりは魅力
いい脚を使えるの馬なので、柴田善臣騎手の捌きに大いに期待


■中山9R 浦安特別 [14:35~] ダ1200m

【本命】
◎⑧アストロブレイク

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(東京ダ1300m)]
好スタートから先頭に立ち
道中はHペースで刻みながら展開を引っ張り
直線に入って後続を引き寄せ、残り400mから差を広げたまま逃げ粘り2.1/2馬身差の勝利
不良馬場で脚抜きがよく、高速馬場でしたが勝ち時計1:17.1は優秀
最後は余裕を持たせながらの完勝に評価

◆考察
本馬の特徴はスピード
3走前の同舞台(中山ダ1200m)はスタートを決めてハナに立ち
600m通過34.1のHペース
直線は促すのみで突き放し4馬身差の圧勝
脚抜きのいい高速馬場でしたが勝ち時計1:11.6は優秀
ハイレベルの新馬戦(東京ダ1600m)では、ジャパンダートダービーを制したダノンファラオ相手に1/2馬身差
勝ち馬デュートヴァンに0.5秒差の3着と健闘
昇級初戦ですが、2勝クラスでも通用するスピードを持っています

夏を越えて成長し、中間の調教では南Wでスピードのある走り
最終追い切りでは併せ馬に遅れたものの、中間できっちりと仕上げて態勢は整っています
今回はハナを主張するような相手は不在なので、ここは楽に先頭に立てるはずです
未勝利で勝ち上がってる舞台なので中山ダ1200mは問題なく、2勝クラスでもスピードを生かして勝ち負けに期待


■中山11R セントライト記念 [15:45~] 芝2200m

【本命】
◎⑤ダノンファスト

◆考察
芝【0-0-2-0】
ダート【3-2-0-0】

母ダンスファンタジアはフェアリーSを制した重賞馬
祖母ダンスインザムードは桜花賞、ヴィクトリアMを制したGⅠ馬で、産駒の通算20勝は全て芝レースで勝利
元々芝レースで期待の高い馬でしたが2戦連続で僅差の3着が続き、脚捌きが硬いと言うことで横山典弘騎手の助言でダート路線へ

中山ダ1800mの未勝利で2着馬に2.3秒突き放す圧勝で勝ち時計1:54.9、上がり3F37.5、ラスト1Fが非常に優秀
末脚の持続力とギアチェンジが非常に優秀で、ダートでは世代トップクラスの力はありますが
いまでも緩いところはあるけど、だいぶしっかりしてきたし、幼かった体がひと回り大きくなってしっかりしてきた
以前に芝を使ったときは完成度は違い、陣営は成長を感じて芝への再挑戦

右回りコース4戦3勝で「右回りの方が断然いい」と横山典弘騎手が陣営に全然違うと助言
折り合い面は大丈夫なので折り合い面は問題なく、中山芝2200mの舞台なら本馬の脚質にも合っているはずです
馬場が渋れば本馬にとって好条件
道中はじっくりと脚を溜めて末脚が生きる展開になればチャンスはあります
前哨戦に強い「ダノックス」とTRに強い「横山典弘騎手
デビューから乗り続けてる横山典弘騎手なので、今後に向けて狙っていくでしょう
夏を越えて更に成長している今なら芝戻りで好走に期待


■中山12R 3歳以上1勝クラス [16:25~] ダ1200m

【本命】
◎⑧エルメーム

◆考察
前走は同舞台(中山ダ1200m)でスタート直後に進路が狭くなり、序盤に流れずに好位で追走
600m通過33.8のHペース
直線に入って進路が開かず、外に切り替えて脚を伸ばし0.2秒差の6着
1/2馬身差の4着ニシノミンクスは連闘で快勝
序盤からスムーズに流れに乗れずに直線でも外に切り替えるロスはあり、先行勢が厳しい展開のなかで0.2秒差に評価

前走ダ1200mの流れに対応できたことは収穫
直線はスムーズを欠いて脚を余らせ、疲労はなく今回は連闘での出走
序盤から流れに乗ってスムーズに運べれば牡馬相手でも十分通用
ダ1200m2戦目でペースは慣れるはずなので前走以上の走りに期待

タイトルとURLをコピーしました