9/5(土) 新潟予想

スポンサーリンク
新潟予想

9/5(土) 新潟予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■新潟2R 3歳未勝利 [10:45~] ダ1800m

【本命】
◎⑤ルレーヴドゥリリ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(新潟ダ1800m)]
行き脚をつけて前に行くが、外から被されて中団の後ろに控えて追走
1000m通過1:03.2のMペース
向正面で大外からまくりに行って3コーナーで先頭集団に並び
3~4コーナー外4を回して追っ付けますが、直線で脚が甘くなり0.7秒差の5着
遅いペースを見越して早めに仕掛けましたが、前有利の展開で最後はキツくなりながらも5着に評価

考察
2走前(新潟ダ1800m)はスタート直後に接触しましたが、行き脚がついて番手で追走
1000m通過1:02.0のHペースで道中はインでロスなく立ち回り
3~4コーナー中間から早く追っ付ける形となり、最後は甘くなりながらも粘って1.0秒差の3着
初盤にペースは速く流れて先行勢が厳しい展開のなかで好走
近2走はどちらもいいレースが出来てきます

中1週と間隔を開けて、ラストチャンスのために態勢を整えてきています
2走前のようになるべく前目につけて、砂をかぶらせずに追走することが理想
デムーロ騎手継続はプラスで、十分にチャンスのある相手なので先行してのスムーズな競馬に期待


■新潟5R 2歳新馬 [12:35~] 芝1400m

【本命】
◎⑦アウトレイジング

◆考察

リーチザクラウン
アウトオブタイム
母父Panis
騎手津村明秀
調教師岩戸孝樹 [美浦]
馬主三浦勝仁
生産者前田ファーム

半兄レッドフライ(父ゴールドアリュール)は5月初旬に立夏Sを制してOP入り 
半兄グロオルロージュ(父ジャスタウェイ)は中距離の芝レースで3勝して現在3勝クラス
兄弟4頭ともデビューは遅く迎えていますが、そのうちの3頭は馬券内に好走[1-1-1-1]
本馬は血統的には早くからデビューを迎え、兄弟の活躍を見ても早くからの活躍が見込めます

坂路・南Wでじっくりと乗り込まれ
坂路の時計はいまひとつですが、1週前追い切りの南Wでは反応に応えて古馬相手に先着する動き
2週連続で鞍上の津村騎手が感触を確かめて十分な仕上がり

リーチザクラウン産駒は新潟芝1400mで活躍が多く、産駒としては4勝を挙げています
今年のダリア賞(OP)でブルーバードが制し、17年の新馬戦ではニシノウララがアーモンドアイに2馬身差で快勝するほど
短距離適性で早くから活躍が見込めるのでデビュー戦から好走に期待


■新潟7R 3歳未勝利 [13:35~] 芝1400m

【本命】
◎⑨トルニ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(新潟芝1600m)]
スタート後にダッシュがつかず後方で追走
600m通過35.3のSペース
道中はインで追走してましたが、3コーナーで詰まって最後方まで下がり
4コーナーでも詰まって頭を上げ、直線は外に出しましたが伸びを欠き1.8秒差の14着
勝負どころでスムーズを欠き度外視

考察
本馬の課題は折り合い面
ペースが遅いとハミを噛みやすく、折り合いを欠いてスムーズに運べなかったことが多々あります
時計の出やすい良馬場は歓迎でペースが流れる展開が理想
そして出脚がつかないことがネックですが、いまの外差しの馬場なら後方でも十分チャンスはあります
引き続き状態はいいので巻き返しに期待


■新潟10R 弥彦特別 [15:10~] 芝2000m

【本命】
◎⑪デュアライズ

◆考察
キャリア8戦して着外3回は道悪+芝2200m以上で敗れています
良馬場は4戦とも全て3着以内に好走し、跳びの大きい走りなので良馬場がベストの条件
2走前(東京芝2000m)は最後方からじっくりと脚を溜め、直線は大外から先行した勝ち馬を猛追して1.1/4馬身差の2着
3F33.5の最速上がりで次元の違う脚を使い、僅かに届きませんでしたが良馬場の左回りコースで激走
現級でもメドの立つ走りはできています

新潟芝2000mは内回りでしたが未勝利戦で勝ちあがった舞台
今回の距離短縮+新潟の外回りコースは歓迎で、いまの外差しの馬場なら条件は揃っています
折り合い面が難しい馬なので、後方から折り合い重視で脚を溜めることが理想
長くいい脚が使える馬なので、しっかりと脚を溜めて外回りコースで末脚が生きれば
新潟芝2000m外回り+良馬場の条件で巻き返しに期待


■新潟12R 3歳以上1勝クラス [16:30~] 芝1800m

【本命】
◎⑪ジュラペッシュ

◆考察
4月の中旬に放牧を入れて5ヶ月の休養明け
入厩して初時計で動きはよく、1週前追い切りで1F12.0の自己新(1F)をマーク
2頭の2勝クラスの古馬相手に先着して立ち直した効果は絶大
夏を超えて大きく成長して戻ってきています

今回は初の新潟コースですが左回りの方が安定
・サウジアラビアRC(GⅢ):4着
・赤松賞(1勝クラス):3着
・フリージア賞(1勝クラス):4着
サウジアラビアRCではサリオスやクラヴァシュドール相手に1.2秒差の4着
赤松賞はシャインガーネットやシンハリング、フリージア賞はサトノフウジンと先着した相手に力負けながら健闘しています
芝1600mでは瞬発力勝負になると部が悪く、未勝利戦で勝っている芝1800m+新潟コースで改めて見直し

内馬場が荒れてるので外寄りの枠を引けたのはプラスで、中団より前目のポジションの良い馬場で運ぶことが理想
良馬場+牝馬限定戦+斤量差があるので十分チャンスはあります
立て直した効果に大いに期待

タイトルとURLをコピーしました