8/30(日) 札幌予想

スポンサーリンク
札幌予想

8/30(日) 札幌予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■札幌1R 2歳未勝利 [10:00~] 芝1500m

【本命】
◎①ヴァーチャリティ

◆前走のレース内容 [2歳新馬(札幌芝1500m)]
スタートを決めて好位3番手で追走
道中はインでロスなく折り合いながら立ち回り
直線に入って上手く外に出し、叩きあいに敗れてクビ差の2着
4コーナーで勝ち馬に早めに動かれた分、加速力の差でワンテンポ早く動いていれば際どかった内容に評価

◆考察
新馬戦の札幌芝1500mで時計1:29.4は優秀
2馬身差の3着ククナは次戦で快勝し、初戦からメドの立つ走りは十分に出来ています
前走の稽古で本馬場(札幌芝コース)の追いきりが素晴らしく、好タイムをマークするほどの動きでマクフィ産駒ですが芝1500mは問題なくこなしています
本番でもセンスの高い走りで僅差の内容
特殊な札幌芝1500mを経験しているのはプラスなので、上積みのある2戦目で勝ち負けに期待


■札幌4R 3歳未勝利 [11:35~] 芝2000m

【本命】
◎⑭ララロトリー

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(札幌芝2000m)]
好スタートを決めましたが中団に控えて追走
1000m通過1:00.9のMペース
道中はインでなだめながらロスなく立ち回り
各馬勝負どころで加速するなか、内で進路が開かずに追い出しが遅れて後方まで下がり
直線に入っても内で進路が開かずに外に出しましたが、外でも進路を被されて追えずに
0.3秒差の5着
内枠が仇となってしまい、スムーズを欠くことが多いなかで0.3秒差は評価

考察
2走前(札幌芝2000m)は中団で追走
1000m通過1:00.6のMペース
向正面で展開が動いて3コーナーからおっつける形で進み
直線は内から脚を伸ばして0.1秒差の3着
洋芝に舞台を変えてから③⑤着と惜しいレースが続き、メドの立つ走りは十分にできています
前走は内枠が仇となってスムーズを欠いたため、今回は外枠を引いてスムーズに加速することができれば
馬体重を減らさないことが理想
札幌3戦目で勝ち負けに期待


■札幌5R 2歳新馬 [12:25~] 芝1800m

【本命】
◎⑦ヴェローチェオロ

◆考察

ゴールドシップ
プレシャスライフ
母父タイキシャトル
騎手吉田隼人
調教師須貝尚介
馬主大野剛嗣 [栗東]
生産者千代田牧場

半姉シーブリーズライフ(父アドマイヤジャパン)は13年クロカッスS(OP)を快勝
現役の半兄ハーグリーブス(父エンパイアメーカー)は6月に3勝クラスを制してOP入り
芝・ダートの短距離で兄弟の活躍は目立ちますが、父ゴールドシップを迎えて中距離で活躍を期待

入念に栗東で乗り込まれて坂路・CWとも稽古を重ねる毎に動きは良化
2週前追い切りのCWで新馬戦2着のオリノコを0.8秒突き放して先着
最終追い切りは本馬場(札幌芝コース)で、古馬を挟みながら3頭併せでヒケを取らない走りで好タイム
動きは良かった。掛かっていくわけでもないし、距離ももちそうなイメージがある
と跨がった吉田隼人騎手も好感触とのこと
ゴールドシップ産駒が洋芝で好成績を収めており、十分に仕上がってる本馬も初戦から期待


■札幌7R 3歳以上1勝クラス [13:25~] ダ1000m

【本命】
◎⑨ケイゴールド

◆考察
前走(札幌ダ1000m)は後方に控えて追走
道中はインに入れましたが、3~4コーナー中間で下がってきた馬を捌けずにブレーキ
4コーナーでも進路が開かずに追い出しが遅れ、直線は外から脚を伸ばして0.8秒差の6着

2走前(札幌ダ1000m)は中団から追走
道中はインから運んでいい形で直線に向かいましたが、4コーナーを過ぎて進路が塞がりブレーキ
外に出すロスはありながらも、最後まで差を詰めて1.1秒差の4着

2戦連続で進路が開かずにスムーズを欠き、消化不良が続くなかで直線はいい脚を使っています
ダ1000mは得意な舞台ですが、仕掛けるタイミング+スムーズに加速できるかが鍵
今回は外枠を引いて外を回してスムーズに加速する展開が理想
3連闘ですが前走も余力を残しているので疲れはなく状態は維持
道悪は歓迎なので得意な条件で改めて見直し


■札幌8R 3歳以上1勝クラス [13:55~] 芝1500m

【本命】
◎⑪クラシックココア

◆考察
父Fastnet Rockは現役時代に2005年のライトニングステークス(芝1000m)、オークレイプレート(芝1100m)のGⅠを2勝
最優秀3歳牡馬+最優秀スプリンターに選出されています
種牡馬としては豪チャンピオンサイアー2回
日本ではメラグラーナ(17年オーシャンS)、フィアーノロマーノ(19年ダービー卿CT)の重賞馬を輩出
バングリラが芝の中長距離で3勝するなど、 短距離血統ではありますが距離に融通が効く産駒も多数輩出しています
今回距離延長の芝1500mでも期待は持てます

南半球馬の9月生まれ
成長している段階でキャリア3戦を積んで成長を促すために放牧
1週前追い切りのダートコースでは鞍上の団野騎手が稽古をつけ、テンからいい最後まで軽快な動きで好タイムをマーク
休み明けですが十分に仕上がっています
先行力のある馬ですが折り合いが鍵となり、斤量49㎏はかなり魅力があるのでスピード+斤量を生かして折り合うことができれば
洋芝の舞台で好走に期待


■札幌12R 支笏湖特別 [16:15~] 芝1800m

【本命】
◎①ターフィルムジーク

◆考察
前走(札幌芝2000m)は中団で追走
道中はイン折り合いながらでロスなく立ち回り
4コーナーで前が開かずに追い出しが遅れ、直線に入ってもインで進路が開かず
外に出して残り100m付近でようやく加速して0.2秒差の4着
内枠が仇となってスムーズを欠き、前残りの展開で脚を余らせる形のなかで0.1秒差は評価

札幌コースで2勝と良績を残し、近走は休み明けを叩いてから②②④着とメドの立つ走りはできています
最後は確実に脚が使える馬なので、道中はインでロスなく脚を溜めることができれば
2戦連続内枠なので前走の二の舞にならないようにスムーズに捌くことが理想
鞍上は手の内に入れていてる古川騎手が継続
今回こそは勝ち負けに期待

 

タイトルとURLをコピーしました