8/9(日) 札幌予想

スポンサーリンク
札幌予想

8/9(日) 札幌予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■札幌4R 3歳未勝利 [11:25~] 芝1200m

【本命】
◎⑦シアープレジャー

◆考察
2走前 → 4コーナーで詰まり
3走前 → 内枠不利(新潟芝1000m)
4走前 → 3着(良馬場)
5走前 → 重馬場
6走前 → 重馬場
7走前 → 直線で詰まり

前走はスタートは決まったがダッシュがつかずに中団から追走で、600m通過33.6のHペースで道中は追っ付けながら運び
勝負どころで加速しながら前に行きますが、4コーナーで下がってくる馬をうまく捌けず手綱を緩め
直線は真ん中から脚を伸ばして0.6秒差の9着
勝負どころでスムーズに加速できなかったことが敗因
近走の敗因は明確

本馬のベスト条件は良馬場
5・6走前は時計が掛かるタフな馬場で、小柄な馬なので本来の力が出しきれず度外視
3走前の直線競馬(新潟芝1000m)は不利な内枠で0.9秒差の6着
2・7走前は勝負どころでスムーズに加速できずに不完全燃焼
2・3・7走前は良馬場でしたが敗因は明確
今回も良馬場想定なので改めて見直し

滞在競馬は合っており、小柄な馬なので馬体重ら減らさずにプラス体重での出走が理想
本来は先行力のある馬なので好位での追走し、キレる脚はないのでスピードを生かした競馬ができればチャンスはあります
持ち味の機動力を生かしきれれば勝ち負けは十分にあります
今回はハミを替えてチークピーシーズを着用させて馬具の効果にも期待


■札幌6R 3歳未勝利 [12:45~] 芝2600m

【本命】
◎④ベスビアナイト

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(新潟芝2400m)]
控えて中団から追走
1000m通過59.8のMペース
道中は外を回してながら折り合って運び
3コーナーを過ぎたところで進出し、4コーナーで内から出られて外に少し振られる不利を受け
直線は真ん中から脚を伸ばして残り100mで先頭に立ちますが、最後は後続の決め手に敗れてタイム差無しの3着
中盤でかなりペースが緩みましたが、残り1000mから一気にペースアップ
外ロスが多かった分、最後は交わされましたが早めに仕掛けて残した内容に評価

◆考察
2走前は3ヶ月半の休養明け+去勢手術明け
大型馬で馬体は大幅に絞れましたがトモの緩さはあり、背中の弱さがあるとのことで良化途上
今回は3ヶ月の休養明けでじっくり乗り込まれ、最終追い切りは格上と併せて併入
放牧して大きく成長が見込めるので今回の仕上がりは期待
引き続き横山武史騎手の継続は魅力
前走は「思いきった競馬」を陣営が示唆し、早めに仕掛けて見応えのある競馬を横山武史騎手はできています
左回りよりも右回りの方が合う印象があるので、右回りの札幌の長丁場で改めて見直し
大分スタートの出が良くなり、今回も成長が見込めるので中団辺りの位置が理想
勝ち上がる力は十分にあるのでラストチャンスでの好走に期待


■札幌7R 3歳以上1勝クラス [13:15~] ダ1700m

【本命】
◎⑩メイショウカスガ

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(札幌ダ1700m)]
スタート直後に挟まれましたがしっかりとダッシュがついて好位で追走
道中は外4を回しながらMペースで運び、3コーナーから追っ付けて早めに鞭を入れて進出
直線に入って2頭の間で追い出せず、残り100mを過ぎたところで追って差を詰めて0.1秒差の3着
道中は外ロスが多く、舌を出して遊びなからの追走で直線はスムーズを欠きながらも0.1秒差の内容に評価

◆考察
2走前(函館ダ1700m)は中団のインで揉まれながらの追走
勝負どころで早めに追っ付けて進出するが、最後は伸びを欠いて0.9秒差の4着
3走前(函館ダ1700m)はスタートは決まりましたが、先行争いで挟まれる不利を受けてポジションが下がり後方で追走
4コーナーでうまく大外に出し、直線は外から脚を伸ばして2馬身差の2着
北海道に滞在してから3戦②④③着と安定した結果を残し、メドの立つ走りは十分にできています
2・3走前の函館ダ1700mの共通点は道中揉まれる競馬をしていること
ゴールドアリュール産駒は揉まれ弱く、道中揉まれて集中できてないなかでいい走りはできています
外枠を引けてるのである程度ポジションを取り、外目を回してスムーズな競馬ができれば
3戦連続で騎乗している吉田隼人騎手が引き続き継続はプラス
ズブさはあるので早めに仕掛けての押しきりに期待


■札幌9R ライラック賞 [14:25~] 芝1800m

【本命】
◎⑤マハヴィル

◆考察
前走の北海ハンデキャップ(函館芝1800m)は大外枠からポジションが取れずに最後方まで下げて追走
3コーナーから大外を回して進出をし、4コーナーで追っ付けて先頭集団に並び
直線はじわじわと差を詰めて0.4秒差の3着
後方の厳しい位置から勝負どころで外ロスが多いなか、直線で0.4秒差まで詰めた内容に評価

馬体重が増えにくい馬でしたが前走は+14㎏
初めての450㎏台となって大幅増は成長分と見ます
叩いた上積みは十分にあり、稽古の動きは良化して前走以上に仕上がっています
小回りの芝1800mは得意の舞台で10戦2勝[2-1-2-5]
10戦中7戦が掲示板内と安定した走りをし、持ち味の機動力を生かせる小回りコースは合っています
早めに動くことが理想で、鞍上の柴山騎手は早めに動くタイプなので本馬とは合っています
得意の舞台で前走以上の好走に期待


■札幌10R HBC賞 [15:00~] 芝1200m

【本命】
◎②ファンシャン

◆考察
前走(函館芝1200m)は好スタートから一旦はハナに立つが、控えて好位4番手で追走
600m通過34.5のMペース
ゆったりとした流れで展開は有利になり、直線は大外から最速上がりで一気に離し2.1/2馬身差の勝利
近走はスムーズを欠く競馬が続き、前走は本来の力を出しきって最後は余力を残しながらの内容

4走前(函館芝1200m)を高くを評価
好スタートから控えて好位4番手で追走し、600m通過33.0のHペース
道中は外3を回しながら4コーナーで早めに2番手まで押し上げ、残り100mで先頭に立ちますが最後は甘くなってクビ差の2着
超Hペースで先行勢が厳しい流れのなか、外ロスはありながらもクビ差の内容に評価
速い時計に対応はでき、どのペースでも対応できるのは本馬の強み

今回はハナを主張するような馬は不在
内枠を引いて先行力があるので、外枠のカステヘルミの出方次第ではハナまたは好位が理想
ロスなく立ち回って脚を溜めることができれば
良馬場想定は歓迎で昇級初戦でも好走に期待

タイトルとURLをコピーしました