8/8(土) 新潟予想

スポンサーリンク
新潟予想

8/8(土) 新潟予想


⬆️1日1回ご協力お願いします⬆️


■新潟1R 2歳未勝利 [10:10~] 芝1600m

【本命】
◎①コウソクカレン

◆前走のレース内容 [2歳新馬(東京芝1600m)]
好スタートから好位の4番手で追走
600m通過36.4のMペース
道中は折り合いながら内の悪い馬場を通り
直線は内に刺さりながら矯正し、内の悪い馬場から脚を伸ばして0.7秒差の4着

◆考察
牝馬で馬体重が500㎏近い大型馬
初戦は馬体に緩さがあって最後まで踏ん張れず
大型馬なので叩いた上積みは大きく見込め、馬体重が絞れて引き締まってることが理想

初戦は馬場のコンディションが悪いなか4着

〈 ロードマックス組:東京芝1600m 〉
3着 コスモカルティエ [未勝利:3着]
4着 本馬
6着 リーブラテソーロ [未勝利:1着]
7着 ヴォワドアンジェ [未勝利:2着]

6着リーブラテソーロが次戦で勝ち上がり、7着ヴォワドアンジェはレコード決着のなか2着好走
ロードマックス組の活躍が見られ、4着に健闘した本馬にも叩き2戦目での活躍に期待
馬場は苦にしてなかった」と斎藤騎手がコメントし、道悪想定ですが多少馬場が渋るのは許容範囲と見ます
いいスタートは切れるので好位で運び、叩いた上積みで今回は踏ん張りが効くので前走以上の好走に期待


■新潟3R 3歳未勝利 [11:10~] ダ1800m

【本命】
◎⑬ジュールサイクル

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(福島ダ1700m)]
出遅れてダッシュがつかずに後方から追走
砂かぶりを嫌がって最後方まで下がり、向正面で大外に出して3コーナー手前から進出
4コーナーで好位集団に並んで直線に入りますが、最後は脚が甘くなり1.3秒差の5着
ビジョンを気にしてテンが進まなかった」と内枠がアダとなってポジションが取れず
Sペースで前有利の展開で早めに動き、スムーズを欠いて力を出しきれずに度外視の内容

◆考察
2・3走前の中山ダ1800mで2戦連続2着好走
3走前の初ダートは3コーナーで早めに先頭に並び、4コーナーで早めに交わして先頭に立ちましたがソラを使って押しきれず3馬身差の2着
2走前は3コーナーで手応えよく先頭に並び、直線に入ってもギリギリまで追い出しを我慢
残り200mから追い出して先頭を交わし、押しきりを図るがソラを使って粘れずハナ差の2着
ソラを使ってしまう癖があるので、乗り替わりですがギリギリまで我慢しての追い出しに期待
ダート替わりで変わり身を見せてメドの立つ走りは出来ています
叩いた上積みは十分にあり、外枠は歓迎で砂をかぶらせずに好位で運ぶことが理想
力を出しきれてたら勝ち負けの馬なので今回はスムーズなレースに期待


■新潟5R 2歳新馬 [12:30~] 芝1600m

【本命】
◎③アオイカツマ

◆考察

ロードカナロア
サウンズオブアース
母父アグネスタキオン
騎手内田博幸
調教師古賀慎明 [美浦]
馬主新谷幸義
生産者タイヘイ牧場

母サウンズオブアースは阪神JF3着、桜花賞4着馬
4歳で阪神牝馬Sを制して重賞初制覇
現役時代は芝1400~1600mで早くから活躍しています
母サウンズオブアースの新馬戦は新潟芝1400mで圧勝
半姉チビラーサンは新馬戦2着で2戦目の未勝利戦で勝ち上がり、先週の新潟芝1600mで3歳以上1勝クラスを勝利
早くから活躍が見込める血統で、新潟の舞台での好走も期待できます

坂路・南Wで入念に乗り込み
併せたグレアリングアイが先週の新馬戦で3着に好走
格上の馬と併せてもヒケを取らずに併入し、追ってからの反応がよく初戦から期待できる仕上がり
初戦向けのタイプなので好走に期待


■新潟9R ダリア賞 [14:35~] 芝1400m

【本命】
◎⑨プルスウルトラ

◆前走のレース内容 [2歳未勝利(東京芝1400m)]
好スタートから内の馬と併走する形で先行争い
600m通過35.8のMペース
3コーナーで番手に控えて追走し、直線に入ってすぐに外から早めに並ばれて残り400mで先頭に立ち
一旦は外の馬に出られましたが盛り返し、反応に応えて後続を離して最後は流すのみで2馬身差の勝利
緩やかなペースでラスト3Fから11.5-11.6-12.2と加速
最後まで余力を残しながらの快勝に評価

◆考察
大型馬で叩いた前走は上積みがあり、追ってからの反応が良化して成長
今回も更に良化して馬体は引き締まり、前走以上に仕上がって上積み十分
スタートが上手で先行力があり、スピードのある馬なので乗り替わった和田騎手の積極的な騎乗が理想
渋った馬場は歓迎で左回りに対応できるのはプラス
当日の落ち着きが鍵ですが昇級初戦で好走に期待


■新潟12R 3歳以上1勝クラス [16:25~] ダ1800m

【本命】
◎⑤パイプライナー

◆考察
スタートが決まって内枠を生かしてハナに立ち
1000m通過1:02.4のMペース
先行争いで脚を使いましたが序盤で緩め、息を入れてからラスト4Fで加速
加速したまま直線はしぶとく脚を伸ばし、後続を離して3馬身差の勝利
ソエの影響で3ヶ月の休養明けでしたが問題なく、稍重で脚抜きのいい馬場でしたが勝ち時計は優秀

レース間隔は開きましたがCWで好時計をマーク
坂路での反応も素晴らしく、先週は除外で延びましたが引き続き仕上がりは良好
ソエは問題なく十分に仕上がり、調教通りの動きなら昇級しても期待できる内容
本馬は揉まれ弱いタイプなので序盤の位置取りが鍵になります
前走は内から積極策を見せた松若騎手が継続で、外枠に同型がいるので内の方から積極的な騎乗に期待
リズムよく運べれば昇級でも十分に通用するので逃げ切りに期待

タイトルとURLをコピーしました