7/25(土) 札幌予想

スポンサーリンク
札幌予想

7/25(土) 札幌予想

本日の札幌のオススメ予想は
人気ブログランキング」のブログの説明覧にて記載


↑こちらからお願いします↑


■札幌1R 2歳未勝利 [9:55~] 芝1800m

【本命】
◎③ギャラントウォリア

◆前走のレース内容 [2歳新馬(函館芝1800m)]
出遅れながらも行き脚をつけて好位4番手で追走
12.6 – 12.2 – 12.7 – 12.7 – 12.5 – 12.4 – 12.0 – 11.7 – 11.6
1000m通過1:02.7のSペース
道中はインで折り合いながら脚を溜めて運び
4コーナーから追っ付けて直線に入り、最後まで脚を伸ばして差を詰め2.1/2馬身差の2着
Sペースで瞬発戦になり、12.0-11.7-11.6のラスト1Fまで加速ラップの優秀なレース
出遅れて勝ち馬とポジションの差でしたが、最後まで差を詰めた内容は高く評価

◆考察
道中の手前の替え方も上手くありませんでした。走りがまだ整っていません
前走の池添騎手のコメントで、走り方がわからずに初戦らしい内容
最後はしっかりと加速して素質の高さを見せ、スクリーンヒーロー産駒らしく1度レースを使ってガラッと変わるはずです
半姉マルセリーナ(11年桜花賞)、半兄グランデッツァ(12年スプリングS)の兄弟を持つ良血馬
早くから活躍から見込める血統で、中1週で引き続き池添騎手とのコンビ
2戦目で勝ち負けに大いに期待


■札幌3R 3歳未勝利 [10:55~] 芝1500m

【本命】
◎②フリークアウト

◆札幌芝1500mの特徴

第1コーナー奥のポケット部分からスタートする特殊なコース
約170mを走るとすぐに第2コーナーに入るため、外目のポジションになりやすい外枠は不利
コーナーが大きく直線が短いという特徴があり、ロスの少ない内枠有利で逃げ・先行が有利になります
コース全体の高低差はほぼ無い平坦なコース
洋芝のためパワータイプの馬が活躍するタフな傾向で、開催後半になると馬場が荒れて外差しが決まりやすくなります

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(阪神芝1400m)]
好スタートから先頭に立ち
12.2 – 10.5 – 11.3 – 11.9 – 12.3 – 13.2 – 13.3
600m通過34.0のHペース
道中は外から暴走してる馬に煽られ、オーバーペースで息が入らず厳しい流れとなり
4コーナーで後続を引き離して逃げ粘りを図るが、残り50m付近で後続に交わされて0.3秒差の4着
重馬場の時計が掛かる馬場のなか、超Hペースで先行勢が厳しい展開のなか4着の粘りに評価

考察
気のいいタイプと言うことで、陣営は1F距離を詰めて試しましたが惜しくも4着
重馬場で時計の掛かる馬場+序盤のオーバーペースでかなり厳しい流れのなか先行勢で最先着
近走はオーバーペースになりながらも惜しいレースが続いています

勝ち気な気性で行きたがる面があります
展開としてはハナに立つことが理想で、マイペースに刻んで少しでも脚を温存できれば
鞍上は3走前にコンビを組んでいる藤岡佑介騎手とのコンビ
3走前(京都芝1600m)は1000m通過58.3のHペースで積極的に運び、残り50mで後続に交わされ0.4秒差の5着
藤岡佑介(騎手)×中内田充正(調教師)」の好ラインで中内田厩舎の第二の矢
積極的に運べる騎手なので戻るのはプラス
逃げ・先行有利の特殊な札幌芝1500mで改めて期待


■札幌4R 3歳未勝利 [11:25~] ダ1700m

【本命】
◎⑥ウラワザテクニック

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(東京ダ1400m)]
行き脚をつけて好位の後ろで追走
12.5 – 11.1 – 12.2 – 12.8 – 12.4 – 12.1 – 12.9
600m通過35.8のMペース
道中はインで折り合って脚を溜めて運び
直線に入って進路が開かずにうまく捌けず、最後まで伸びを欠いて1.1秒差の9着
直線でスムーズを欠き、脚を伸ばせられずに度外視

◆考察
父Liam’s Map(リアムズマップ)
現役時代にウッドワードS(D9F)、ブリーターズCダートマイル(D8F)に制してダ1600~1800mで活躍 
今回は距離延長の札幌ダ1700mで血統的には距離は問題なく、距離延長での前進に期待

ダート路線に変更した3走前の東京ダ1400mから走りが安定
近3走の東京コースは直線で外に張る走りをし、矯正しながらだったため右回りコース+良馬場で見直し
今年の函館リーディング5位丹内騎手に乗り替わっての新味に期待


■札幌10R 大倉山特別 [15:00~] ダ1700m

【本命】
◎③ケルティックソード

◆考察
昨年のこのレース(大倉山特別)の2着馬
外枠から好位4番手から追走し、4コーナーで早めに動いて先頭に並び
最後は勝ち馬の決め手に敗れながらも、しぶとく脚を伸ばして1/2馬身差の2着
昨年同様にこのレースを目標に調整し、早めに函館に滞在してウッドコースで乗り込み
ひと叩き毎に良化して順調な仕上がり
札幌ダ1700mは4戦して1着→3着→2着→4着の得意な舞台
先行力のある馬なので開幕週を生かした競馬が理想
得意の舞台に戻っての巻き返しに期待


■札幌11R しらかばS [15:35~] 芝1200m

【本命】
◎⑪アスタールビー

◆前走のレース内容 [TVh杯(函館1200m)]
少し出負けをしながらも、ダッシュがついて内枠を生かしてハナに立ち
12.2 – 10.6 – 11.0 – 11.7 – 11.5 – 11.9
600m通過33.8のHペース
3コーナー手前で外から先頭に立たれて番手に控える形となり、4コーナーで再度先頭に立って手応えよく直線へ
追い出しを待ちましたが外から早めに動かれ、叩きあいとなりましたが1/2馬身差の2着
道中でハナを奪われましたが番手でしっかりと対応し、いい形で直線に向かいましたが早め動かれて厳しくなるなか、最後までしぶとく脚を伸ばしての0.1秒差に評価

◆考察
本馬は揉まれ弱いタイプ
そして少しスタートに課題はあり、近3走は出負けする形が続いています
2走前のUHB杯(函館芝1200m)はスタート直後に寄れて接触し、ダッシュがつかずに中団で追走
11.8 – 10.3 – 10.6 – 11.5 – 11.3 – 12.0
600m通過32.7のHペースで道中は揉まれないように外を出し
4コーナーは外5を回して直線で外からじわじわと脚を伸ばし0.5秒差の4着
出負けしていつものポジションが取れないなか、0.5秒差まで詰めて時計1:08.0は優秀
前走も途中から番手になりましたが、控える形でも対応できるようになって幅が広がったのは収穫
今回は6枠で本馬より外の枠でテンの速い馬はいないので、揉まれる展開はないはずです
理想としてはハナを主張する馬は不在なので、先頭に立ってマイペースで運ぶことができれば
引き続き癖を知り尽くしてる古川騎手とのコンビ
現級でのメドは立っているので勝ち負けに期待



⬆️応援のご協力お願いします⬆️

■ラインの記事

タイトルとURLをコピーしました