7/18(土) 福島予想

スポンサーリンク
福島予想

7/18(土) 福島予想

本日の福島のオススメ予想は
人気ブログランキング」のブログの説明覧にて記載


↑こちらからお願いします↑


■福島2R 3歳未勝利 [10:45~] ダ1700m

【本命】
◎③ダイユウローズ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(福島ダ1700m)]
好スタートから行き脚をつけて番手で追走
道中は終始外からマークされながら3頭併走する形でレースを運び
ラスト5Fからペースは加速して3コーナーから追っ付けて食らいつき
直線はしぶとく粘るが、残り200mで甘くなってしまい0.9秒差の4着
序盤のポジション取りで競られて脚を使い、道中は外から被されてリズムよく運べなかったことが敗因

◆考察
中1週ですが引き続き状態は良好
坂路の追い切りは重馬場のなか、手綱を持ったまま加速して1F12.1の抜群の末脚
坂路の1F自己新をマークして順調に仕上がっています

東京の長い直線では終いが甘くなりやすく、福島の直線が短いコースの方が合っています
前走の福島ダ1700mは序盤で脚を使い、最後は甘くなりながらも4着
リズムよく運べれば力を出し切れるので、内枠を引いてスムーズに先行することが理想
今回は木幡巧也騎手から内田騎手への乗り替わりで新味に期待


■福島6R 2歳新馬 [13:05~] ダ1150m

【本命】
◎①アジアノジュンシン

◆考察

アジアエクスプレス
バトルアンコール
母父フジキセキ
騎手丸田恭介
調教師奥村武 [美浦]
馬主植村仁
生産者門別敏朗

父アジアエクスプレスは2020年度の新種牡馬
新馬戦(東京ダ1400m) → オキザリス賞(東京ダ1600m)をダートで連勝し、続く3戦目の朝日杯FSは初芝でGⅠ制覇
その後はユニコーンSを制しましたが、骨折が判明されて休養に入り
脚部不安で1年3ヶ月休養と怪我に泣きいて現役を引退して種牡馬入り
パワーを武器にして早くからの活躍が見込めます
産駒はすでに2勝挙げており
・ニシノミズカゼ [福島ダ1150m]
・スマートアリエス [函館ダ1000m]
短距離ダートで活躍し、ニシノミズカゼは2歳ダート1150mの中央競馬レコードタイムを更新
従来のレコードを0.9秒上回るパフォーマンス
パワーだけではなく、スピードも十分に期待できるかもしれません

5月下旬から乗り込み量は多く、南Wで併せ馬を中心に調整しています
本数を重ねる毎に息が入って動きは良化
7/4(土)の開幕週に合わせて調整してきましたが除外され、同条件を求めて更に稽古を積めたのはプラス
最終追い切りは南Wの半マイルで1F12.5の末脚
状態を上げて初戦から期待できる仕上がり
スタートセンスが抜群」と陣営がコメントし、スタートが決まれば内枠を生かして先行することが理想
仕上がりの早いアジアエクスプレス産駒の好走に期待


■福島8R 3歳以上1勝クラス [14:05~] ダ1700m

【本命】
◎⑪クールマキシマム

◆考察
本馬は揉まれるとハミを取らないタイプ
前走の福島ダ1700mはスタートを決めて先行しますが、すぐに包まれてハミ取りができずに追走
3コーナーから追っ付けて手応えが怪しく、最後までしぶとく脚を伸ばすが1.3秒差の5着
2走前の東京ダ1400mも道中で包まれてハミ取りがうまくいかず、追走に苦労して直線で伸びを欠いて1.6秒差の8着
昇級してからの近2走の敗因は明確

前走は短期放牧を挟んで立て直し、1週前追い切りの坂路が5F50.8-12.7の好時計
調教の持ち時計を短縮して自己新をマークし、大幅に成長が見えて好仕上がり
今回はダメージが少ないので連闘
叩いた上積みは見込めるので前走以上に期待を持てます

ダ1400mは距離が短く、ダ1800mは長かった印象なので、福島ダ1700mで改めて見直し
ハミ取りがうまくいけば、距離延長で道中は急がずにマイペースで運べるはすです
牝馬限定戦で牝馬同士なら十分チャンスはあり、古馬との斤量差は魅力があります
今回は外枠を引けたので、いくら嘉藤騎手でも馬込みにいれるようなことはないはずです
揉まれずに外目を回してハミ取りがしっかりとできればこのクラスでも十分通用
連闘+外枠+福島ダ1700m+牝馬限定戦で再度見直し


■福島11R 阿武隈S [15:45~] 芝2000m

【本命】
◎⑮シークレットラン

◆考察
前走の緑風S(東京芝2400m)はスタートしてすぐに落馬があり、カラ馬に絡まれて無理に動けずに中団で追走
直線に入ってもカラ馬が近くにいて無理をせず流して1.1秒差の9着
力を出しきれずに度外視と言える内容

機動力のある馬なので小回りの福島コースは歓迎
芝2000mは葉牡丹賞(中山芝2000m)でレコードV
スタート直後に寄られて後方から追走
3コーナーから早めに動き、直線は大外から差しきって1馬身差の勝利
勝ち時計1:59.6は芝2000mの2歳日本レコード
今回の距離短縮は問題ありません
3走前の潮来特別(中山芝2500m)は目黒記念を制したキングオブコージに3/4馬身差の2着
4走前の初咲賞(中山芝2200m)はマーメイドSの5着エアジーンにクビ差の2着
上のクラスで好走している相手に僅差負け
3勝クラスでも十分に通用する力はあるので、昇級2戦目で巻き返しに期待


■福島12R 3歳以上1勝クラス [16:30~] ダ1150m

【本命】
◎⑤タイキメサイア

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(福島ダ1150m)]
スタートを決めたがダッシュがつかずに中団で追走
道中はインで折り合いながら脚を溜めて運び
直線は内から最速上がりで脚を伸ばして1/2馬身差の2着
勝ち馬が逃げて止まらない展開のなか、最後まで差を詰めて0.1秒差の内容に評価

◆考察
7走前に同舞台(福島ダ1150m)で0.7秒差の4着
スタート直後に外の馬が内に寄れ、挟まれる不利を受けてポジションが悪くなったことが敗因
中団の外で追走して前が残る展開のなか、外から脚を伸ばして4着
敗因は明確ですがダ1150mの流れに乗り、負けはしましたがいい競馬はできています
前走は不良馬場の緩い馬場で行き脚がつかず
インでしっかりと流れに乗り、前が止まらないなかで差を詰めて1/2馬身差の2着
引き続き同舞台での好走に期待

近走はスムーズを欠いて力を出しきれずに惜しいレースが続いています
休み明けを叩いて3戦目で上積みは見込めるので前走以上に期待は持てます
3度目の舞台で引き続き小林脩斗騎手とのコンビ
今回はスタートを決めてポジションを取りに行き、斤量を生かす騎乗ができれば勝ち負け
メドの立つ走りはできているので、スムーズなレースで好走に期待


■重賞

◆函館2歳S [15:25~]

⬆️過去10年分のデータはこちらから⬆️

⬆️函館2歳Sの予想はこちらから⬆️


◆函館記念 [15:25~]

⬆️過去10年分のデータはこちらから⬆️



⬆️応援のご協力お願いします⬆️

■ラインの記事

[https://gulch-keiba.com/archives/1977

タイトルとURLをコピーしました