7/11(土) 阪神予想

スポンサーリンク
阪神予想

7/11(土) 阪神予想


⬆️応援のご協力お願いします


■阪神2R 3歳未勝利 [10:35~] 芝1800m

【本命】
◎④サウンドレベッカ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(阪神芝1800m)]
中団の外につけて追走
12.6 – 11.1 – 12.3 – 12.5 – 13.4 – 11.9 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 11.9
1000m通過1:00.4のMペース
道中は外を回しながらじっくりと運ぶため、後方の4番手まで位置を下げ
4コーナーで大外を回し、直線は最速上がりで脚を伸ばして0.2秒差の3着
先行勢が楽に運んで前が止まらないなか、直線は大外から猛追で0.2秒まで差を詰めた内容に評価

考察
2走前の阪神ダ1800mは初ダートでしたが案外な結果で度外視
前走の阪神芝1800mは芝戻り+立て直した効果が効き、距離延長でじっくり脚を溜めれたことが好走に繋がっています
レースを使った上積みは見込めるので引き続き状態は良好
馬場が鍵になりますが、外差しが利く馬場であればチャンスはあり
今回も同舞台+松山騎手がコンビ継続で好走に期待


■阪神5R 2歳新馬 [12:25~] 芝1600m

【本命】
◎⑨アルムファーツリー

◆考察

エピファネイア
チャーリーズ
母父キングカメハメハ
騎手西村淳也
調教師川村禎彦 [栗東]
馬主崎川美枝子
生産者新冠タガノファーム

父エピファネイア×母父キングカメハメハ
今年無敗で桜花賞→優駿牝馬を制して二冠馬となったデアリングタクトど同じ配合
フローラS(GⅡ)を1番人気に支持されたスカイグルーヴ
忘れな草賞(OP)2着イズジョーノキセキ
新種牡馬として活躍が目立ったエピファネイア産駒でしたが、特に母父キングカメハメハを迎えると上のクラスでも活躍する馬が多く
母系はダートでの活躍が目立つパワー型の血統で、父にエピファネイアを迎えて芝でも十分に期待したい

入念に乗り込まれて圧巻は3週前追い切りの3頭併せの内容
CWを長めに乗り込んで6F79.1-12.1の好時計
テンからペースは速く、内から2頭を軽々と交わして0.3秒先着
反応に応えてしっかりと動いて十分に仕上がり
1週前追い切りの3頭併せで格上ヒロブレイブ(OP)相手に0.1秒先着
2.1秒の大差で離れた位置から手綱を持ったたま最後まで加速
最終追い切りは整える程度で初戦から期待できる仕上がり

デアリングタクト、スカイグルーヴの共通点は気性難
初戦から揉まれると厳しい部分はあるので外寄りの枠を引けたのはプラス
スムーズに運べれば力は出しきれるはずです
調教通りの走りなら勝ち負けなので好走に期待


■阪神7R 3歳未勝利 [13:32~] 芝1400m

【本命】
◎④コマノグレイス

◆考察
前走は6ヶ月の休養明け
中団のインで脚を溜めて運び、手応えよく直線に向かいましたが内で進路が開かず
残り200mでブレーキをして後退し、再度加速して脚を伸ばし1.1秒差の7着
直線でスムーズを欠き、不完全燃焼で度外視

体質の弱さが残ってため放牧に出し
更に成長を促して3ヶ月の休養明けで着実にパワーアップ
休み明けでも苦にしないタイプで、今回もしっかりと乗り込んで仕上がり良好
馬体重は減らずに成長分があることが理想

2走前の新馬戦(京都芝1600m)を評価
中団のインで追走してロスなく運び、直線は最内から脚を伸ばして0.9秒差の4着
重馬場で時計が掛かり、Sペースで前が残る展開のなか差を詰め

〈 サトノインプレッサ組:京都芝1600m 〉
1着 サトノインプレッサ [東京優駿:4着]
2着 ノルカソルカ [2歳未勝利:1着]
3着 オーマイダーリン [シンザン記念:4着]
4着 本馬
5着 マンオブスピリット [京都新聞杯:2着]
6着 ムジカ [3歳未勝利:1着]
7着 アストゥーリアス [2歳未勝利:1着]
14着 オカリナ [3歳未勝利:1着]

本馬を除く7着までが全て勝ち上がり
2.7秒差の最下位オカリナも勝ち上がり、ハイレベル戦での4着は高く評価
体質の弱さで間隔は開き、キャリア3戦目で少ないですが力は十分にあります
少し折り合いに不安があるので距離短縮は好材料
インでロスなく折り合い、今度こそはスムーズに運んで前走以上の走りに期待


■阪神12R 3歳以上1勝クラス [16:15~] 芝1200m

【本命】
◎④スペースクラフト

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(阪神芝1600m)]
スタートを決めて前に行き、先行争いが続いて残り1000mで先頭に立ち
12.5 – 10.6 – 11.4 – 11.5 – 11.3 – 11.7 – 11.9 – 12.2
1000m通過57.3のHペース
3コーナーで後続を離し、早めに動いて逃げ粘りを図るが最後は甘くなり1.0秒差の8着
芝を試しましたが先行争いが長く続き、ラスト4Fから加速して息が入らずに厳しいペースで引っ張り
最後は甘くなりましたが見せ場のある走りに評価

考察
ブリンカー着用して2戦目となる3走前から行きっぷりが良化
前走は展開が厳しくなりましたが距離が長く、今回は2F距離短縮しての芝1200mに挑戦
序盤の流れに乗れるかが鍵ですが、前走のようなスピードを生かす競馬ができれば
折り合い面に不安があるので落ち着いてレース本番に迎えることが理想
芝2戦目+距離短縮で一変に期待


■重賞予想

◆福島11R 七夕賞 [15:45~] 芝2000m

⬆️過去10年分のデータはこちらから⬆️

⬆️七夕賞の予想はこちらから⬆️


■オススメの記事

タイトルとURLをコピーしました