7/11(土) 函館予想

スポンサーリンク
函館予想

7/11(土) 函館予想

本日の函館のオススメ予想は
人気ブログランキング」のブログの説明覧にて記載


↑こちらからお願いします↑


■函館2R 3歳未勝利(牝) [10:25~] ダ1700m

【本命】
◎⑬ウインオリヴィア

◆考察
前走は好位の馬群のなかで、砂かぶりは問題なく追走
向正面から追っ付けて追走に苦労し、最後まで懸命に脚を伸ばして1.6秒差の7着
走り出すと意外とのんびりしていて、勝負所でモタついてしまいますからね
実戦になるとのんびりとしてしまって、勝負所でモタつくところがあると陣営は敗因は挙げています

芝レースの内容が案外だっため、3走前にダートを試して2着に好走
積極的に前に運んで1コーナーで外に少し膨れましたが、好位3番手でポジションを取り
1000m通過1:01.6のHペースで道中は追っ付けながら進出
4コーナーで逃げた馬に並んで直線に入りましたが、最後は叩きあいに競り負けて1馬身差の2着
速いペースに苦労しながらも、最後までしぶとく脚を伸ばした内容に評価
高速馬場でしたが時計優秀で、ダート適性を示す走りをしています

今回はブリンカーを試して勝負所でのモタつきが改善されるかが鍵
牝馬同士なら十分に通用するので牝馬限定戦+高速馬場だと追走に苦労してしまうので良馬場で見直し
ブリンカー+良馬場+牝馬限定戦で改めて期待


■函館4R 3歳未勝利 [11:25~] 芝1800m

【本命】
◎⑫ニシノアクシス

◆考察
前走は競走中に左前肢跛行を発症したため、最後の直線コースで競走中止となって度外視
軽傷で問題なかったため中1週での出走

2走前の東京芝2000mは好位3番手で追走
道中はインでロスなく折り合って運び、直線に入って内にモタれた走りで矯正し、残り100mから追い出して0.5秒差の3着
上位2頭の相手が悪く、左ブリンカー着用の効果が多少あって3着に好走
0.2秒差の4着ピースディオンは次走で勝ち上がり、本馬も勝ち上がれる力は十分にあります
3走前の東京芝1800mは行き脚がつかずに中団に控えて追走
直線に入って内にモタれた走りで矯正しつつ、内にいた馬と馬体を合わせながらの追い比べ
最後はまともに追い出せずに0.5秒差の5着
2戦連続で東京コースを使用し、馬具を変えて陣営が工夫しながらもモタれ癖は改善できず
前走同様にハミを替えて馬具の効果に期待したい
好位でロスなく脚を溜めることが理想
馬具を変えて右回りで再度見直し


■函館6R 3歳未勝利 [12:45~] ダ1700m

【本命】
◎⑪ジュンハルト

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(東京ダ1600m)]
ハナを狙いに行ったが、内2頭のテンが速く控えて3番手で追走
12.1 – 10.8 – 11.8 – 12.4 – 12.5 – 12.9 – 12.8 – 13.0
600m通過59.6のHペース
行きたがるを抑えて折り合いを欠き、道中は外3を回しながらレースを運び
直線に入って最後は脚が甘くなり1.0秒差の5着
Hペースの展開+外ロスで脚を使ったことが敗因

◆考察
2走前は控える競馬を陣営が指示しましたが0.7秒差の3着と案外な結果になり
前走は積極策を指示しましたが逃げれずに1.0秒差の5着
現状は逃げて粘り込みを図る競馬が合っているので積極策が理想
器用な馬ではないので4つコーナーが鍵ですが、乗り替わったルメール騎手のレース運びに期待


■函館7R 3歳以上1勝クラス [13:15~] ダ1000m

【本命】
◎⑦サノノショウグン

◆考察
前走は内枠で好スタートから好位で追走
道中はインでロスなく運び、4コーナーで上手く外に出して脚を伸ばし2馬身差の2着
勝ち馬のスピードに圧倒されて差が詰まらずに力負けですが、離されずに最後まで脚を使っての2着に評価

昨年の夏から函館・札幌・小倉のダ1000mのみを使用
30戦中20戦がダ1000mのスペシャリスト
2走前は勝ち馬の相手が悪く、5ヶ月半の休養明け+斤量差で僅差負けですがいい立ち回りはできています
本馬は叩き良化型で前走は函館ダ1000mの持ち時計を短縮して2着好走
3戦目となる今回は更に良化が見込めて前走以上の走りに期待ができます
前走は勝ち馬にスピード負けしましたが、今回の相手関係なら先行力のある本馬なら十分にチャンスはあります
引き続き3戦目となる大野騎手とのコンビで勝ち負けに期待


■函館8R 3歳以上1勝クラス [13:45~] 芝1200m

【本命】
◎②ファンシャン

◆前走のレース内容 [3歳以上1勝クラス(函館芝1200m)]
好スタートでしたが控えて中団で追走
11.9 – 10.8 – 11.2 – 11.7 – 11.3 – 12.2
600m通過33.9のHペース
道中は外5を回しながらレースを運び
早めに4コーナーで押し上げ、直線は外から脚を伸ばし0.5秒差の6着
好スタートでしたが消極的な騎乗で控えて位置取りが悪く、外ロスが多くなったことが敗因

◆考察
2走前の同条件(函館芝1200m)を評価
好スタートから控えて好位4番手で追走
11.9 – 10.3 – 10.8 – 11.5 – 11.6 – 12.3
600m通過33.0のHペース
道中は外3を回しながら4コーナーで早めに2番手まで押し上げ、残り100mで先頭に立ちますが最後は甘くなってクビ差の2着
600m通過33.0の超Hペースで先行勢が厳しい流れのなか、外ロスはありながらもクビ差まで脚を伸ばした内容に評価

本馬は滞在競馬+洋芝適性が合っており、2歳時に未勝利戦(札幌芝1200m)を勝ち上がり、昨年は1勝クラスで0.5秒差の3着に好走
2走前クビ差の僅差負けでしたが持ち時計を大幅に短縮
函館芝1200m+牝馬限定戦ならメドの立つ走りはできています
引き続き減量騎手起用で秋山騎手とのコンビ
前走は消極的な騎乗だったので、今回は積極的な騎乗で斤量+スピードを生かした競馬に期待


■函館12R 渡島特別 [16:05~] ダ1700m

【本命】
◎④ソルトイブキ

◆前走のレース内容 [津軽海峡特別(函館ダ1700m)]
出脚がつかずに後方に控えて追走
向正面で大外に出して3コーナー前でまくって先頭に並び
直線入り口で早めに抜け出して押しきりを図るが、後続に交わされて0.6秒差の3着
勝ちパターンの競馬でしたが、直線で抜け出したときにソラを使ったことが敗因

考察
2走前の大津特別(京都ダ1800m)を評価
スタート直後に挟まれてポジションが取れずに後方から追走
4コーナー大外を回しながら先頭集団に並び、直線に入って一旦は先頭に立つが、叩きあいに競り負けて3/4馬身差の2着

〈 大津特別:京都ダ1800m 〉
1着 ダノンテイオー [灘S(3勝):1着]
2着 本馬
4着 アイアムレジェンド [甲南S(3勝):2着]
6着 トップウイナー [欅S(OP):1着]

叩きあいに敗れて3/4馬身差の1着ダノンテイオーは灘Sを快勝してOP入り
0.9秒差の6着トップウイナーは2勝クラス→3勝クラス→OPの3連勝中
上のクラスでも好走するハイレベル戦で僅差の内容に評価
近走はいい立ち回りができ、負けても強い競馬をしてこのクラスで経験を積んでることはプラス

4ヶ月半の休養を叩いて良化
鞍上の古川騎手が2週連続で乗り込んで入念に調整し仕上がり良好
勝てるだけの力は十分にあり、癖を掴んでる古川騎手のコンビで継続で今度こそ
スタートを決めてある程度前目でレースを運び、ソラを使うのでギリギリまで我慢させての押しきりに期待


■重賞予想

◆福島11R 七夕賞 [15:45~] 芝2000m

⬆️過去10年分のデータはこちらから⬆️

⬆️七夕賞の予想はこちらから⬆️



⬆️応援のご協力お願いします

■オススメの記事

タイトルとURLをコピーしました