1/11(土) 次走注目馬(中山のみ)

スポンサーリンク
次走注目馬

1/11(土) 次走注目馬(中山のみ)

■中山1R 3歳未勝利(9:55~) ダ1200m

該当馬なし

 

■中山2R 3歳未勝利(10:25~) ダ1800m

◆グローサーベア[5着:2人:先行]

スタートを決めて好位の内で追走
道中は逃げた人気馬の後ろにびっしりマークしますが、2コーナーで躓いて少しポジションが下がり
向正面では3コーナー手前で進路を確保するため、外の馬に接触して無理矢理に進路を確保
ペースアップした人気馬に外からついていくが、最後は勝ち馬に離されながら伸びを欠き2.2秒差の5着
12.9 – 12.4 – 13.0 – 13.2 – 12.4 – 12.4 – 12.8 – 12.9 – 13.9
序盤は遅い流れで向正面からロングスパート
序盤にアクシデントで消耗し、勝負どころで勝ち馬と一緒に動きましたが最後は失速
序盤のアクシデント+勝ちに競馬をし、勝ち馬が優秀でしたが次に繋がるレース内容

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・外枠

スローペースと言うことあり、内で力みながら終始追走していた印象
外目で揉まれずに追走し、伸び伸びと走らせた方がよさは発揮しそう

 

■中山3R 3歳未勝利(10:55~) ダ1200m

◆キョシンタンカイ[2着:3人:逃げ]

スタートを決めて行き脚をつけてハナに立ち
終始外の馬から煽られながらのレース運び
手応えよく直線に入って逃げ粘りを図るが、ゴール前で勝ち馬に交わされクビ差の2着
12.1 – 10.9 – 11.7 – 12.2 – 12.4 – 13.3  
最後は交わされましたが3着に5馬身離し、時計1:12.6は優秀
距離短縮してダ1200mは問題なく流れに乗り、いいスピードを見せたレース内容

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・調教の上積み

乗り込みが少なく仕上がり途上

・東京ダ1300~1400m

2走前の東京ダ1400mはハイペース+勝ち馬が早めに進出して息が入らずに失速
ダ1400mでも距離は問題なし

 

◆ホトダニー[7着:6人:差し]

スタートを決めて行き脚をついたが、すぐに控えて中団で追走
道中は流れに乗れずに追っ付けてのレース運び
4コーナーで大外を回し、直線は外から脚を伸ばすが届かず1.3秒差の7着
12.1 – 10.9 – 11.7 – 12.2 – 12.4 – 13.3
速いペースに乗れず道中は苦労し
直線はいい脚を使うが、前が止まらずに差が縮められず1.3秒差の内容

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・距離延長[東京ダ1400m]

ダート適性は問題なし
道中が忙しくなってしまうので、距離延長でゆったりと運ぶことができれば

・芝戻り
初戦の新馬戦[中京芝1400m]は出遅れて最後方
4コーナーで大外を回し、上がり2位の末脚で差を詰めて0.7秒差の8着
厩舎としては芝の方で期待してる馬なので芝戻りもチェック

 

■中山4R 3歳新馬(11:25~) ダ1800m

◆スワーヴヨハン[2着:1人:先行]

少し出負けをしましたが、二の脚が速く好位3番手で追走
序盤のペースは遅く、3コーナー手前から後続が早めに進出してきたのを確認しペースアップ
手応えよく4コーナーでは先頭に立ち、押しきりを図るが粘れずクビ差の2着
12.8 – 11.6 – 12.9 – 13.7 – 13.0 – 12.4 – 12.8 – 13.4 – 13.7
向正面から加速してロングスパート
手応えよく勝ちパターンの展開でしたが、直線で内にモタれて矯正しつつの走り
勝ち馬が強かったですが、時計1:56.3は新馬戦としては優秀の内容

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・叩いた上積み

坂路で乗り込みは十分にされてましたが
攻めた調教はなく、軽めの調整ばかりで実践で戸惑いが見られたとのこと
馬体重552㎏の大型馬もあり、ひと叩きしての上積みに次走は注目したい
まだ脚元が固まってない状態で好走し、今後の成長に注目したい

・東京ダ2100m

血統的に芝の短いところで活躍してますが
厩舎としてはダートの長いところで期待しています
田中博厩舎の3歳勢で「能力は上」と師が言うほどの器
距離延長で前進に期待

 

■中山5R 3歳未勝利(12:15~) 芝2200m

◆ドリームメッセージ[4着:3人:先行]

スタートを決めて先行したが隣の馬が寄ってきたのに驚いて掛かり、抑えて好位の外目から追走
道中は落ち着いて先行する人気馬をマーク
早めに進出して4コーナーから追い出しますが、直線入り口で内の馬に馬体を当てられてしまう不利を受け
直線は伸びを欠いて1.2秒差の4着
12.6 – 11.6 – 12.6 – 12.5 – 12.9 – 12.9 – 12.7 – 12.3 – 11.7 – 11.3 – 12.3
スローペースで流れて前有利の展開
序盤に掛かった消耗+外ロス+直線で不利を受け、最後まで脚を使えずの内容

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・距離短縮[東京芝1800~2000m]
中山2200mは序盤からスムーズを欠いて脚が甘くなった内容でしたが、4コーナーで手応えが怪しくなり距離が長かった印象
子供っぽい気性なので道中の折り合い面が鍵
なので、好走している1800~2000mで改めてチェック

・内枠
外目からの追走で道中は脚が溜まらず
いい脚を使える馬なので展開としては後方で折り合い重視で脚を溜めること
前に壁を作って脚が溜められる内枠が歓迎

 

◆コスモイダマシネ[8着:12人:差し]

スタートを決めたがテンでもたついて中団のインで追走
道中は内で折り合いながらレースを運び
3コーナー追っ付けながら鞭を入れて進出し、直線は内から脚を伸ばしてくるが
残り200mを過ぎたところで進路が狭くなりブレーキ
最後は流すのみで1.7秒差の8着

ガルチ
ガルチ

次走のポイントは?

・上積み
4戦目でしたがまだまだ成長途上
ゴールドシップ産駒は叩き良化型なので、今回を使ってどこまで良化しているか
ポリトラック中心の軽めの調整で、ここ最近は軽い調整ばかり
もう少し攻めた調整を期待し、次走の上積み次第でチェック

・中山コース向き
二の脚が遅いのでポジションが取れず、厳しいレースが続いていますが
じりじりと脚を伸ばすタイプなので中山向け
狙うのなら今開催か3月開催の中山でチェック

 

■先週の記事

 

タイトルとURLをコピーしました