6/21(日) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

6/21(日) 東京予想


⬆️応援のご協力お願いします⬆️

東京1R 2歳未勝利 [10:10~] 芝1400m

【本命】
◎②マイネルアミスター

◆前走のレース内容 [2歳新馬(東京芝1400m)]
好スタートでしたが外の馬がハナを主張したため、控えて好位3番手で追走
道中はインで折り合ってレースを運び
いい形で直線に入りましたが追ってから反応がなく、最後は甘くなってしまい1.0秒差の7着

◆考察
初戦は父ミッキーアイルを彷彿させる好発
他の馬にハナを主張されて行ききれずでしたが、インで折り合ってレースセンスの良さを感じます
今回もスタートが決まれば行ききるはずです
ダメージが無かったとのことで中1週でここを使い、レースを使った上積みは見込めて同じ舞台を使えるのはプラス
直線ではギアが上がらなかったので、レースを使ってもうひと踏ん張りできれば
上積み+和田騎手の乗り替わりに期待


東京2R 3歳未勝利(牝) [10:40~] ダ1600m

【本命】
◎⑭ジュンヴァドス

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(東京ダ1600m)]
スタートは決めたが芝部分でダッシュがつかずに後方から追走
道中は砂かぶりは問題なくレースを運び
直線に入って内から大外に切り替え、最速上がりで脚を伸ばし0.7秒差の3着
直線は内から外に出すロスはありながら2着に1/2馬身差
不良馬場で厳しい位置取りで差を詰めた内容に評価

◆考察
2走前のナイスハルター特別(船橋ダ1600m)が初ダート
出遅れてダッシュがつかずに後方から追走し、道中は後ろでじっくりと脚を溜めて運び
直線は内から脚を伸ばして0.7秒差の3着
出遅れて離れた位置から直線は最速上がりで脚を伸ばし、地方交流戦で相手は弱いなかで前残りの展開で詰めた内容に評価
船橋の不良馬場で好走し、前走も不良馬場で2戦連続で3着に好走
脚抜きのいい馬場は合ってるので道悪の適性はあります
小柄な馬で前走も馬体重は減ってしまい、今回は少しでも馬体重が回復してことが条件
引き続き東京ダ1600m+牝馬限定戦で馬場が渋れば尚良
同じ条件で前走以上の好走に期待


東京3R 3歳未勝利 [11:15~] ダ1400m

【本命】
◎②ケイツーポンド

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(東京ダ1300m)]
少し出負けをしたが行き脚をつけて好位追走
3~4コーナー中間から追っ付けながら進出
直線は外から脚を伸ばしますが最後は甘くなり1.1/4馬身差の2着
道中は追っ付けて忙しい競馬になりましたが、最後まで集中力が続いて真面目に走れた内容に評価

◆考察
2走前(福島ダ1700m)はハナを主張して先頭に立ちましたが、道中は煽られて超ハイペースで展開は厳しく
3コーナー手前で早々と交わされて失速し2.8秒差の11着
展開が厳しくなりましたが、ダ1700mは距離が長く度外視

2走前のマーチフラワー賞(川崎ダ1500m)を評価
スタート直後に挟まれてダッシュがつかず、控えて中団の後ろで追走
向正面で早めにまくりに行って先頭に立ち、押しきりを図りましたが残り50mで交わされて1.1/2馬身差の2着

〈 スリーグランド組:川崎ダ1500m 〉
1着 スリーグランド [端午S(OP):3着]
2着 本馬
3着 グラスディアブロ [未勝利:1着]

勝ったスリーグランドは1勝クラスを快勝してオープン戦を僅差の3着
レベルの高い相手に0.3秒差で、2.1/2馬身差の3着馬グラスディアブロは未勝利戦で圧勝
ハイレベル戦を強気で攻めに行き、ロンスパ戦でラストがキツくなりながら2着の粘りに評価

本馬は集中力の持続に課題があり
前走は距離短縮(東京ダ1300m)を試し、結果としては最後まで集中力が続いて0.2秒差の2着
短距離の速い流れに乗りきれず、道中は追っ付けて忙しいレースとなり
もう少し距離を伸ばして道中ゆったりと運びたいので、今回100m延長ですが東京ダ1400mはプラス
短距離の速い流れを経験したことは今回に繋がります
最後まで真面目に走れば勝ち負けできる力はあり、短距離ダートで改めて期待


東京5R 2歳新馬 [12:35~] 芝1600m

【本命】
◎⑪スーパーホープ

◆考察
父:キズナ
母:ケンホープ
母父:Kendargent

半姉プールヴィルは未勝利→りんどう賞を連勝して阪神JFは14番人気で5着に健闘
19年にフィリーズRを制した重賞馬を兄弟に持つ血統
本馬は大型馬で緩さはありますが筋肉質で、スピードはあるのでベストは姉同様に芝1400mかもしれません
父キズナは母系のポテンシャルを引き出す種牡馬で、母ケンホープはコロネーションステークで2着の実積のある繁殖牝馬
母系の実績を見るとマイルまでと読みます

調教では乗り込む毎に反応は良化し
1週前追いきりの坂路ではシャドウハンター(3勝)に0.5秒遅れ
最終追いきりのCWでテンから速いペースを刻んで6F81.8-12.1の好時計をマーク
先週と引き続きシャドウハンターと併せ、今週は圧倒する動きで0.7秒先着
右肩上がりで仕上がって初戦から期待できる動き

2歳新馬でわざわざ遠征をさせてこの番組を選択
陣営が期待してる馬なので遠征は期待の現れ
そして「デムーロ(騎手)×藤岡健一(調教師)」は好ライン
スピードを生かして初戦から期待


東京6R 3歳未勝利 [13:05~] 芝1800m

【本命】
◎④バトーブラン

◆考察
前走の新潟芝1800mは好スタートでしたが、抑えて折り合い欠いたのが敗因の全て
向正面は鞍上とケンカしたまま中団まで下げ、直線は伸びない内から脚を伸ばし1.0秒差の7着
不完全燃焼の内容で度外視

2走前の新潟芝1800mを評価
スタートのタイミングが合わずに出遅れ+寄れてゲートに接触して後方から追走
道中は折り合いながら脚を溜めて運び
3~4コーナーで徐々に大外から進出し、直線はしぶとく脚を伸ばして3馬身差の2着
厳しい位置取りで前が残るなか、1勝クラスで2着に好走した勝ち馬ディープキングに0.5秒差まで詰めています

差す競馬で新味は出ましたが
前走も控える競馬をするはずが好発で無理に控えて折り合いを欠き、今回は「出たなりに」と陣営は示唆
基本的にスタートは上手なタイプ
今回の相手は前に行く馬が不在で、スタート決まり次第ハナも視野に楽に前に運べるはずです
キレる脚はないので前でしぶとく脚を使うことができれば
左回りは前走(度外視)を除けば3着→2着と相性がよく、直線が長い方が持ち味が発揮できるかもしれません
先週が除外になった分、今週の稽古は意欲的に追いきって状態は良化
東京芝1800mで巻き返しに期待


東京7R 3歳以上1勝クラス [13:35~] ダ1400m

【本命】
◎③ペイシャンジュエル

◆前走のレース内容 [3歳1勝クラス(東京ダ1400m)]
出遅れてダッシュがつかずに後方から追走
じっくりと後ろで脚を溜めてレースを運び
3コーナー中間から進出し、直線は外から脚を伸ばして0.9秒差の3着
前が残る展開でしたが先着した上位2頭が優秀で、牡馬相手に0.9秒差まで詰めた内容に評価

◆考察
2走前の東京ダ1600mは距離が長く度外視
前走は未勝利戦で勝った東京ダ1400mに戻して好走
上位2頭の相手が悪く、0.3秒差の2着メタルスパークは今週の最終レースで快勝
牝馬でハイレベル戦を3着に持ってくる力はあり、今回は牝馬限定戦+斤量差は魅力があります
叩き3戦目で更に動きは良化し、最終追いきりの坂路は2勝クラスの古馬(パリテソーロ)相手に圧倒
加速してから相手を楽に交わして0.4秒先着と前走以上に仕上がってます
牝馬同士ならこのクラスは勝ち負け
引き続き東京ダ1400mで牝馬限定戦+上積みに期待


東京8R 3歳以上1勝クラス [14:05~] 芝2400m

【本命】
◎⑩プルクラ

◆考察
5ヶ月の休養明けで立て直し
1週前追いきりは併せ馬に0.1秒遅れましたが、相手は2勝クラスを勝ち上がったゼーゲン
本馬なりに反応に応えて時計を出し、負荷が掛かって息が入って仕上がり
最終追いきりはユニコーンSに出走するカフェファラオと併せて併入
立て直した効果は大きく左トモの状態は改善され、休み明けですが万全の状態

今回は未勝利戦で勝ち上がった東京芝2400m
デビューが遅れて初出走となり、好位追走で行きたがるのを抑えながら運び
直線に入って外から早めに交わされますが、盛り返して叩きあいを競り勝ち1/2馬身差の勝利
2着はすでにオープン入りを果たしているオセアグレイト
後に重賞で活躍している相手に初戦での勝利は高く評価
そして今回はレーン騎手に乗り替わりで「レーン(騎手)×堀宣行(調教師)」は好ライン
立て直し効果+勝ち上がった東京芝2400mで見直し


東京9R 青梅特別 [14:35~] ダ1600m

【本命】
◎①ラティーンセイル

◆前走のレース内容 [4歳以上2勝クラス(東京ダ1600m)]
スタートを決めて先行し、横並びになりましたが控えて好位で追走
道中はインで折り合って脚を溜めて運び
手応えよく直線に入りましたが前が開かずに追い出しを待たされ
残り200mを過ぎたところで狭い間を割って脚を伸ばすがクビ差届かず2着
直線で下がってくる馬を捌けずに追い出しを待たされたことが全て
脚を余らせながらも昇級初戦でクビ差まで詰めた内容に評価

◆考察
2走前の東京ダ1600mを評価
好スタートから番手で追走
12.7 – 11.8 – 13.0 – 12.8 – 12.2 – 11.6 – 11.2 – 12.0
1000m通過1:02.5のスローペースでじっくりと脚を溜め、残り400m過ぎたところで後続を離して2頭の追い比べを競り勝ち3/4馬身差の勝利
スローペースで楽な展開とは言え
3F34.7の最速上がりは歴代記録
近30年でダ1600m以上の上がり3F最速の最速タイムで
2013年観月橋S(京都ダ1800m:1600万下)で脚抜きのいい馬場(不良)のなか、ワイルドフラッパーが3F34.7の最速上がりで逃げ切り勝ち
本馬は良馬場+東京ダ1600mでは歴代最速タイムを記録
後の地方交流重賞を3勝するワイルドフラッパーに並ぶ記録

東京ダ1600mは得意の舞台で5戦2勝[2-2-0-1]
唯一の着外である5走前は骨折明け初戦で度外視
本格化を迎えて東京ダ1600mはレースを使う毎にレースぶりが良化
引き続き状態は良好で、牡馬相手でも十分に通用する力はあります
大外枠のレオアルティメットが恐らくハナに立つ予定ですが、他の先行馬は不在なので楽に前に運んで脚を溜めれるはず
脚力勝負になれば本馬に並ぶ馬はいないので、今回こそはスムーズに運んで勝ち負けに期待


東京12R 3歳以上1勝クラス [16:30~] 芝1400m

【本命】
◎②ダンシングチコ

◆考察
前走の新潟芝1400mは大外枠がアダとなり
道中は壁が作れずに折り合いを欠き、流れるまま前に行って外4を回しながら好位追走
残り200mで早めに先頭に立ち、押しきりを図ろうとするが強襲にあってクビ差の2着
脚が溜まらないなかで僅差の内容に評価
勝ち馬タガノスカイハイが2勝クラスを制して2連勝し、クビ差まで粘った本馬もこのクラスの卒業は近いはずです

近走は左回りの芝1400mで安定感を見せ、2戦連続で2着の惜しいレースが続いています
今回は鞍上強化でレーン騎手は魅力
内枠も引けて壁は作れるので、折り合って脚を溜めてレースを運ぶことができれば
そろそろ勝ち上がりに期待


■ラインシリーズ

 

■オススメの記事

タイトルとURLをコピーしました