6/13(土) 函館予想

スポンサーリンク
函館予想

6/13(土) 函館予想


⬆️応援のご協力お願いします⬆️

函館1R 3歳未勝利 [9:50~] 芝1200m

【本命】
◎⑥カウイダンス

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(中山芝1600m)]
スタートを決めたが中団に控えて追走
道中は脚を溜めてレースを運び
3コーナーから外に出し、4コーナーで大外を回して進出
直線は脚色が一緒になって差が詰めれず0.7差の8着
外ロス+スローペースで前有利の展開になったことが敗因

◆考察
今回の注目ポイントは調教+条件変わり
短期放牧でリフレッシュをし、中間の追いきりで重賞馬(エメラルファイト)に併入
2週前追いきりは東京優駿10着のビターエンダーと併せ
促すのみで加速して楽に抜き去りクビ差の先着
1週前追いきりは一杯に追い込み、2勝クラスの古馬(ジョガールボニート)を追走する形から反応に答えて差しきり0.2秒先着
しっかりと負荷を掛けて格上相手にヒケを取らない走りで仕上がり
最終追いきりは函館のウッドコースで整え、軽快な動きで好仕上がり
変わり身のある調教内容に評価

母サイズミックレディは現役時代に1年の長期休養を挟み、キャリア3戦目で函館芝1200mの未勝利戦を勝ち上がっています
父キズナ×母父サクラバクシンオーの組み合わせは重賞2勝挙げているビアンフェのいる血統
ビアンフェは函館芝1200mを未勝利→函館2歳Sと連勝
条件を一気に変えて短距離への挑戦
スピードのある馬なので短距離の流れに乗ることができれば

近走は道悪で走ることが多く、5走前の新馬戦(東京芝1600m)は良馬場で良血馬が揃ったなかで1.1秒差の4着
3着ウインキートスは自己条件で活躍している相手に0.3秒差まで詰めています
良馬場は歓迎なので、芝の短距離の条件を変えての変わり身に期待


函館2R 3歳未勝利 [10:25~] ダ1700m

【本命】
◎③エムテイフラッシュ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(阪神ダ1800m)]
スタートは決まったがすぐに下げて最後方から追走
12.5 – 11.3 – 12.8 – 12.2 – 12.1 – 12.0 – 12.7 – 13.0 – 13.7
1000m通過1:00.8の超ハイペース
ポツンと離れた後方で脚を溜めようとしたが、ペースは緩まずに加速したまま速い時計で流れ
脚を溜める間もなく向正面で大外から追っ付けて位置を上げ
3~4コーナーで大外を回して直線は外から脚を伸ばしますが、最後は脚が甘くなって差を詰めれず0.7秒差の4着
最後方の位置取りから追走で脚を使って溜まらず、先に動いた馬が残る展開になったことが敗因
大外を回して早めに動き、最後は甘くなりながらも0.7秒差は評価

◆考察
3走前の阪神ダ2000mは距離が長く度外視
京都ダ1800m・阪神ダ1800mで崩れず安定な成績を残し、2走前の京都ダ1800mを評価
出脚がつかずに中団の後ろから追走し、1000m通過1:02.2のハイペース
3コーナー手前から鞭を入れて徐々に進出し 、4コーナー大外を回して直線は最後まで詰め寄りクビ差の2着
キレる脚がない分、最後は届かなかったが僅差の内容
近走は後方から外を回して届かないことが多く、キレる脚はないので中団辺りで立ち回ることが理想
力のある馬なので乾いた良馬場+距離短縮は歓迎
菱田騎手に乗り替わって新味に期待


函館3R 3歳未勝利 [10:55~] ダ1000m

【本命】
⑧マコトヤマンバギリ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(京都ダ1200m)]
スタート直後に接触してダッシュがつかず好位で追走
道中は外4を回しながらロスが多く
早めに追い出しますが直線で伸びを欠き1.0秒差の4着
序盤でポジションが取れず、道中は外ロスが多くなって消耗してしまったことが敗因

◆考察
2走前の京都ダ1200mを評価
少し出負けをしたがダッシュがついて好位4番手まで位置を上げ
12.5 – 11.1 – 11.8 – 12.3 – 11.8 – 12.6
600m通過35.3のハイペース
道中はインに入れてロスなく折り合って立ち回り
直線に入って一旦置いていかれる場面はありましたが、しぶとく脚を伸ばして逃げた勝ち馬の差を最後まで詰めて3/4馬身差の2着
ペースが速いなかラスト2Fを加速し、最後までしぶとく粘った内容は高く評価

距離短縮した近2走が安定し、評価している2走前の厳しいレースを経験して変わり身を見せています
今回は更に距離短縮した函館ダ1000m
スタートはそこまで上手ではないので決まり次第、果敢に前へ運んで2、3番手で運ぶことができれば
粘り強さが武器なので先行しての押しきりに期待


函館4R 3歳未勝利 [11:25~] ダ1700m

【本命】
◎⑦マイネルパイオニア

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(新潟ダ1800m)]
スタート直後に寄れて接触し、ダッシュがつかずに中団の後ろで追走
道中は馬込みで揉まれても問題なく折り合い
向正面で早めに4番手まで押し上げ、3~4コーナーは外4を回して直線に入りますが伸びを欠き0.7秒差の8着
初の左回りでしたが外に張り気味の走りで適性が合わず度外視

◆考察
左回りが不向きだったため、走り慣れてる右回りに条件を戻し
函館に滞在して順調な乗り込みで引き続き好調

2走前の中山ダ1800mを評価
行き脚をつけて積極的に前へ運んで番手で追走
13.0 – 12.0 – 12.3 – 12.8 – 12.8 – 12.7 – 12.7 – 12.4 – 12.6
1000m通過1:02.9の平均ペース
緩みのないペースで展開は流れ、勝ち馬に離されますが最後まで踏ん張り5馬身差の2着
脚抜きのいい馬場でしたが時計1:54.2は優秀
相手が悪く勝ち上がる力は十分にあります

キレる脚はないので、中団より手前でロスなく運ぶことが理想
小倉ダ1700mで実績があるので小回りのダ1700mは問題なし
横山武史騎手の乗り替わりプラスで、状態はいいので右回りに戻しての巻き返しに期待


函館7R 3歳未勝利 [13:15~] 芝2000m

【本命】
◎⑦エボカシオン

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(京都芝2000m)]
出遅れて後方から追走
道中はじっくりと脚を溜めてレースを運び
勝負どころで内を選びましたが、直線入り口で進路が開かずにブレーキ
進路が開いてから再度加速しますが差は詰めれず0.6秒差の4着
スローペースで前有利の展開で止まらず
直線はうまく捌けずに減速し、脚を余らせながら0.6秒差の内容に評価

◆考察
前走は5ヶ月の休養明けで立て直し
今回は休み明けを叩いた効果は大きく、函館のウッドコースで1F12.0の抜群の末脚で仕上がり
馬体重が+14㎏で緩さはあったので、ひと叩きして馬体が引き締まることができれば

3走前の京都芝1800mを評価
出遅れて後方になりましたが、道中は内から徐々にポジションを上げて中団で追走
直線は最内から脚を伸ばして0.7秒差の4着

〈 マンオブスピリット組:京都芝1800m 〉
1着 マンオブスピリット [京都新聞杯(GⅡ):2着]
2着 フライライクバード [アザレア賞(1勝):1着]
3着 オールザワールド [3歳1勝クラス:2着]
4着 本馬
8着 サンデーミラージュ [3歳1勝クラス:1着]

上のクラスで活躍している上位3頭は外から脚を伸ばすなか、伸びない内馬場から突いて0.7秒差
好メンバー相手に見せ場のある内容に高く評価
子供っぽさがあって難しさはありながらも、素質は高く勝ち上がる力は十分にある馬
洋芝+叩き2戦目の上積みに期待


函館9R 3歳以上1勝クラス [14:15~] ダ1700m

【本命】
◎④ホウオウトゥルース

◆前走のレース内容 [4歳以上1勝クラス(東京ダ1600m)]
少し出負けをしましたが、内から積極的に前に運んでハナに立ち
12.3 – 11.2 – 12.1 – 12.6 – 12.5 – 12.1 – 12.3 – 12.9
1000m通過1:00.6の平均ペース
直線は追い比べとなって最後まで粘り1.3/4馬身差の2着
序盤でハナに立つまでに脚を使いましたが、マイペースに運んで最後までしぶとく粘った内容に評価

◆考察
2走前の新潟ダ1800mは7ヶ月半の休養明けで仕上がりは甘く、ハナに立てず自分の形で競馬ができずに2.1秒差の11着で度外視
4走前のニセコ特別(札幌ダ1700m)は好位の外でいい形でレースを運びましたが、最後は脚が甘くなり1.6秒差の6着
5ヶ月の休養明けで去勢明け初戦と言うこともあり度外視
現状は控えたり、揉まれたりするとレースにならず
ハナに立った3戦は全て3着以内に好走し、自分のペースで運へば持ち味のしぶとさが生きて好走に繋がっています

半兄サウンドトゥルー [16年チャンピオンズC]
半兄アナザートゥルース [20年ダイオライト記念]
半兄ルールソヴァール [18年佐賀記念]
3頭の重賞馬の兄を持つ良血馬
共通点は去勢してから活躍が多く見え、晩成型でレースを積み重ねて成長
休み明けから叩いて3戦目で上積みはあり、乗り慣れてる大野騎手戻りはプラス
今回もハナに立つことが絶対条件
メンバー的にもハナに立てる相手ので逃げ切りに期待


函館12R 遊楽部特別 [16:05~] 芝1800m

【本命】
◎②ルビーカサブランカ

◆前走のレース内容 [忘れな草賞(阪神芝2000m)]
スタート直後にゲートに接触し、ダッシュがつかずに中団で追走
道中は脚を溜めて折り合いますが、直線は伸びを欠いて1.2秒差の8着
雨が降り続いて馬場は悪化したことが敗因

◆考察
昇級初戦のセントポーリア賞は0.4秒差の5着
続くデイジー賞は0.2秒差の4着
好メンバーが揃ってるなか惜しいレースが続いています
特にセントポーリア賞はハイレベル戦で

〈 セントポーリア賞:東京芝1800m 〉
1着 ショウナンハレルヤ [白百合S(L):2着]
2着 アオイクレアトール [スプリングS(GⅡ):5着]
3着 セントオブゴールド [山藤賞(1勝):1着]
4着 ヴァルコス [青葉賞(GⅡ):2着]
5着 本馬
6着 ウインカーネリアン [皐月賞(GⅠ):4着]
9着 サトノフウジン [フリージア賞(1勝):1着]

直線は脚色が同じになりましたが、上のクラスで好走してる牡馬相手に5着と大健闘
1勝クラスの牝馬限定戦なら十分に通用するレベル
古馬との斤量差は魅力があり、良馬場+距離短縮で巻き返しに期待


■ラインシリーズ


■オススメの記事

タイトルとURLをコピーしました