5/31(日) 次走注目馬(東京)

スポンサーリンク
次走注目馬

5/31(日) 次走注目馬(東京)


⬆️応援のご協力お願いします⬆️

■東京1R 3歳未勝利 [ダ1300m]

【ラップタイム】
7.0 – 11.0 – 11.6 – 12.1 – 12.5 – 12.3 – 12.9

ケイツーポンド [2着(6人):先行]

◆レース内容
少し出負けをしたが、行き脚をつけて積極的に前に行って好位で追走
3~4コーナー中間から追っ付けながら進出
直線は外から脚を伸ばしますが、ラストは甘くなって交わせず1.1/4馬身差の2着
道中は追っ付けて忙しくなりましたが、距離短縮で最後まで集中力が続いての好走に評価

◆次走のポイント
前走の福島ダ1700mはハナを主張して先頭に立ちましたが、道中は煽られて超ハイペースで流れは厳しく
3コーナーで手前で交わされて失速し2.8秒差の11着
ダ1700m以上は距離が長くて展開が厳しく度外視

2走前のマーチフラワー賞(川崎ダ1500m)を評価
スタート直後に挟まれてダッシュがつかず、控えて中団の後ろで追走
向正面で早めにまくりに行って先頭に立って押しきりを図るが、残り50mで交わされて1.1/2馬身差の2着

〈 スリーグランド組:川崎ダ1500m 〉
1着 スリーグランド [端午S(OP):3着]
2着 本馬
3着 グラスディアブロ [未勝利:1着]

勝ったスリーグランドは1勝クラスを快勝してオープン戦を僅差の3着
レベルの高い相手に0.3秒差で、2.1/2馬身差の3着馬グラスディアブロは未勝利戦で圧勝
ハイレベル戦で強気に攻めに行き、ロンスパ戦でラストがキツくなりながら2着の粘りに評価

本馬は集中力の持続に課題があり
今回は距離短縮の東京ダ1300mを試し、結果としては最後まで集中して走り0.2秒差の2着
短距離の速い流れに乗りきれず、道中は追っ付けて忙しいレースとなり
もう少し距離を伸ばして道中ゆったりと運びたいところ
最後まで集中して走れば勝ち負けの出来る馬
次走は東京ダ1400mまたは中京ダ1400mで見直したい
または東京ダ1300mであれば1度使ってのペース慣れに期待

 

バーンパッション [5着(2人):追込]

◆レース内容
スタート直後に躓いてダッシュがつかず、後方2番手にまで下げて追走
道中は後方でじっくりと脚を溜めてレースを運び
直線は大外に出して脚を伸ばし、最速上がりで差を詰めますが0.7秒差の5着
スタート直後のアクシデントで位置取りが悪くなり、直線で大外に出したロスが多く
前が止まらない展開のなか3F36.1の末脚で0.7秒差に評価

◆次走のポイント
前走は短期放牧明けで馬体重が+2㎏ともうひと絞り欲しく、今回も+2㎏で余裕のある仕上がり
次走はひと叩きして馬体が絞れてることが理想

先行すると最後が甘くなりなりやすいので
陣営が「じっくり構えれば末脚は確実です」と示唆
前走・今回と後方で脚を溜めていい脚を使えましたが、前が止まらない展開で差しきれず2戦連続で5着
東京ダ1300mは本馬の相性のいい舞台なので、引き続き東京ダ1300mでチェック


■東京2R 3歳未勝利 [ダ1600m]

【ラップタイム】
12.1 – 10.8 – 11.8 – 12.4 – 12.5 – 12.9 – 12.8 – 13.0

ミヤビマドンナ [2着(6人):先行]

◆レース内容
スタート直後に接触をして坂井騎手がバランスを崩し
行き脚をつけて一旦はハナに立つが、内から競られたため控えて番手で追走
600m通過59.6のハイペース
直線に入って残り400mで先頭に立って押しきりを図るが、残り100mで勝ち馬に交わされ3.1/2馬身差の2着
勝ち馬の決め手に敗れて相手が悪く、初ダートで展開が厳しいなかで2着の粘りに評価

◆次走のポイント
8ヶ月の休養明けで調教の本数は少ないが、動きとしては十分の仕上がり
ひと叩きして上積みは見込めるので、次走は更に動きが良化するはずです

今回はスタートしてハナを狙いに行くが、内から競られたため控えて600m通過59.6のハイペース
先行勢に厳しい流れで最後は甘くなりながらも2着の粘りは評価し、初ダートで適性を示した内容
気性面に課題があるなかで番手で控え、最後まで反応に応えた走りは収穫
気性面に課題があるため、砂をかぶらず・揉まれずにハナでレースを運ぶことが理想
引き続き東京ダ1600mの外枠でチェック

 

ジュンハルト [5着(2人):先行]

◆レース内容
行き脚をハナを狙いに行ったが、内の2頭が速く控えて3番手で追走
600m通過59.6のハイペース
行きたがるを抑えて引っ掛かり、道中は外3を回しながらレースを運び
直に入って最後は甘くなり1.0秒差の5着
展開+外ロスで厳しく、最後は甘くなったが1.0秒差の内容に評価

◆次走のポイント
前走は控える競馬を指示して0.7秒差の3着と案外な結果に終わり
今回は積極策を指示しましたが、逃げれずに好位追走で展開+外ロスが響いて粘りきれず1.0秒差の5着
現状は粘り込みをの方が合っているので、相手次第で逃げれるなら狙いたい
器用な馬ではないので4つコーナーが難しく、ワンターンのコースの方が合ってるのでチェック


■東京3R 3歳未勝利 [ダ1400m]

【ラップタイム】
12.8 – 11.1 – 11.9 – 12.1 – 12.5 – 12.9 – 13.4

オーケーゴールド [2着(3人):先行]

◆レース内容
出遅れて行き脚をつけて好位追走
道中は包まれて砂かぶりを嫌がり、3~4コーナー中間から外に出し
直線は外から脚を伸ばして残り100mで先頭に立つが、ゴール手前で外から交わされて1/2馬身差の2着
勝ち馬の決め手に敗れましたが、最後まで脚を伸ばして後続に2.1/2馬身離す内容に評価

◆次走のポイント
3戦連続で出遅れてポジションが取れず
前走はゲート練習を中心に積み、多少スタートが良くなりましたが出負けをする形が続き
道中包まれると気を悪くする部分があるので、もう少しスタートが成長してすんなりとポジションを取ることができれば

中1週で多少の上積みはありながらも、馬体に緩さがあって稽古での動きはいまひとつ
5月の遅生まれ+大型馬でひと叩きが足りない状態
更に叩いて馬体を絞り、大きな上積みがあることに期待

 

ディレクトゥス [5着(11人):追込]

◆レース内容
出遅れて+隣の馬が寄れて接触してダッシュがつがす後方から追走
道中は外を回してましたが、3~4コーナーで中間で内に進路を切り替え
直線は最内から脚を伸ばし、最速上がりで差を詰めて0.5秒差の5着
序盤に不利を受けて位置取りが悪くなり、3F36.7の末脚で最内から脚を伸ばした内容に評価
初ダートでしたが適性を示した内容

◆次走のポイント
前走の中山芝1200が初出走
出遅れて後方から追走し、4コーナーでうまく回れずに置いていかれ
前が残る展開のなか、最後は一瞬伸びそうな見せ場はありましたが1.2秒差の13着

母シェアースマイルはデビューからダ1000mで
2連勝し、迎えたエーデルワイス賞を制して重賞初制覇
その後は案外な結果に終わったがダート短距離で活躍
血統的にダートはプラスで、実戦では3F36.7の末脚で差を詰めて0.5秒差とダート適性を示す走り
器用な馬ではないのでワンターンのコースが合っています
キャリアは浅く良化途上で叩いた上積みは見込めるので、次走も引き続き東京ダ1300~1400mの外枠でチェック


■東京4R 3歳未勝利 [芝2000m]

該当馬なし


■ラインシリーズ


■オススメの記事

タイトルとURLをコピーしました