5/24(日) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

5/24(日) 東京予想


⬆️応援のご協力お願いします⬆️

東京1R 3歳未勝利(牝) [10:05~] ダ1400m

【本命】
◎⑫サイモンベラーノ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(東京ダ1400m)]
好スタートから内枠を生かしてハナを主張
12.5 – 11.1 – 12.2 – 12.4 – 12.4 – 12.9 – 13.1
600m通過35.8のハイペース
道中は外から絡まれる形で展開は厳しく
残り100mまで先頭で逃げ粘るが、最後は後続に交わされて0.9秒差の5着

骨折明けの8ヶ月半の休養明け
初戦なのでトモ張りがもうひとつの状態でテンから流れに乗り、道中は絡まれて厳しい展開になりながらも0.9秒差
休み明けの初ダートで健闘した内容に評価

◆考察
休み明けを叩いての中1週
整える程度の調整ですが上積みは見込めるので前走以上のデキ
引き続き野中騎手とのコンビで東京ダ1400m+牝馬限定戦は前走と同条件
先行力のある馬なのでここのメンバーでも逃げれる可能性は高く
前走は休み明け初戦で負荷の掛かるいいレースを経験できたので、今回はハナに立ってマイペースに逃げることができれば
叩き2戦目で前走以上の走りに期待


東京2R 3歳未勝利 [10:30~] ダ1600m

【本命】
◎⑩リヴィエラボーイ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(東京ダ1600m)]
好スタートから積極的にハナに立ち
12.5 – 10.9 – 11.6 – 11.9 – 12.4 – 12.7 – 12.5 – 13.2
1000m通過59.3のオーバーペースでの逃げ
単騎逃げで後続を離して逃げ粘りを図るが、残り200mで交わされてしまい
懸命に粘りを見せて0.7秒差の3着

初ブリンカー着用が効きすぎてしまったことが敗因
オーバーペースのなか3着に粘れた内容に評価

◆考察
中山ダ1800m、福島ダ1700mは距離が長く
前走は東京ダ1600mに条件を戻して好走
かなり負荷の掛かるペースでレースを引っ張り、結果は3着でしたがきっかけが掴めた内容
ブリンカーを着用して効きすぎたため、今回は浅めのブリンカーを着用
馬具を工夫して好走に繋がれば
前走の疲れはなく中2週での出走ですが、馬体重が減らずに増えてることが理想
整える程度の調整で引き続き状態は良好
今回は内のブラックトマホークの出方次第ですが、行けるなら前走同様にハナに立つこと
カレンブラックヒル産駒はダートで先行し、リズムよく運べれば好走する傾向
前走でいい経験はできてるので、マイペースに逃げて勝ち負けに期待


東京3R 3歳未勝利 [11:00~] 芝2000m

【本命】
◎⑬スワーヴカエサル

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(東京芝1800m)]
出遅れて中団から追走
13.0 – 11.5 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 12.2 – 11.8 – 11.4 – 11.9
1000m通過1:01.7のスローペース
道中はインで折り合いながら脚を溜めてレースを運び
直線は内から脚を伸ばしますが、外に膨れながらの走りで矯正しつつ
ゴール前では外に膨れた影響で接触し、最後は流すのみで1.1秒差の5着

成長待ちでデビューが遅れて今回が初出走
乗り込んではきたが、馬体重532㎏の大型馬でかなり緩さのある仕上がり
最後は瞬発力勝負になって前が止まらないなか5着
仕上がり途上で経験馬相手に初戦としては評価

◆考察
母フーハイナはアルゼンチンの芝GⅠを3勝した名牝
父にハーツクライを迎えた本馬はセレクトセールで1億6000万円で落札された高額馬

初戦は経験馬相手に仕上がり途上のなか健闘
トモが緩いなか坂路で4F50.5-12.6の好時計
素質の高く、大型馬+キャリアが少ないので伸びしろは十分にある馬
初戦を使っての反動はなく、引き続き在厩調整で乗り込み
中間の坂路で終い重視ですが、1F11.9の抜群の末脚で叩いた効果は大きく
ひと叩きして状態は良化し上積み十分
馬体が大幅に絞れてることが理想で、完成はまだ先ですが大きな上積みに期待したい

前走は東京芝1800mに出走しましたが、緩さのあるなかで追走に苦労し
道中ポジションが下がって厳しい位置取りに
血統的に距離延長は問題なく、追走が楽になって脚を溜めることができれば
横山典弘騎手が引き続き騎乗することはプラス
叩いた効果+距離延長で前走以上の走りに期待


東京4R 3歳未勝利 [11:30~] 芝2400m

【本命】
◎⑥クロスキー

◆前走のレース内容 [2歳未勝利(中山ダ1800m)]
行き脚をつけて好位追走
道中はインに入れて砂かぶりは問題なく運び
向正面で集中力が途切れて走るのをやめてしまい、見せ場なく失速して6.7秒差の14着

初ダートで砂かぶりは問題なく追走してましたが、気性の問題でいいとこなく度外視

◆血統
父:ハーツクライ
母:リッチーダンサー
半姉バウンスシャッセは重賞3勝(14年フラワーC、15年中山牝馬S、16年愛知杯)
半姉コントラチェックは重賞2勝(19年フラワーC、19年ターコイズS)
半兄ムーンクエイクは18年京王杯SCを制し、兄弟3頭が重賞馬で重賞6勝の良血血統
この一族は気性で悩まされるところがあり
4頭の兄は全て去勢をされてセン馬で活躍しています
本馬は前評判の高い馬でしたが、気性が問題で今回は早めの去勢を決断
潜在能力の高い馬なのでセン馬になってまともな走りに期待

◆調教
5ヶ月の休養明けで去勢明け初戦
3週連続で重賞馬のハヤヤッコと併せ、ヒケを取らない走りで全て併入
圧巻は1週前追いきりが抜群の動き
先週ヴィクトリアMで圧勝したアーモンドアイとハヤヤッコの3頭併せ
追走する形から最後まで食らいついて併入
セン馬になってから動きがガラッと変わり、気持ちが入るようになって最後まで集中して走るようになり
休み明けですが仕上がりは良好

◆考察
気性難の血統で早めの去勢を決断
セン馬になってからの調教の動きが素晴らしく、GⅠ7勝のアーモンドアイに食らいついて併入するのほどの動きに変化
去勢明け初戦から期待できるほどの仕上がりで、調教通りに走れば未勝利戦はすぐに勝ち上がれるレベル
長くいい脚が使えるので東京芝2400mは合っています
好走に大いに期待したい


東京5R 3歳1勝クラス [12:20~] ダ1400m

【本命】
◎⑫リアンフィーユ

◆前走のレース内容 [3歳1勝クラス(阪神ダ1400m)]
出遅れて中団からレースを運び
道中は馬込みでの追走となり、一旦後ろに下がってから外に出して3~4コーナー中間で徐々に進出
大外を回して直線に入りますが、残り200mで横に跳ねる場面があり
直線で伸び欠いて最後は流すのみで1.5秒差の8着

馬込みで周りを気にしながらフラフラした走りで集中できず
道中は外ロスをしながら早めに動き、脚が溜まらなかったことが敗因と見ます
初関西遠征で-6㎏と減ってしまったことも敗因の1つかもしれません

◆考察
2走前に東京ダ1600mで勝ち上がり
マイルでは距離は長かったので、前走の昇級初戦は距離短縮して挑みましたが凡走
初の関西遠征で-6㎏減ってしまったので放牧に出して立て直し
坂路での乗り込んで軽快な動きで仕上がり良好

本馬の持ち味は瞬発力
3走前の中山ダ1200mで出遅れてポツンと離れた最後方から追走し、最後は3F35.6の別次元の末脚で猛追し0.1秒差の3着
リズムよく運んで脚を溜めればいい脚を使える馬
2走前の東京ダ1600mはインで追走でしたが、包まれずにリズムよく運べたことが好走に繋がっています
自分のリズムで運ぶことができれば持ち味が発揮できる馬
出遅れ癖があるのでスタートが鍵ですが、包まれずに脚を溜めることができれば
距離短縮+実績のある東京コースで好走に期待


東京6R 3歳1勝クラス [12:50~] 芝1600m

【本命】
◎③チアチアクラシカ

◆前走のレース内容 [山藤賞(中山芝2000m)]
出遅れて最後方から追走
向正面で少しずつポジションを上げますが
3コーナーで手応えが怪しくなり、最後まで見せ場なく6.7秒差の8着

敗因は明確でどしゃ降りによる不良馬場と芝2000mの距離が長く度外視

◆調教
1週前追いきりで攻めの調整
3頭併せで真ん中から一杯に追い込み先着をし、このひと叩きで十分に仕上がりを見せ
圧巻は最終追いきり
南Wを長めに乗り込んで6F81.1-12.6の好時計
動きがガラッと変わり好仕上がり

◆考察
本馬の特徴は大きな跳びで走るフォーム
広い東京コース+良馬場でこそ力が発揮でき、今回は芝1600mに距離短縮して条件を戻して改めて見直し
5走前の東京芝1600mは出遅れて後方から追走し、直線は3F33.6の最速上がりで脚を伸ばして未勝利戦を勝利
良馬場でこそ持ち味が生かせる馬なので、リズムよく脚を溜めることができれば
調教で変わり身のある動きで仕上がりはいいので、条件が揃ってる今回は巻き返しに期待


東京11R 優駿牝馬 [15:40~] 芝2400m

⬆️データ+予想はこちらから⬆️


東京12R 是政特別 [16:25~] ダ2100m

【本命】
⑤フィストバンプ

◆前走のレース内容 [4歳以上2勝クラス(中山ダ2400m)]
少し出負けをして中団から追走
道中は折り合ってじっくり脚を溜め、勝負どころで大外を回しながら進出
直線は真ん中から脚を伸ばして0.7秒差の3着

当日は雪が降るなか、雨の影響で脚抜きのいい馬場で時計が出やすく
出負けで位置取りが悪く+タフな馬場+外ロスの影響が響きましたが0.7秒差の内容に評価
控えてレースができたことも収穫

◆考察
2走前の東京ダ2100mを評価
好スタートかハナに立つと
7.1 – 11.5 – 12.7 – 12.8 – 12.4 – 12.8 – 12.5 – 12.5 – 12.1 – 12.2 – 12.5
後続を離して淡々とマイペースに逃げ
手応え十分で直線に入り、逃げ粘りを図るが残り200m交わされて最後まで粘り2.1/2馬身差の2着
勝ったサクラアリュールの相手が悪く、すでにOP入りした相手に0.4秒差まで粘れた内容に評価
昇級初戦でメドの立つ走りができ、東京ダ2100mに戻って改めて期待
今回はグレンマクナスが厩舎コメントで逃げの示唆をしていますが、スタートが決まればハナに拘ってほしい
本馬の持ち味はじふとく脚を伸ばす馬なので、逃げれば更に良さが出ています
グレンマクナスがハナを主張するのであれば番手でから様子見
乗り慣れてる田中勝春騎手が継続騎乗なので積極策に期待


■ラインシリーズ


■オススメの記事

タイトルとURLをコピーしました