5/23(土) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

5/23(土) 東京予想


⬆️応援のご協力お願いします⬆️

東京1R 3歳未勝利(牝) [10:15~] ダ1600m

【本命】
◎⑫ルミナスナイト

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(東京ダ1600m)]
好スタートから行き脚がついて好位追走
序盤に外の馬が寄れて接触し、少し掛かり気味で番手でレースを運び
12.3 – 10.8 – 11.9 – 12.4 – 12.4 – 12.5 – 13.1 – 13.7
1000m通過59.8のハイペース
直線で内に刺さりながらの走りで真っ直ぐに矯正し、追いづらいなかで最後まで脚を伸ばし1.1/4馬身差の2着

骨折してから6ヶ月半の休養明け
休み明け+馬体重500㎏の大型馬+急ピッチの仕上げで仕上がっておらず
展開は厳しく、直線は真っ直ぐ走れないなかで0.2秒差の2着に評価
脚元は問題なく番手で流れに乗れたことは収穫

◆調教
前走は6ヶ月の休養明け+骨折明け
乗り込みは少なく、3週連続で一杯に追い込むが終いの動きは平凡
中1週ですが坂路の追いきりは素晴らしく
いままでは坂路で一杯になりながら終いの動きは甘く
今回は重馬場のなか坂路で4F52.9-12.5
テンから流れに乗り、最後まで楽な手応えで動きは軽快になり
レースを使っての上積みは大きく好仕上がり

◆考察
初戦の福島ダ1150m、3走前の中山ダ1200mは距離が短く忙しいレースとなり大敗
追走が楽になるように距離延長を求め、2走前の東京ダ1600mは出遅れて後方から追走となり
直線は最速上がりで脚を伸しますが、勝ち馬との差は詰まらず1.6秒差の3着
距離延長で追走が楽になり、脚を溜めれたことが好走に繋がっています
前走は同舞台で好スタートから番手につけて流れに乗り、ハイペースのなか最後まで粘り0.2秒差の2着
骨折明けで仕上が甘いなかで収穫の多い内容
ひと叩きした上積みは大きく、引き続き同舞台で牝馬限定戦での出走
ヘニーヒューズ産駒の得意な舞台で前走以上の走りに期待


東京2R 3歳未勝利 [10:45~] ダ1400m

【本命】
◎⑯ニシノリーチキング

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(東京ダ1400m)]
スタートを決めて行き脚をつけて好位追走
道中は外3を回しながら折り合ってレースを運び
12.4 – 11.1 – 11.8 – 12.3 – 12.6 – 12.5 – 12.4
600m通過35.2のハイペース
直線は叩きあいとなり、残り200mで勝ち馬に交わされたがしぶとく脚を伸ばし4馬身差の2着

ハイペースで先行勢に厳しい展開になり
直線は2着争いの叩きあいで一旦は交わされましたが、勝負根性を見せて盛り返しハナ差凌いだ内容に評価
東京ダ1400mの持ち時計短縮(1:27.9➡️1:25.8)

◆考察
本馬の特徴は砂かぶりを嫌がること
2走前の中京ダ1400mは出遅れて後方から追走となり、砂かぶりを嫌がって力を出しきれず0.9秒差の7着で度外視
前走の東京ダ1400mは外3を回して砂をかぶらせずに追走させ、ハイペース+外ロスで展開が厳しくなりながらも脚を伸ばし2着
大外枠は大歓迎で外を回して砂をかぶらせず、スムーズに運べば勝ち負けのできる馬
特徴を掴んでる田辺騎手が引き続き騎乗
出遅れない限りは先行力のある馬なので先行し、砂をかぶらせない位置取りが理想
最後までしぶとく脚を伸ばしての好走に期待


東京4R 3歳未勝利 [11:45~] 芝1400m

【本命】
◎⑩メイクアウィッシュ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(中山芝1600m)]
行き脚をつけて好位追走
12.5 – 11.3 – 11.3 – 11.5 – 11.8 – 12.1 – 11.4 – 12.2
道中は緩まずにペースは流れ、インで折り合ってレースを運び
4コーナーで手応えが怪しくなり、直線は伸びを欠いて1.0秒差の6着

ペースが速くて脚が溜まらない展開になり、最後は伸び悩んだが時計1:35.1は優秀
3ヶ月の休養明けで相手が揃ってるなかで健闘

◆考察
2走前の東京芝1400mは不良馬場が響いて1.7秒差の10着
非力な面があるため、馬場の影響で本来の力が出しきれず度外視
前走は3ヶ月の休養明けで+8㎏と馬体は増え、小柄な馬なので幅が出てしっかりしてきたのはプラス
ペースが速くて追走に脚を使いながら道中はインで力んだ走り
消耗して手応えはなく1.0秒差の6着で、1F距離延長でしたが距離が長かった印象
母ブルジュオンは現役時代に芝短距離で4勝
血統的に距離短縮の芝1400mはベストで
3走前の初戦(新潟芝1400m)は終始外に張る走りで4コーナーは大外に膨れ、直線はいい脚を使って詰め寄りクビ差の2着
好走経験のある左回り+芝1400に条件を戻して見直し


東京5R 3歳未勝利 [12:35~] 芝1600m

【本命】
◎②トランペットシェル

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(東京芝1600m)]
出負けをしましたが二の脚が速く好位追走
12.4 – 11.6 – 12.2 – 12.7 – 12.9 – 11.9 – 11.4 – 11.4
600m通過36.2のスローペース
道中はインで折り合いながら脚を溜めてレースを運び
直線に入って最内を突こうとしたが進路が窮屈になり、外に出して追い出そうとするが
内にモタれた走りで脚を伸ばせず0.5秒差の6着

芝替わりでラキャラントシス組はハイレベル戦

〈 ラキャラントシス組:東京芝1600m 〉
1着 ラキャラントシス [フローラルウォーク賞:3着]
3着 ロジアイリッシュ [3歳未勝利:1着]
4着 タイキスウォード [3歳未勝利:1着]
5着 オメガエリタージュ [3歳未勝利:1着]
6着 本馬
10着 カミノホウオー [3歳未勝利:1着]

ラスト1Fまで加速する瞬発戦となり
直線でうまく捌けずにスムーズを欠き、内にモタれながらでキレ負けをしましたが0.5秒差
好メンバーが揃ったなか、初の芝レースで健闘した内容に評価

◆調教
3ヶ月半の休養明けですが坂路で乗り込んで万全のデキ
中間の3頭併せでは外から楽な手応えで相手を交わし、1F11.9の鋭い末脚で反応に応えてで先着
1週前追いきりは田辺騎手が感触を確かめ、3頭併せの内から脚を伸ばして先着
中間の追いきりで仕上がっており、馬なりで4F52.2-12.0の自己新
最終追いきりは単走で重馬場のなか、軽快に動いて好仕上がり

◆考察
初戦の中山ダ1800mは先行して粘れず1.7秒差の5着
ダートで上滑りをした走りで度外視
母イチオクノホシはデビューから2連勝し、迎えた阪神JFは0.5秒差の4着
クイーンC、阪神牝馬Sで2着に好走し、牝馬限定の重賞で現役時代に活躍
初仔で父に欧州血統のノヴェリストを迎え、本質的に芝血統で芝で活躍が見込めます
前走の東京芝1600mは初の芝レースで、最後はキレ負けをしましたがハイレベル戦で6着に健闘
放牧して馬が大幅に成長し、調教でキレ味抜群の動きで仕上がりはよく
実戦でも調教通りの動きができれば勝ち負け
中団より前の位置取りから脚を溜めるレースが理想
柴田善臣騎手が「背中のいい馬」とお墨付きで、今回は新潟遠征のため田辺騎手に乗り替わり
調教で感触を確かめてるので、特徴を捉えた好騎乗で芝2戦目に期待


東京10R 高尾特別 [15:10~] 芝1400m

【本命】
◎⑤リリーバレロ

◆前走のレース内容 [4歳以上2勝クラス(東京芝1400m)]
スタートで跳び上がって出遅れ
内から少しポジションを上げて後方で追走し、道中はインで折り合いながら脚を溜め
直線は外に出して最速上がりの脚で詰め寄りますが、前が止まらず0.3秒差の3着

昨年の11月にフレグモーネ発症で放牧
復帰が遅れて帰厩して4月初旬に再度フレグモーネを発症し、軽症で済んでその後は順調に調整
馬体重+26㎏で成長分はありますが、馬体に余裕があるなかでの復帰戦
出遅れて後方から追走になり、直線は3F33.2の脚を使いますが前が止まらず0.3秒差
初の芝1400mでしたが、スピードに対応できたことは収穫
9ヶ月半の休養明け+馬体重の大幅増+初芝1400mの条件が厳しいなかで好走した内容に評価

◆考察
体質が弱い+気性難で順調に使えず、5歳になりましたが今回でキャリア8戦目
前走は芝1400mの対応が鍵でしたが問題なく対応し、モタれる面がある馬でしたが解消されたことは収穫
体質の弱さで間隔を開けて使ってきましたが、今回は中1週の強気のローテーション
整える程度の調整でしたが、休み明けを使って上積みは見込めるので上積みは大きく
前走に引き続きレーン騎手を確保
無理に使わないはずなのでここでの中1週は期待が高まります
東京芝1400mのペースは経験できてるので、上積みのある今回は前走以上に期待できます
出遅れずにスタートを決めて中団で構えることが理想
末脚を生かせるレースに期待


東京12R 4歳以上2勝クラス [16:25~] ダ1600m

【本命】
◎①ラティーンセイル

◆前走のレース内容 [4歳以上2勝クラス(東京ダ1600m)]
好スタートから番手で追走
12.7 – 11.8 – 13.0 – 12.8 – 12.2 – 11.6 – 11.2 – 12.0
1000m通過1:02.5のスローペース
序盤からペースは遅く、番手でじっくりと脚を溜めて直線に入ると
残り400m過ぎたところで後続を離し、2頭の追い比べとなって3/4馬身差の勝利

1000m通過1:02.5のスローペースで楽な展開とは言え、3F34.7の末脚はかなり優秀
昇級しても期待ができる内容

◆考察
前走の3F34.7の最速上がりは歴代記録
近30年でダ1600m以上の上がり3F最速の最速タイムで
2013年観月橋S(京都ダ1800m:1600万下)で脚抜きのいい馬場(不良)のなか、ワイルドフラッパーが3F34.7の最速上がりで逃げ切り勝ち
本馬は良馬場+東京ダ1600mでは歴代最速タイムを記録
後の地方交流重賞を3勝するワイルドフラッパーに並ぶ記録

東京ダ1600mは得意の舞台で4戦2勝[2-1-0-1]
着外の4走前は骨折明け初戦で度外視
東京ダ1600m+牝馬限定戦の同じ条件を求めて中2週での出走
前走は休み明けでしたが状態はよく、整える程度の調整でしたが叩いた上積みは見込めます
骨折明けからようやく状態を上げてきて本格化
今回も前を引っ張るような馬は不在なのでスロー濃厚
川田騎手の確保は期待が大きく、先行しての押しきりを今回も期待


京都11R 平安S [15:35~] ダ1900m

⬆️データ+予想はこちらから⬆️


東京11R 優駿牝馬 [15:40~] 芝2400m

⬆️データ+予想はこちらから⬆️


■ラインシリーズ


■オススメの記事

タイトルとURLをコピーしました