5/17(日) 京都予想

スポンサーリンク
京都予想

5/17(日) 京都予想


⬆️応援のご協力お願いします⬆️

京都3R 3歳未勝利 [10:50~] 芝1200m

【本命】
◎③ゴープラチナム

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(阪神ダ1200m)]
好スタートでしたが先行争いが激しく、控えて好位の4番手で追走
600m通過34.5のハイペース
3~4コーナー中間から手応えがなくなり、直線は流すのみで3.2秒差の13着

馬体重が-20㎏と大幅に減って調整ミス
状態が整ってないことが敗因で度外視

◆考察
馬体重を戻すために陣営が努力し、順調に調整して馬体重は回復

今回は芝に戻し、1番評価したいのは4走前の阪神芝1200m
好スタートからハナを狙いに行くが控えて番手で追走
12.2 – 11.1 – 11.5 – 11.0 – 11.5 – 11.7
600m通過34.8のハイペース
ラスト3Fから加速して展開は厳しくなり、最後まで脚を伸ばすが逃げ馬を捕らえられず2馬身差の2着
時計1:09.3は優秀で距離短縮で前進
ルメール騎手が芝1200mを助言するぐらいなので適性は芝1200mがベスト
泉谷騎手に乗り替わりで斤量減はかなり魅力
減量騎手起用でテンからスピードに乗り、内枠を生かしてハナに立つことが理想
いいスピードを持ってる馬なのでスピードを生かしたレースに期待をし、まずは馬体重が戻ってることを確認してから狙い


京都4R 3歳未勝利 [11:20~] ダ1800m

【本命】
◎①エムテイフラッシュ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(京都ダ1800m)]
出脚がつかずに中団の後ろから追走
1000m通過1:02.2のハイペース
3コーナー手前から鞭を入れ、徐々に進出しながら4コーナー大外を回し
直線に入って最後まで詰め寄りますがクビ差届かず2着

ダ1800mに戻してキレる脚がない分、最後は交わせなかったが2着好走に評価

◆考察
2走前の阪神ダ2000mは距離が長く度外視
前走はダ1800mに戻して2着に好走
評価したいのは4走前の京都ダ1800m
後方から追走して3~4コーナー中間から早めにまくって進出
外6を回してロスは多く、直線は最後まで脚を伸ばして0.4秒差の3着
2着ジロー、4着パイプライナーが勝ち上がるハイレベル戦
勝ったアブルハウルのマイペース逃げで、メンバーで1番ロスの多い競馬をしたなかで0.4秒差は評価
京都ダ1800mは3着➡️2着と安定しており、引き続き同じ舞台での好走に期待


京都5R 3歳未勝利 [12:10~] 芝2000m

【本命】
◎⑩ケイアイコブラ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(京都芝2000m)]
出負けして行き脚をつけるが流れに乗れず、中団に構えてレースを運び
1コーナーで抑えて引っ掛かり、道中は行きたがるの抑えたままインで追走
4コーナーで内からスピードに乗って直線に入りますが、進路が狭くなって手綱を緩め
再度加速しますが最後は甘くなり0.6秒差の5着

出負けしたことが敗因の全てで
序盤で引っ掛かって道中は行きたがるのを抑え続け、直線は進路を塞がれてブレーキをし
全てにおいてスムーズを欠きながらも5着に評価

◆考察
父:ディープインパクト
母:ケイアイエレガント

母ケイアイエレガントは福島牝馬S、京都牝馬Sを制した重賞2勝馬
2015年ヴィクトリアMは12番人気で2着に好走
父のようにキレる脚はなく、母に似て逃げてマイペースに運べば持ち味が出るタイプ
3走前の中京芝2000mは逃げてマイペースに運び、いい手応えで直線に向かいましたが
外に張った走りで真っ直ぐ走れず、矯正するだけで追い出せずに0.4秒差の4着
1着メイショウボサツは大寒桜賞で1着
2着オールザワールドは1勝クラスで2着
左回りは不向きで、上のクラスで好走してる上位馬相手に0.4秒差は大健闘
2走前は距離延長した芝2400mが長く度外視
3着➡️5着と安定した走りをしている京都芝2000mで期待
3走前にコンビを組んだ松若騎手に戻り、逃げそうな馬はいないので積極的な騎乗に期待


京都6R 3歳1勝クラス [12:45~] 芝1600m

【本命】
◎⑩セウラサーリ

◆前走のレース内容 [君子蘭賞(阪神芝1800m)]
好スタートから好位で追走
序盤で少し掛かり気味でその後は落ち着いてインからレースを運び
直線は最後まで脚を伸ばすが、勝ち馬を捕らえることはできず2.1/2馬身差の2着

君子蘭賞はハイレベル戦で

〈 ボンオムトゥック組:阪神芝2000m 〉
1着 ボンオムトゥック [アーリントンC:4着]
2着 本馬
4着 ソフトフルート [矢車賞:1着]
6着 ショウナンナデシコ [1勝クラス:1着]

4着、6着馬が自己条件で勝ち上がり
7着シャレードもフローラSで見せ場のある走りで0.6秒差の6着
昇級初戦でしたがハイレベル戦で2着とメドの立つ走りに評価

◆考察
前走は若干距離が長い印象はあったので今回は距離を短縮し、未勝利戦を勝ち上がった京都芝1600mに戻るのはプラス
近走は重(1着)➡️稍重(2着)で好走し、力を要する道悪の馬場は大歓迎
昇級してメドの立つ走りは出来ているので、条件が揃ってる今回は期待が持てます
引き続き幸騎手とのコンビ
乗り味はわかってるはずなので、先行しての押しきりに期待


京都11R 栗東S [15:30~] ダ1400m

【本命】
◎④ダイメイフジ

◆前走のレース内容 [オアシスS(東京ダ1600m)]
スタートを決めてハナを主張
12.2 – 10.9 – 12.0 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.8 – 12.7
600m通過35.1のマイペースで運び
直線に入って逃げ粘りを図るが、残り300mで交わされて最後まで踏ん張り0.9秒差の9着

東京芝1600mはスピードとタフさが要求されるコース
マイルは距離が長く、斤量58㎏のトップハンデも響いて最後は脚が甘くなったことが敗因

◆考察
前走は距離延長+トップハンデが敗因
今回は距離短縮して実績のあるダ1400mに戻し、斤量は1㎏減って57㎏は魅力

2走前の名鉄杯を評価
最内枠からスピードに乗ってハナに立ち
600m通過35.8のマイペースでレースを運び
楽な手応え直線に入って後続を突き放して3馬身差の勝利
斤量58㎏のトップハンデを背負い、ダート2戦目でテーオージーニアス相手に快勝
本馬は2年連続でオーシャンSを3着、安土城S・ラピスラズリSのオープンクラスを制し、芝の短距離で活躍した馬
芝でのスピードがあるので芝スタートが合い、名鉄杯とオアシスSは芝スタートで流れに乗って逃げています
京都ダ1400mも芝スタートなので条件は揃い、このメンバーなら楽にハナに立てるはず
鞍上は逃げの名手である秋山騎手に乗り替わり、スピードを生かした騎乗に期待


京都12R 4歳以上2勝クラス [16:10~] ダ1200m

【本命】
◎⑧タイセイビルダー

◆前走のレース内容 [4歳以上2勝クラス(阪神ダ1200m)]
スタート直後に落馬の煽りを受けて接触
流れに乗れず行き脚をつけて好位の3番手で追走
道中は外3を回しながらレースを運び
4コーナーで早めに先頭に立って押しきりを図るが、ゴール手前で交わされてアタマ差の2着

序盤に不利を受けてポジションを取るため脚を使った分、最後は甘くなりながら2着好走に評価
時計は優秀でダ1200mに流れに乗れたことは収穫

◆考察
2本連続でGⅠ馬ラヴズオンリーユーと併せて遅れはしたものの、中間のCWは長めに乗り込んで好タイムをマーク
大型馬なので叩いて馬体が引き締まり、状態を上げて好仕上がり

前走は不利を受けて脚を使い、直線は勝ちパターンでしたが最後は失速して2着
距離短縮をして集中力が続いたことがプラス
1勝クラス・2勝クラスの勝ち星はありませんが、距離短縮でメドの立つ走りはできています
引き続きコンビを組む坂井瑠星騎手
先行馬が少ないので前走のように積極策からの押しきりに期待


■ラインシリーズ

 

■オススメの記事

タイトルとURLをコピーしました