5/17(日) 東京予想

スポンサーリンク
東京予想

5/17(日) 東京予想


⬆️応援のご協力お願いします⬆️

東京1R 3歳未勝利 [10:05~] ダ1400m

【本命】
◎⑫スパークインザアイ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(東京ダ1400m)]
出遅れて流れに乗れずポツンと離れた最後方から追走
道中はじっくりと構えながら脚を溜め、直線に入っても離れた最後方の位置取り
インをに入ろうとしましたが外に切り替え、残り200mでようやく外に出して加速
3F35.8の最速上がりで差を詰めて0.7秒差の4着

体質が弱くてデビューが遅れて初出走
大きく離れた厳しい位置取りから経験馬相手に0.7秒差は健闘
初戦で時計1:25.8は優秀で、3F35.8の末脚は優秀

◆考察
初戦+去勢手術明け初戦+5月の遅生まれ
ひと叩きが必要とするなかで前走は経験馬相手に健闘し、初戦から3F35.8の鋭い末脚を使えたことは収穫
体質の関係で攻めた調教ができず、じっくりと乗り込まれてきたが仕上がり途上
レースを使っての上積みがかなり見込めるはず
そして中1週で続けて使う期待もあります
体質が弱くてデビューが遅れたので、間隔を狭くして使う陣営の期待はあると思います
レース慣れが必要ですが素質の高い馬
前走以上の走りに大いに期待


東京2R 3歳未勝利(牝) [10:30~] ダ1600m

【本命】
◎⑧ユウチャファスト

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(東京ダ1600m)]
スタートを決めて好位で追走
序盤はインでレースを運んでましたが、前が蓋になったため抑えて引っ掛かり
中団までポジションが下がって位置取りが厳しく
4コーナーで上手く外に出し、直線でじわじわ差を詰めますが届かず0.5秒差の4着

序盤に内で包まれて捌けず、引っ掛かって位置取りが厳しくなったことが敗因
前が残る展開で堅実に脚を使った内容は評価

◆考察
2走前の中京遠征で-10㎏と大幅に馬体重は減り
前走は+10㎏で馬体重を戻しての出走
今回の中間追いきりでは時計を出し、南W5F65.5の好タイムで前走以上に状態を上げてきています
馬体重が減らずに成長分があることに期待

本馬はじわじわと脚を伸ばすタイプ
キレる脚はないので前走のような位置は厳しく、ある程度前目でレースを運ぶことが理想
芝スタートの方が流れに乗りやすいので東京ダ1600は条件に合っています
乗り慣れてる北村宏司騎手が継続で、得意の舞台+牝馬限定戦で改めて期待


東京3R 3歳未勝利 [10:30~] ダ2100m

【本命】
◎⑭マラジェッツ

◆前走のレース内容 [3歳未勝利(中山ダ1800m)]
出ムチを入れながら最内枠を生かしてハナを主張
1000m通過1:03.0のスローペースに落とし
12.8 – 11.4 – 12.9 – 13.2 – 12.7 – 13.0 – 12.7 – 12.7 – 12.7
3コーナーで後続を離し、ラスト3Fから加速してラストスパート
逃げ粘りを図るが、勝ち馬との叩きあいに競り負けて1.1/4馬身差の2着

勝ち馬の決め手に敗れながらも
脚抜きのいい馬場ですが時計1:54.3はかなり優秀
ブリンカー着用で最後まで集中して脚を伸ばした内容に評価

◆考察
中山ダ1800mを4戦して全て時計短縮
レースを使うごとに走りっぷりは良化して前走は好時計
2走前からブリンカーを着用してから効果覿面
前走はハナを主張するために序盤で脚を使いますが、道中リズムよく運んで最後まで逃げ粘り2着
キレる脚はなく粘り強さが武器のなので、現状はハナに立ってペースを引っ張るほうが持ち味を発揮するはず
3戦連続でコンビを組むデムーロ騎手
乗り味はわかっているので積極的にハナを主張してほしい
コース変わり・距離延長は不問で、前走同様に脚抜きのいい馬場なら大歓迎
今回も勝ち負けの走りに期待


東京6R 4歳以上1勝クラス [12:55~] ダ1400m

【本命】
◎⑭イベリスリーフ

◆前走のレース内容 [4歳以上1勝クラス(東京ダ1400m)]
好スタートでしたが内の馬がハナを主張したため、控えて3番手で追走
道中は外3を回して折り合いながらレースを運び
直線で勝ち馬に離されましたが最後まで粘り1.1秒差の5着

12.5 – 11.4 – 12.0 – 11.8 – 11.9 – 11.9 – 12.4
終始外3のロス+ラスト4Fからペースアップで追走に脚を使い
最後は脚が甘くなりながらも混合戦で5着に健闘

◆考察
本馬の特徴は砂かぶりを嫌がるタイプ
少しでもかぶるだけでレースをやめてしまうので、今回は砂をかぶらない大外枠は大歓迎
スピードタイプなので控えるよりも、ハナに立ってリズムよく運ぶ方が持ち味を発揮
リワードノルンが「ハナにこだわらない」と陣営が示唆
前走は控えてしまったが、引き続き石橋脩騎手とのコンビで今回こそは単騎で逃げれるはず
中1週で整える程度の調整をし、前走は馬体が減ってたので少しでも戻ってることが理想
休み明けを叩いて上積みは見込めるので、牝馬限定戦に条件を戻して再度期待


東京10R 青竜S [15:00~] ダ1600m

【本命】
◎⑪タガノビューティー

◆前走のレース内容 [ヒヤシンスS(東京ダ1600m)]
好スタートでしたが控えて後方2番手で追走
600m通過36.3のスローペースで流れ
最後方にいたカフェファラオが早めに外からポジションを上げるのを確認し
連れて4コーナー大外から気合いを入れて進出
直線は大外から最速上がりで詰め寄りますが、先に動いたカフェファラオを捕らえられず1.1/4馬身差の2着

好メンバーが揃ってたヒヤシンスSはハイレベル戦

〈 カフェファラオ組:東京ダ1600m 〉
2着 本馬
5着 ヘルシャフト [伏竜S:1着]
6着 メイショウテンスイ [端午S:2着]
7着 ウルトラマリン [3歳1勝クラス:1着]
9着 ダイメイコリーダ [3歳1勝クラス:1着]
14着 キメラヴェリテ [若葉S:2着]

プラタナス賞ではUAEオークスの3着馬セランに2.1/2馬身差に快勝
ダート2戦2勝で挑んだヒヤシンスSは初黒星
3F34.9の末脚で猛追しましたが、カフェファラオに完敗で力及ばず
ヒヤシンスS組の5着以降の馬たちが好走が目立ち、レベルの高いレースのなかで2着好走は評価

◆考察
ヒヤシンスS後は青竜Sを目標に調整
2週連続で和田騎手が入念に稽古し、1週前追いきりで一杯に追い込んで仕上がり
最終追いきりは馬なりで併せ馬を圧倒し、休み明けですが仕上がりは万全

前走はダートで初の黒星となり勝ち馬が別格
600m通過36.6のスローペースで前が有利の展開のなか、3F34.9の末脚で2着に持ってくる脚はかなり優秀
芝でもいい脚を使える馬なので、芝・ダートの二刀流ができるなかこのレースを選択
ダートの方が脚を使える馬なので、賞金を確実に加算させるために芝は使わず
ゆったりとしたローテーションを組んでダート路線続行と見ます
そして得意の舞台である東京ダ1600mで確実に脚を使えるコース
・プラタナス賞➡️3F34.8
・ヒヤシンスS➡️3F34.9
3歳世代のトップの馬たちが集まってますが、脚力勝負になれば本馬に勝てる馬はいないはず
後方で脚を溜めて直線の追い込みに期待


東京11R ヴィクトリアM [15:40~] 芝1600m

⬆️データ+予想はこちらから⬆️


東京12R BSイレブン賞 [16:25~] ダ1400m

【本命】
◎③サンノゼテソーロ

◆前走のレース内容 [アクアマリンS(中山芝1200m)]
スタートを決めて行き脚がついて好位追走
12.0 – 10.9 – 11.4 – 11.7 – 11.4 – 12.1
600m通過34.3とゆったりとペースは流れ
手応え十分で直線に入りましたが叩きあいに敗れて0.2秒差の4着

休み明けの昇級初戦でハンデ55㎏を背負い
先着した馬たちの方がハンデは軽く、直線はキレ負けをしながらも0.2秒差
昇級初戦でメドの立つ走りができたことに評価

◆血統
父:ザファクター
母:Cabaret Starlet
母父:Tale of the Cat

父ザファクターはマリブステークス、パットオブライエンステークスを制しGⅠ2勝
父が現役時代に短距離ダートで活躍し、日本の産駒でもライバーバードが短距離ダートで3勝
米国血統でダートでの変わり身に期待を持てる血統

◆考察
前走は昇級初戦でメドの立つ走りはできましたが、直線でのキレ負けを陣営が判断して早々とダートに切り替え
ワンペースなのでダートの方が走りは合っており、スピードタイプで東京ダ1400mの条件は期待を持てます
3戦2勝と相性のいい武豊騎手とのコンビ
武豊騎手なら内から積極的に行ってくれるはずなので、逃げてスピードを生かした競馬ができれば
ダートでの変わり身に期待


■ラインシリーズ

 

■オススメの記事

タイトルとURLをコピーしました