6/8(土)・9(日) 2歳新馬回顧

スポンサーリンク

f:id:gulch:20190612221925j:plain

6/8(土)・9(日) 2歳新馬回顧
【土曜日】
阪神5R 2歳新馬(12:15~) 芝1200m
東京5R 2歳新馬(12:30~) 芝1400m

【日曜日】
阪神5R 2歳新馬(12:15~) 芝1600m
東京5R 2歳新馬(12:30~) 芝1800m

《 土曜日 》
阪神5R 2歳新馬(12:15~) 芝1200m
【本命】
◎⑤ミーアシャム(2着:2番人気:複150)

【評価】
★☆☆☆☆

【レース回顧】
いいスタートを切って二の脚がついて番手追走
12.8 – 12.3 – 12.6 – 12.0 – 11.2 – 11.6
序盤からペースは落ち着いてスローペース
道中は落ち着いてしっかりと折り合い、4コーナーで早めに並びかけ、最後までしっかり足を使うが届かず0.2秒差の3着
ペースが遅くなった分、最後は瞬発戦となって本馬には分が悪くなっての結果
キンシャサノキセキ産駒らしいスピードを生かせられず
気性面が心配されましたが、レース中は問題なく落ち着いてレース出来ていました

レース後のコメントで
「調教で乗った時はテンションが高いと思っていましたが、今日は落ち着きもあり問題ありませんでしたので、ゲートでメンコを外しました。スタートが良くある程度の位置につけられましたし、3コーナーで手前を替える時ぎこちない面ありましたが、それ以外は問題はなかったです。デビュー戦にしてはレース内容は悪くなかったと思います。(川田騎手)」

初戦としてはレース運びは問題なく走り、今回は不向きの展開で直線は鞭1発のみで追わず
理想の展開としてはペースが流れて消耗戦に運ぶこと
次戦狙うならスピードを生かせられる小倉芝1200m

★東京5R 2歳新馬(12:30~) 芝1400m
【本命】
◎②インザムービー(2着:2番人気:複150)

【評価】
★★★★★

【レース回顧】
f:id:gulch:20190612204534j:plain
好発からまずは逃げる形に
13.0 – 11.0 – 11.6 – 12.1 – 11.4 – 11.4 – 12.1
入りは13.0と遅く入りましたが、2F目から11.0-11.6とテンは速め
1000mを過ぎたところで外からニジュッケンドーロ(6枠8番)とファートゥア(7枠11番)が先頭に立ち、無理に行くことなく3番手のインで追走
直線は内から進出して残り400mで楽に先頭に立ち、長くいい脚を使って最後まで伸びるが、勝ち馬に交わされてしまいクビ差の2着
初戦としてはレースセンスの高い内容で、2F目からペースアップして先行勢に少しキツい流れになり、早めに追い出しましたが最後まで脚を使って伸びてることに評価
わざわざ東京遠征してまで結果を残し、今後の成長に期待が高まる走り

レース後のコメント
「レースセンスが良いですね。スタートが良かったですし二の脚もつきましたが、あまり行かないでほしいと指示を受けていましたし、外からかかり気味に行ってくれる馬がいたのでポケットに入れて運べました。東京コースですし結果的にもう少し追い出しを遅らせても良かったかもしれませんが、初戦から良い内容の競馬をしてくれたと思います。(丸山騎手)」

厩舎の指示で控えましたが、あれだけ好発でしたので行っても良かったように思えます
外から2頭が前へ運んでペースアップし、初戦でキツい流れを経験できたことは次に繋がります
次走は芝1400~1600mの距離がメド
7/27(土)に新潟芝1400mの牝馬限定戦があるので、次走までに成長した姿が見られれば
次走は確勝級レベルなので追っていきたい

【次走注目馬】
■グランチェイサー(1着:5番人気:先行)
【評価】
★★★★☆

【レース回顧】
いいスタートを切って、二の脚をつけて番手で追走
13.0 – 11.0 – 11.6 – 12.1 – 11.4 – 11.4 – 12.1
入りは13.0と遅く入りましたが、2F目から11.0-11.6とテンは速め
f:id:gulch:20190612204559j:plain
1000mを過ぎたところでニジュッケンドーロ(6枠8番:緑印)とファートゥア(7枠11番:黄印)が外から掛かり気味で先頭に立ってペースアップ
4番手まで下がりましたが、前を見る形で落ち着いてレースに対応
f:id:gulch:20190612204613j:plain
直線は内から追い込み、残り200mを過ぎたところでファートゥア(7枠11番:黄印)と併せる形に
そこからの勝負根性が強く、更に伸びてゴール前で交わしてクビ差の勝利
前半ペースアップして新馬戦としてはキツい流れを経験し、最後まで脚をしっかりと使った走りに評価
走破時計優秀でレースセンスも優秀の内容

レース後のコメント
「物見をする馬がいたり、出入りが激しかったりと、色々あったレースでしたが、この馬はうまく対応してくれました。道中、我慢が利いた事が、最後の伸びにつながってくれました。(田辺騎手)」
「レース前は、一列目を取れたら取るという作戦でしたが、引っ掛かる馬がいたので、二列目に控える形になりました。追い切りの時から手応えは感じていましたが、予想以上にしぶとかったですし、最後の勝負根性も合格点です。この後は無理をさせず、様子を見てから決めたいと思います。(矢野調教師)」

次走は新潟2歳Sに向かうとのこと
次走も引き続き要チェック

■ファートゥア(3着:1番人気:先行)
【評価】
★★★☆☆

【レース回顧】
スタート前にゲート内で暴れ、出遅れてまずは中団で追走
13.0 – 11.0 – 11.6 – 12.1 – 11.4 – 11.4 – 12.1
入りは13.0と遅く入りましたが、2F目から11.0-11.6とテンは速め
f:id:gulch:20190612204850j:plain
二の脚がついてから行きたがり、抑えようとするが頭を上げてながらの走りで折り合いを欠きながらの追走
直線は外からいい脚で伸びるが、最後は折り合いを欠いた分、脚色が甘くなって0.1秒差の3着
今回は外枠の影響もあって上手く壁が作れず、馬が行きたがって脚を溜めれずの内容
出遅れ+暴走して折り合いを欠いて前半で脚を使い、ペースもキツく流れて直線は見せ場のある走りは評価

レース後のコメント
「まだとても幼いです。道中もそうですが、ゲートの中でもパニックになっていました。精神面を含め、成長にはまだまだ時間が必要だと思います。(ルメール騎手)」

精神面+気性面が今後の課題となりそうなので評価は少し下げています
半姉コパカティ(父ハービンジャー)も気性に問題があり、現在3歳で未勝利を勝ち上がれていない状態
エピファネイアの気性面を受け継がれてるとなると、半姉以上に気性面は難しいかもしれません
今回の走りを見れば勝ち上がる力はありますが、、課題をどうクリアしていくかは厩舎の腕次第
まだ成長途上と言うことあるので、焦らずに成長をしてほしいところです
放牧に出さないのなら福島で狙って、放牧出すのなら中山開催で注目したい

■ヨンウォニ(5着:8番人気:追込)
【評価】
★★☆☆☆

【レース回顧】
f:id:gulch:20190612204916j:plain
スタートして内から先団に位置を取ろうとしましたが
f:id:gulch:20190612204932j:plain
先団の出入りが激しくて突っ張ってしまい、位置が下がって後方で追走
13.0 – 11.0 – 11.6 – 12.1 – 11.4 – 11.4 – 12.1
入りは13.0と遅く入りましたが、2F目から11.0-11.6とテンは速めの展開
f:id:gulch:20190612204947j:plain
直線は内から伸びるが、位置取りが厳しかったため届かず0.7秒差の5着

レース後のコメント
「まだ慎重なところがあって、出入りがあると突っ張るような格好をします。体の割にストライドが大きいですし、直線の長いコースは合っていると思います。距離は1400、1600くらいが良さそうです。(大野騎手)」

乗り込みは少なかったですが仕上がりは早く
水準以上の動きでしたが、併せ馬に並ばれる際にハミを取っての動き
レース序盤の出入りが激しいところで突っ張ってしまい、精神面が今後の課題となります
内から伸びましたが、なるべく他の馬と併せないようにスペースを見つけたように見受けました
位置取りが厳しかったですが、最後まで伸びている内容は評価しています
半兄サンツェッペリンは3戦目で勝ち上がり、その後は京成杯を制して皐月賞2着、ダービー4着と大舞台で好走しています
その他の兄弟もレースを重ねて好走する馬が多く、レース慣れが必要な馬なので何レースか経験させ、レース慣れしてきたらチェックしたいです
ミルファームの馬なので恐らく使い続けていくと思います
小回りでごちゃごちゃするよりかは、広いコースで伸び伸び走らせたいので新潟芝1400mで登録があればチェックしたい

《 日曜日 》
阪神5R 2歳新馬(12:15~) 芝1600m
【本命】
◎②ヒシタイザン(2着:2番人気:複150)

【評価】
★☆☆☆☆

【レース回顧】
f:id:gulch:20190612205313j:plain
後発でしたがテンは遅く、ハナを主張する馬もいなくそのまま逃げる形
13.3 – 12.3 – 12.7 – 12.8 – 12.7 – 11.5 – 11.2 – 11.9
ペースは落ち着いてスローペース
直線は瞬発戦となり、内から勝ち馬に差されて2馬身差の2着

レース後のコメント
「調教で少し左に張る所があって、レースでも若さが出ました。乗り込みや動きから勝ち負けできると思います。真っすぐ走れていればと思います。(藤岡騎手)」

最後の直線で
f:id:gulch:20190612205332j:plain
頭を上げながら左に張ってしまい、まともに追えない状態
真っ直ぐに走れてまともに追えてれば勝ち負けはあったと思います
ペースが緩んで相手を考えると、今回のレース自体あまり評価ができない内容
左に張る走りも今後の課題で、距離は血統的に短いはずなので次走は距離延長が希望
今後の成長に期待したいです

★東京5R 2歳新馬(12:30~) 芝1800m
【本命】
◎⑧ワーケア(1着:1番人気:単190:複110)

【評価】
★★★★☆

【レース回顧】
二の脚がつかずに中団で追走
13.3 – 12.2 – 13.2 – 13.2 – 13.0 – 12.6 – 11.1 – 11.0 – 11.4
テンからペースは遅く入り、ドスローで1000m通過が1:04.9の遅い流れ
ペースは遅かったがスムーズに折り合い
直線残り400mを過ぎたところで外から追い出し、抜群の末脚で後続を一気に突き放し2馬身圧勝

レース後のコメント
「すごく乗りやすく、切れ味もある。完璧でした。(ルメール騎手)」
「距離はもちそうですね。まだ緩さもありますから、この後は休ませることになると思います。今後が楽しみな馬です。(手塚調教師)」

まだ緩さがあるなかでの最後は流すほどの内容
ドが付くほど遅い流れでしたが、最速上がりの3F33.2秒の末脚は評価したい
しかし速い時計を経験してないため、評価は少し下げてあります
気性は穏やかでパドックでも大人しく周回し、ルメール騎手が乗りやすいと絶賛
ハーツクライ産駒なので距離は芝2000mまでとみています
夏を休養して秋から始動とのこと
今後の成長に大いに期待

是非ガルチへの応援クリックお願いします♪

競馬ランキング

タイトルとURLをコピーしました