6/16(日) 特別ゲスト枠

スポンサーリンク

f:id:gulch:20190615194612j:plain

6/16(日) 特別ゲスト枠

ローエングリン師匠(@KLohengrin)
うまっつ師匠(@U___matz)
りょおと師匠(@Ryoto321)
の魂の1レース予想!!!

皆さんご協力ありがとうございます🙇

⬇️ローエン師匠の有料記事はこちら⬇️
6/16:中央競馬ラップ・パドック推奨|ローエングリン|note

⬇️6/16(日)2歳新馬予想はこちら⬇️
6/16(日) 2歳新馬予想 – ガルチ競馬

⬇️6/16(日)配信予想はこちら⬇️
6/16(日) 配信予想 – ガルチ競馬

ガルチへの応援クリック是非お願いします♪

競馬ランキング

ローエングリンさん(@KLohengrin) 》
■函館6R(D1700m)
推奨期待度:★★★★☆
推奨理由:ロンスパ戦でのスタミナ優位
推奨馬:マテラサンオウ、エンダウメント
展開想定:⑥パターンまくりあい

行きたい馬は少なく、ミコクイーン、ベストオンアースあたりかなと。
函館D1700mは隊列決まる、まくりがある、によって先行馬の買いを決まるレース。今回は隊列は決まる、ただ、まくってきそうな馬が多く、スタミナ比べの消耗戦か後方でできるだけ動かない馬の差しになりそうかなと。

外枠も含めて、まず、まくってくるのはエンダウメント。
マッスルビーチ組2着、ずっと鞍上の微妙な采配で敗戦していましたが、やっと前走で好走。
12.9 – 11.2 – 13.3 – 12.6 – 12.5 – 12.6 – 12.3 – 13.1 – 13.9
今回にもつながる緩んで、流れて、最後止まった消耗戦。
鞍上もさすがにストロングポイントわかってきてくれるはず、今回はまくりをうつのはこの馬。

エンダウメントが1枚上だと思っているので、前は基本掃除されるとみて、レースに参加せず、インでごまかせている馬を次にとりたく、マテラサンオウ。ほぼ全てのレースで上り最速をたたき出す脚力の強さ。内をひけたのが良く、インで我慢、最後外に持ち出して届くかどうかだけ。

デンコウミシオンが同じようにインで足溜められると怖いものの、こちらは城戸君がまくりをうってくる気がして下げ。ベストオンアース は逃げて突き放せばあるものの、そこまでのテンのスピードはなく、飲み込まれるとみて。

◎エンダウメント
〇マテラサンオウ

オッズ次第ですが、基本はこの1点。ワイド、馬連と◎の単勝

《うまっつさん(@U___matz)》
函館1R  3歳未勝利(芝1200m)
◎⑫スギノヴォルケーノ

ここ2走、厳しい展開を先行して好成績を収めている。

前走:京都芝1400m
12.4-11.0-11.6-11.3-11.3-11.3-12.0

2番手の馬に競られる形になったことで、息を入れるタイミングがなく最後は脚が鈍ってしまった。それでも3着確保は十分に評価できる内容。

2走前:京都芝1400m
12.2-10.7-11.1-11.2-11.6-11.8-13.0
積極的に前に付け、4角では直線に立つ。粘りは見せたものの、最後は脚が鈍ってしまった分差されて2着。といっても、着差無しの2着。

今回は函館1200mを岩田康騎手との初コンビで出走。
最終追い切りも函館滞在で好時計をマークしており、状態も良さそう。
脚質も逃げ有利のコースで、さらにロードカナロア産駒が得意なコース(過去3年で勝率14.3%、単勝回収率103.2%)。
外枠がやや心配だが、テンが速い馬なのでスムーズに先手は取れる。小回りコースの利を活かして、そのまま逃げ切ってほしい。

《りょおとさん(@Ryoto321)》
■函館12R 北斗特別(1800m)
推奨期待度:★★☆☆☆
推奨理由:コース適正、レース条件、厩舎力
推奨馬:シスターフラッグ

北海道は適性で勝負。
シスターフラッグは典型的な北海道で好成績を残す馬で、 北海道レースの場合①④④③①と全て掲示板うち馬券圏内3回。
北海道以外では馬券圏内無し。
脚の使いどころが難しい馬で、スムーズに走れば速い脚は使えるが、
一度でもリズムを崩すと難しいタイプ。
勝ったレースも含めてうまくいったレースは、3コーナーから徐々に進出し
4コーナーで先頭近くに取り付きそのまま押し切る形。
直線が長かったり坂があると押し切る脚が鈍りやすく、
大体惨敗するが、北海道では押し切るまでに距離が短く坂がないためはまっているイメージがある。
必然やれる競馬が限られてしまうのが難点だが、
大外を回すスタイルなのでロスが少なくなる小頭数のほうが当然よく、
(諸々の事情で)今回は色々恵まれた感じがある。 

馬自体も調子を崩していた感じがあったが、前走はなかなかの好メンバー相手に
善戦し休養に入っており、良いイメージで競馬に向かえそう。

外厩先から帰厩したのが5月中頃。
そこから
5/15 CW良  助手  83.1-68.6-55.0-41.3-14.1④馬也 単走
5/16 栗坂良 助手   55.4-39.4-24.9-12.1 馬也 単走
5/22 栗坂良 助手   54.2-38.2-24.4-12.1 馬也 単走
5/24 CW良  助手  83.8-69.5-56.4-43.2-13.4⑨馬也 単走
5/25 CW良  助手   72.6-57.4-43.0-13.6⑨馬也 単走
6/2 函W稍 助手    54.0-39.0-12.9⑧馬也 2頭併せ0.2秒先着
6/5 函W稍 助手    69.9-53.8-39.2-12.4⑨馬也 3頭併せ併入
6/9 函W良 助手    70.4-53.6-38.8-12.5⑨馬也 単走
6/12 函W良 助手   65.6-51.1-38.1-13.0⑧強め 単走

とコースを中心に追切本数を重ねてきている。
今年に入って西村厩舎はとても好調で、
去年
勝率6.2% 複勝率22.5%
今年
勝率15.4% 複勝率32.4%
と大きく成績を上げてきており、6/8から6/15の3日開催だけでみるなら
サラスでの重賞を含む14戦5勝。
そのうち3勝は外厩明けの馬と、休み明けでも大きく割引く必要もない。
また6/15に函館で4勝を上げた吉田隼人騎手騎乗も心強く
ハンデ戦ということもあり最軽量の52kgも良いはず。
オッズ的に複勝もおいしくなりそうでその辺を中心に勝ちも期待したい。

タイトルとURLをコピーしました