6/22(土) 2歳新馬予想

スポンサーリンク

f:id:gulch:20190619224310j:plain

6/22(土) 2歳新馬予想

  • 函館5R(12:05~) 芝1200m
  • 東京5R(12:25~) 芝1800m

⬇️6/22(土)配信予想⬇️
6/22(土) 配信予想 – ガルチ競馬

⬇️6/22(土)特別ゲスト枠⬇️
6/22(土) 特別ゲスト枠 – ガルチ競馬

⬇️6/23(日)宝塚記念のデータ&予想⬇️
6/23(日) 宝塚記念[データ・予想] – ガルチ競馬

⬇️6/23(日)伝統の新馬戦情報⬇️
6/23(日) 伝統の新馬戦[阪神芝1800m] – ガルチ競馬

是非ガルチへの応援クリックお願いします♪

中央競馬ランキング

■函館5R(12:05~) 芝1200m
f:id:gulch:20190619234523j:plain
【本命】

◎①ダンツシルビア

【重視ポイント】
調教

【考察】
父:キズナ
母:チョウカイクリス
母父:サクラバクシンオー

調教師:谷潔[栗東]
馬主:山元哲二[冠名:ダンツ]
生産者:バンブー牧場

2019年JRAブリーズアップセール牝馬最高額の3672万で落札
公開調教:23.5秒(11.4秒)
ラスト1Fが11.4秒の抜群の動きで高値の落札

半姉ダンツキャンサー(父アドマイヤジャパン)は新馬戦で勝利
翌年のマーガレットSを制し、NHKマイルCで最低人気でしたが0.4秒差の7着と大健闘
その後は順調に勝ち上がってOP入りをし、クイーンSで3着に入る実力馬
半兄ダンツゴウユウ(父バンブーエール)はダートで順調に勝ち上がり、現在は5歳現役でOPで走っています
どちらの兄弟も同じ谷潔調教師[栗東]で、どちらも山元哲二オーナー[冠名:ダンツ]
「よその厩舎を見てもキズナ産駒は素軽い走りをする仔が多いですね。セール出身らしく、よくしつけられている感じで環境が変わっても落ち着いています。距離はマイルくらいあってもよさそう。(安藤正助手)」
ゆかりのある厩舎でダンツシルビアの注目度は高い
キズナ産駒は早仕上がりでスピードがある期待の新種牡馬で、母チョウカイクリスの産駒のなかでは楽しみな1頭

栗東滞在中にウッドコースで時計を出しましたが、長めに乗り込んでテンから飛ばし、一杯になりながら最後までしっかり脚を使って好時計
早めに函館に入ってウッドコース、芝コースで入念な乗り込み
1週前追いきりに岩田騎手が跨がり、芝コースでテンから最後までスピードを持続して好タイムをマーク
芝の動きに岩田騎手が褒めるほどの走り
キズナ産駒は初戦から短い距離では走る産駒が多く、勿論ダンツシルビアも初戦から期待

【調教】

  • 06/19(水) 良 助手

69.3-53.7-40.0-12.7[函W]馬也⑤

  • 06/13(木) 良 岩田康

62.9-48.2-35.6-12.0[函芝]強め⑤
外ソルトクリスタル一杯と5F併せで1秒先着

  • 06/09(日) 良 助手

56.8-42.5-13.8[函W]馬也⑧
内ピンクキャンディー馬也と4F併せで0秒1先着
外ハートフルシーン強めと4F併せで0秒1先着

  • 05/29(水) 重 攻手

81.1-65.7-52.0-39.3-12.6[CW]一杯⑦
内シゲルモクセイ一杯と6F併せで1秒2先着
外クリノオンリーワン一杯と6F併せで併入

■東京5R 2歳新馬(12:25~) 芝1800m
f:id:gulch:20190620114309j:plain
【本命】

◎⑪ブルトガング

【重視ポイント】
・血統
・前評判

【考察】
父:ディープインパクト
母:タピッツフライ
母父:Tapit

調教師:手塚貴久[美浦]
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

サンデーレーシングで総額1億5000万円で募集
1口出資額375万円/40口
全姉グランアレグリアは1口出資額175万円/40口

全姉グランアレグリア新馬戦は直線持ったまま2馬身差の勝利で、東京芝1600mの新馬戦レコード
2着馬ダノンファンタジーは勝ち上がり、ファンタジーS阪神JFを連勝した相手に圧勝
その後はサウジアラビアRCも圧勝し、朝日杯FSを選んで1番人気に支持されながらも3着
今年は直行で桜花賞に挑んで2.1/2馬身差の圧勝
2018年アーモンドアイの1:33.1を0.4秒更新する桜花賞レコード
兄弟であるブルトガングにも期待が高まります

ディープインパクト×母父Tapitは7頭がデビューして5頭が勝ち上がり
・グランアレグリア[5戦3勝:19年桜花賞馬]
・アルーシャ[9戦5勝:18年クイーンC3着]
・グレンマクナス[15戦2勝]
・エイプリルミスト[14戦2勝]
・プライドランド[5戦1勝]
早めに勝ち上がる傾向で、ブルトガングも初戦から期待

ノーザンファーム空港にいた時から育成スタッフの期待度は高く
「バネがあって、いかにもディープインパクト産駒らしい馬ですよ。」
姉より気性面でも落ち着いて素直で、距離の融通面も出て来る見立てとのこと
「お姉さんとは体形が違うし、気性的にも穏やかで落ち着いている。脚長でストライドが大きいし、手綱をプッシュしながらエンジンがかかるような感じ。距離的には長いところで良さが出そう。血統的にも能力があることは間違いないと思います。(手塚調教師)」
手塚調教師と期待を寄せています

3月下旬にノーザンファーム天栄経由で美浦トレセンに入厩
美浦トレセンに到着直後に軽く熱発はありましたが
「牧場で乗り込まれていたぶん、すっきりした体で美浦TCに入ってきました。熱発は誤算でしたが、むしろ馬体はフックラして見栄えはよくなっています。モノがいいことはすぐに分かりました。(手塚調教師)」
入厩した当時は馬体重530㎏もある大型馬
ゲート合格後はすぐノーザンファーム天栄に戻して今週の東京芝1800mに向けて調整
6月初旬に帰厩してから坂路・南Wでじっくり仕上げ、ひと叩き毎に動きは良化しています
2週連続でルメール騎手が稽古をし、最終追いきりは3頭併せで真ん中から遅れることなく併入
「いいセンスがあるし、走りそう。落ち着いていて、姉とは全然違う(笑)。2000m以上も走れそう。(ルメール騎手)」
ルメール騎手も好感触の内容
十分に仕上がり初戦から大いに期待したい

【調教】

  • 06/19(水) 良 ルメール

67.8-52.8-38.1-12.5[南W]⑦仕掛
内ライル馬也に5Fで0秒4先行1F併せで併入
外ライバーバード強めを5Fで0秒4追走1F併せで0秒4先着

  • 06/16(日) 稍 嶋田

68.8-52.1-37.5-12.5[南W]一杯④
外ライル強めを5Fで0秒8追走1F併せで0秒2先着

  • 06/14(金) 良 助手

57.3-42.5-27.7-13.8[坂路]馬也

  • 06/12(水) 稍 ルメール

55.7-40.2-12.8[南W]馬也⑦
外ライル馬也を4Fで0秒4追走1F併せで併入

  • 06/09(日) 稍 助手

56.3-41.6-27.5-13.5[坂路]馬也

  • 06/05(水) 良 助手

69.1-54.0-39.7-13.2[南W]強め⑨
内ファートゥア馬也と5F併せで併入

  • 06/02(日) 良 助手

57.8-42.1-27.9-13.4[坂路]馬也
f:id:gulch:20190620123348j:plain

タイトルとURLをコピーしました